ベランダ菜園の初心者必見!始めるコツと簡単に出来る野菜の種類は?

家庭菜園をやってみたくても
十分なスペースがない…
なんて理由で諦めたりしていませんか?

そんな人から今注目されているのが
限られたスペースで楽しめる
ベランダ菜園』なんです!

でも、突然始めて失敗するのも
ショックですよね。

実はベランダ菜園は数個のポイントさえ
押さえていれば、誰でも簡単に始められる
趣味なんです!

ポイントは…
  1. 日照時間の確保
  2. プランターの配置に気を配る
  3. プランターは通気性の良い物を選ぶ
  4. 虫害対策はしっかり!5~6月の栽培は特に注意
  5. 土寄せ(増し土)をして細かくケアをする
などなど!
初心者でも気遣いやすい
ポイントばかりですよね。

また、育てやすい種類はリーフレタス、
小松菜、ホウレンソウ、水菜などの
『葉物野菜』です。

葉物野菜は成長の初期段階で
食べられるようになるため、
栽培期間が短いので失敗するリスクが
低いんですよ♪

では詳しく解説していきますね!

 
スポンサーリンク

一から簡単解説!ベランダ菜園を始めるための4つのポイント

思い立てばすぐに始められるのが
ベランダ菜園のいいところ!

失敗なく収穫を迎えましょうね♪

レイアウト・日照時間確保についてのコツ

早速マイ菜園を作ろうと決心したら
ベランダにプランターを一つ
置いてみてください。

その一つのプランターから、
次に置くプランターの場所や
レイアウトのヒントが浮かんでくると
思います。

段を作って狭いスペースも
有効に使えるように考え、
日当たりが悪くなりがちな場所には、
日照時間が少なくても育つ
ニラやシソなどを育てても良いでしょう。

キュウリやトマトなど、
蔓を巻いて空中で育つ野菜も
上手く取り入れれば省スペースの
役に立ちますよ♪

 

使うプランターにこだわりを

使うプランターは通気性が良い物
選びましょう。

本来、プランターの底には
「鉢底石」という軽石を敷く必要が
ありますが、不要なプランターもあります。

便利なので、ぜひ利用しましょう。

また、しっかりと根が張れるように
大きめのプランターを選ぶのも
ポイントです♪

育てる野菜により多少異なりますが、
15リットル、深さ30cm以上」を
目安にしましょう。

 

虫害予防はしっかりと

野菜を育てるには適さない時期があるって
ご存じでしたか?

実は夏~春にかけては虫が集まりやすく
特に5~6月はアブラムシが
大量発生しやすい時期…!

一度湧いてしまうと
目も当てられない悲劇になるので、
この時期の葉物野菜の栽培は
オススメしません。

また、野菜栽培に虫害
ついて回ります。

種を蒔いたらすぐに防虫ネットを
かぶせましょう。

日当たりが良く風通しが良いところに
置くだけで病虫害の予防に繋がりますから、
レイアウトにも気を配ってくださいね。

 

土寄せなどの細やかなケア

肥料を与えることもとっても大切ですが、
株元が不安定だったり根っこが見えたりする
場合は土寄せや増し土をしてあげるだけで
格段に発育が良くなります。

水やりをしていると想像以上に
土が流れるんです。

些細なことですが、
とても大切な作業なんですよ!

 

迷った時はコレ!ベランダ菜園の初心者は培養土を買うべし!

野菜を育てることに適した土は、
  • “水はけ”や“水もちが”良く、
    程よい保湿力がある
  • 適度な酸度であること
が挙げられます。

もちろんこだわって自分で土を
ブレンドすることも可能ですが、
初心者の場合は、お店で売られている
培養土』から始めてみましょう。

培養土』はあらかじめ菜園に適切な土が
ブレンドされていてすぐに使える優れモノ

初心者の強い味方なので、
まずは『家庭菜園用の培養土』を
選べば問題ありませんよ♪

 

まとめ

自分で育てた野菜で食卓を飾るのは
達成感がありますよね!

育てる過程で一喜一憂し、
晴れて収穫を迎える…!

とても素敵なお家時間が過ごせると
思います♪

最近は改良が進んでいるので、
畑で育てなくてもプランターで
十分育つ小ぶりな品種も沢山あります。

慣れて環境が整ったら
「育てるのが難しい」と言われる品種に
挑戦したり、土をブレンドして
オーガニック野菜の栽培を目指すなど、
奥が深い趣味になりそうです。

筆者は現金な性格なので、
「実益が得られる趣味だなぁ」
なんて考えてしまいます。(笑)

上手く栽培できれば食費が
浮きますからね!!

ベランダに緑を植えて、
お家時間を鮮やかに彩ってくださいね!
タイトルとURLをコピーしました