ウェブトゥーンの意味とは?最近人気のデジタルコミックの3つの特徴

あなたはウェブトゥーンと呼ばれる漫画を
読んだことはありますか?

日本には数多くの漫画がありますが、
ウェブトゥーンは
ここ最近人気を集め始めています。

ウェブトゥーンとは、
韓国発祥のデジタルコミックのことです。

ウェブ+カートゥーン(漫画)を
組み合わせた言葉で、スマホで見る漫画です。

韓国では一般的な形式の漫画であり、
人気のウェブトゥーンは
ドラマやアニメにもなっています。

ウェブトゥーンの特徴は、
・基本的にウェブのみで公開
・縦スクロール型
・全編カラー
の3つです。

従来の漫画とはかなり違いそうですね。

 
スポンサーリンク

ウェブトゥーンの3つの特徴と紙の漫画にはない2つのメリット

冒頭でも述べたように、ウェブトゥーンは
従来の漫画とは異なる点がかなりあります。

その中でも特徴的なことを3つ、
そしてそれによる読者のメリットを
紹介しましょう。

 

基本的にウェブのみで公開

ウェブトゥーンはその名の通り、ウェブで
連載されることが前提となっている
漫画です。

日本の漫画だと、最初に
デジタルコミックとして連載されていても
後に単行本化することがしばしばありますね。

しかし、ウェブトゥーンは
紙の本になることはありません。
 
あくまでウェブのみでの漫画
というわけです。

 

縦スクロール型

ウェブトゥーンの最大の特徴であり、
従来の漫画と最も異なる点はこちらです。

今までの漫画といえば、
1ページに複数のコマを並べるのが
当たり前でした。

しかし、ウェブトゥーンは、
1ページに1コマのみです。

1コマごとに指でスクロールして
読んでいくという形式なのは、スマホに
特化した結果だと言えるでしょう。

 

全編カラー

ウェブトゥーンでは、本編はすべて
カラーリングされています。

コマや吹き出し
色で装飾されていることもあります。

これらの3つの特徴を見ると、
ウェブトゥーンは漫画としては
かなり斬新なものであることが分かります。

では、ウェブトゥーンが読者にもたらす
メリットを見ていきましょう。

 
まず1つ目に、迫力があるという点です。

従来の見開きの漫画では、ページの中で
目立つコマと目立たないコマがあります。

読者としてはどうしても目立つコマに
目が行くので、目立たないコマは少ししか
見ていないこともありますよね。

しかし、全てのコマを目立たせようと
派手にすると、ごちゃごちゃして
読みにくくなってしまいます。

その点、ウェブトゥーンでは
1画面に1コマしか表示されないので、
全部のコマに迫力を持たせることが
できるのです。

また、スクロールするまで次のコマが
見えないので、読者も常に緊張感を持って
読むことができます。

 
2つ目は、
紙の本ではできない表現ができることです。

ウェブトゥーンでは、スマホや
デジタル特有の表現方法が
よく使われています。

例えば、効果音やBGM
ウェブトゥーンに付けたりコマの外側に
セリフや絵を描く演出をしたりできます。

また、縦スクロール型であることを活かして
余白で時間経過を表現することもできます。

 

ウェブトゥーンの2つのデメリットは?スマホ以外では読みづらい⁈

ウェブトゥーンにはデメリットもあります。

それは、スマホ以外では読みにくいこと、
スクロール量が多いことです。

例えば、ウェブトゥーンをパソコンで開くと
画面横幅いっぱいにコマが
表示されてしまいます。

そのため、非常に目が疲れることに
なってしまいますね。

スクロール量も
普通のデジタルコミックより多くなるので、
指は疲れてしまいます。

また、後から気になるコマを
見返そうとしたときにも
一々スクロールしないといけないので
面倒です。

 

まとめ

ウェブトゥーンは現在、LINEマンガや
ピッコマなどのマンガアプリで
配信されています。

また、『梨泰院クラス』や
『私のIDはカンナム美人』などの
ウェブトゥーン原作の有名韓国ドラマも
数多くあり、日本で人気になっています。

このような状況から、ウェブトゥーンは
今後日本でどんどん広まっていくのでは
ないでしょうか?

気になった方はぜひウェブトゥーンを
読んでみましょう。
タイトルとURLをコピーしました