泡立てネットの代用品はコレ!身近にあるモノで簡単に泡立つ方法

洗顔のとき、洗顔料をしっかり泡立てて
顔を綺麗にしていますか?

洗顔料を泡立てないで顔を洗うと、
肌への負担が大きくなってしまいます。

手の摩擦が強くなったり
汚れが上手く取れなかったりするためです。

泡立てを簡単にするには、泡立てネットを
使うのが一番ですが、家に無いことも
あるでしょう。

そういうときも、
家にあるもので代用できます。

・スポンジ
・ラップ
・水切り用のネット
 
これらのどれかを使えば、しっかりと
洗顔料を泡立てることができますよ。

 
スポンサーリンク

3つのおすすめグッズを解説!泡立てネット代用品の使い方とメリット

冒頭でも述べたように、
泡立てネットの代用は家にあるもので
簡単にできます。

泡立てネットよりも性能は若干落ちますが、
洗顔料を泡立てるのには問題ありません。

それぞれの使い方やメリットなどを
説明しましょう。

 

スポンジ

未使用のキッチン用スポンジを小さくカット
すれば、泡立て用のスポンジになります。

フェルトの付いていないスポンジが
泡立てやすくおすすめです。

メリットとしては、
スポンジは何度も再利用できるので
コスパがいいという点があります。

キッチン用スポンジなら、
100均やホームセンターで
安くて大容量のものが売っていると思うので
それを使うのがいいですね。

 

ラップ

料理を温めたり保存したりするときに使う
ラップフィルムも泡立てに使えます。

まず、ラップを25~30cmくらい(長め)に
切ってふわっと丸めましょう。

そこに洗顔料を付けて、ラップを両手で
包み込むように丸めながら泡立てます。

力を入れないことがポイントです。

慣れるまでは
少し練習がいるかもしれませんね。

メリットは、使い捨て出来るので
非常に衛生的なことです。

 

水切り用のネット

排水溝や三角コーナー用の水きりネットも、
泡立てに使えます。

ネットの中に洗顔料をつけ、
両手で優しくこすって泡立てましょう。

特に石鹸で洗顔する場合、
水きりネットのメリットが発揮されます。

石鹸をネットの中に入れてしまうと
とても簡単に泡立てることが
できるからです。

使い終えたらそのままネットに
入れておけば、次もすぐに泡立てられます。

 

一番便利なのは泡立てネット!?そのメリットとデメリットとは?

ここまでは代用品の紹介をしましたが、
泡立てネットが一番便利で簡単に濃密な
泡を立てられます。

他にもメリット、デメリットがあります。

まずメリットは、なんといっても
短時間で簡単に泡立たられることです。

優しく扱えば失敗することもないですね。

また、ラップのように
洗顔前に道具を用意する必要もありません。

一つ大きなデメリットもあります。
それは、雑菌が繁殖しやすいことです。

泡立てネットを使う場所は
洗面所や風呂場ですね。

場所の特性上、湿気が高いので
泡立てネットがなかなか乾かず
雑菌の温床になることがあるのです。

そのまま洗顔をするのは肌に悪いですね。

泡立てネットは使った後、
天日干しをするのが鉄則です。

使用後の手間がかかるというのが
デメリットですね。

 

まとめ

泡立てネットは
必ずしも必要な道具ではありません。

代用も簡単にできるので、
それで満足ということならいいでしょう。

一番大切なことは、
濃密な泡を立てるということです。

もちろん、練習すれば
手だけで泡立てることもできます。

また、泡で出てくる洗顔料や
ジェル状の洗顔料など
いろいろな種類の洗顔料が売っているので
好きなものを使ってみるのがいいですね。

洗顔は毎日することなので、
ぜひ自分に合った方法を模索してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました