意外と知らない!?台風は右側で風雨が強い理由を一から解説!

台風がやってきたとき
「進路の右側を通るから今回は風雨が強いぞ!」って
よく聞きませんか?

天気予報でも当たり前のように言われるようになった
この説明。
しかし、いざ『なぜか』を説明しようとすると
難しく感じちゃいますよね。

でも案外簡単な理由なんです。

台風の本体は進路に向かって反時計に
巻き込む風が吹き込んでいます。
さらに進行方向の右側は台風自身の風と台風を移動させるための
周囲の風が同じ方向に吹いています。

つまり、台風の右側では
『台風自身の風+移動させるための風』の
2種類の風が集中するから、
台風左側より荒れやすくなるんです。

それでは、詳しく解説していきますね♪

スポンサーリンク

雲を巻き上げ大雨になる⁉台風の右側が荒れやすい理由とは?

上記でお伝えしたように、
一般的に台風の右側が荒れやすいのは、
『台風自身の吹き込む風+移動させるための風』
が合わさるためなのですが、
これは雨にも言えることなんです!

台風は進行方向に向かって、
気圧が低い中央(いわゆる“台風の目”)に
向かって反時計周りに風が吹き込んでいます。

つまり台風中央に近く、巻き込む力が強くなる進行方向右側
より湿った温かい空気を巻き上げ、
取り込む力も強いのです。

そのため、積乱雲が発生・発達しやすい
環境が整ってしまうので、暴風だけでなく
大雨にまで見舞われやすくなってしまうんです。

じゃあ“左側”は?・・・と言いますと
『台風自身の吹き込む風』と『台風を移動させるための風』
の向きが異なります。

そのため、お互いの風が打ち消しあうため
台風の進行方向右側ほど荒れない場合が多いと
されています。

しかしあくまで相対的な差なので
決して油断せず、万全の備えと早めの対策を
講じてくださいね!
 

まるで天気予報士⁉変化する風向きを見れば台風の位置がわかる!

台風が接近してくると、
進路によって徐々に風向きに
変化が出てきます。
 
ある地点Aの西側または北側を台風の中心が通過すると
風向きが『東→南→西』と時計回りに風向きが変化します。

ちなみに、ある地点Bの東側または南側を台風の中心が通過すると
風向きが『東→北→西』と反時計回り
風向きが変化するとされています!

このことからも『台風が反時計回りに渦巻いている』
と言うのが伝わってきますね~!
スケールが大きいので、不思議な気持ちになってきます。(笑)

ちなみにある地点Cの真上を台風が通過する場合
風向きにあまり変化がみられることはなく、
風が徐々に強くなっていくそうです。

しかし、台風の風は山やビルなどの
陸上の地形左右されやすいため、ハッキリと
わからない時も多々あるみたいです。

それに最近は天気予想技術の発達で、
実践的な知識ではないかもしれませんが、
知っておくとちょっと得意な気持ちになれる・・・かも?

 

まとめ

ここ最近の台風って強い勢力のまま上陸して
甚大な被害をもたらせますよね・・・。

10~15年前の台風の時は、
「学校が休みになるかも!」なんて不謹慎なことは
思いながら、どこかドキドキして台風の日を迎えて
いたものです。

当時も被害は確かに出ていました。

しかし、ここ数年のような
大きな街がいくつも濁流に飲まれ、
何千人もが家を失うほど悲惨な台風は
ほとんどなかったように思います。
もはや台風というより、ハリケーンと言った方が
語感的にピッタリな気すらします・・・。

異常気象が原因なのでしょうか。
強い勢力で上陸する台風、
それに伴うフェーン現象でもたらされる高温など
毎年命が脅かされるシーンが多々あります。

どうか台風が近づくたび、
「今回も大丈夫だろう」ではなく
「今回はなにかあるかもしれないからしっかり備えよう」
意識をしてくださると筆者も嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました