除湿器とエアコンは併用していいの?部屋が快適になる3つのメリット

雨の日は、部屋が湿気でジメジメして
不快な気持ちになります。

特に梅雨の時期から夏にかけては、
連日高湿度の日が続いて体調が悪くなる
時もあるかもしれませんね。

そんなときにエアコンで除湿機能を使うと
思いますが、エアコンの除湿機能だと
部屋が冷えすぎることがあります。

これは、温度設定を下げないと除湿が
効かないからです。

そこで、除湿機とエアコンを併用するのは
どうでしょうか?

除湿機は名前の通り、部屋を除湿して
湿度を下げるための家電です。

除湿機とエアコンを併用すると、
こんなメリットがあります。

・短時間で除湿できる
・梅雨の時期に部屋が寒くならない
・部屋干しがしやすくなる
 
また、併用することで電気代が高くなり
掃除の手間が増えたり、部屋のスペースが
狭くなったりすることがあるので
注意しましょう。

 
スポンサーリンク

除湿器とエアコンを併用する3つのメリットをくわしく解説!

冒頭でも述べた通り、除湿機とエアコンを
両方同時に使うことで
いろいろなメリットが生まれます。

どれもすぐに
恩恵を受けられるものばかりなので、
もう少し詳しく見ていきましょう。

 

短時間で除湿できる

エアコンを冷房運転し、除湿機を点けると
エアコン単体のときよりも短い時間で
部屋の湿気を除去できます。

エアコン単体だと、
冷たい空気を送り込んで湿気を取り、
外の室外機へ水分として排出します。

時間を掛ければ湿度は減りますが、
点けてから快適な湿度になるまで時間が
かかってしまうのです。

そこで、除湿機能はすべて除湿機に
任せるとしましょう。

除湿機は部屋の湿気を吸収し、
代わりに温かな空気を出します。

エアコンがその暖かい空気を吸い込み、
部屋の温度を下げてくれます。

このように役割分担させることで、
かなり短時間でジメジメした部屋と
おさらばできるのです。

 

梅雨の時期に部屋が寒くならない

これは特に梅雨にありがちな悩みだと
思いますが、湿度を下げようとして
エアコンの除湿機能を使っても、
温度設定が高いと除湿もできなくなる
という問題があります。

エアコンは基本的に、外気温よりも
設定温度を低くしないと除湿がうまく
行なわれません。

そのため、梅雨の時期にエアコンで除湿
すると温度が下がりすぎてしまうのです。

ここで除湿機の出番です。

除湿機は温度と関係なく湿度を
下げてくれるので、エアコンの設定温度が
28℃くらいのままでも
しっかり除湿されます。

 

部屋干しがしやすくなる

雨の日は部屋干しをすることがあると
思いますが、ここでもエアコンの
除湿機能だけでは部屋が冷えすぎることが
あります。

洗濯物を干した部屋は、簡単に
5~10%くらい湿度が上がりますよね。

そこで、
強力に除湿しないといけなくなります。

除湿機はパワーも選べるものがあるので、
部屋干しの日は強めの設定をして
できるだけ早く乾かしてしまうことも
できます。

 

除湿器とエアコンを併用するデメリットもある?知っておくべき注意点

エアコンと併用すると
便利な除湿機ですが、電気代が高くなり、
お手入れの手間が増えるという
デメリットがあります。

除湿機自体、電気代がかかる家電なので
使い方や時間によりますが、
エアコンと併用させると月に2000円以上は
電気代が高くなる可能性があります。

しかし、
代わりに冷感グッズを買ったりしても
それなりに値段はかかりますよね。

また、エアコンの設定温度を強くすれば
するほどエアコン単体の電気代も
高くなります。

そう考えると、除湿機は一度買ったら
長居年数使えるのでコスパが悪いとは
一概には言えなさそうです。

また、除湿には水分が溜まるのでカビが
生えやすい家電です。

自動で掃除してくれる機能が付いている
製品もありますが、やはり定期的に掃除は
しないといけません。

除湿機にカビをはやすと、部屋中にカビを
バラまくことになりますからね。

さらに、一人暮らしなどコンパクトな
部屋に住んでいる場合は部屋のスペースを
除湿機が取ってしまうというデメリットも
あります。

購入前に置き場所をきちんと
考えておきましょう。

 

まとめ

エアコンと除湿機の併用にはメリットが
たくさんありますが、気を付けることも
あります。

除湿機は安い買い物ではないので
自分の今の部屋の状況やエアコンに
どれくらい不便さを感じているか、
必要性などを考えたうえで除湿機を
導入するのがおすすめです。

ぜひ、ジメジメした日も
快適に過ごしていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました