飽きずに続ける!プロテインパウダーの美味しい飲み方を一挙紹介!

タンパク質は
毎日の生活にかかせない栄養素です。

プロテインパウダーは、
食事だけでは足りないタンパク質を
補ってくれる食品なので
最近人気が出てきていますね。

 
いろいろな種類のフレーバーが
販売されており、
スポーツショップネット通販
手軽に購入できます。

 
ただ、少し独特な味がしたり
水に溶かして飲んでいると
飽きてしまいます。

水以外に美味しい飲み方はどんなものが
あるのでしょうか?

 
 
実は、プロテインのフレーバーによって、
おいしい割り方は違います。

 
ノンフレーバープロテインなら
フルーツジュースで割るのがおすすめです。

バニラ系のプロテインなら
牛乳、コーヒー。

フルーツ系のプロテインなら
牛乳、豆乳、飲むヨーグルト

チョコ・モカ系のプロテインなら
牛乳、豆乳、飲むヨーグルト

がおすすめです。

 
味に飽きたら
バナナと混ぜてバナナジュースにしたり
ホットケーキお好み焼きに混ぜるのも
おすすめです。

 
 
スポンサーリンク

フレーバー別に紹介!おすすめの美味しい飲み方!

フレーバー別のおいしい割り方について、
もう少し詳しく説明します。

 
ノンフレーバー
 
味付けのされていないプロテインパウダーは
プロテイン独特の味が一番強いです。

牛乳や豆乳で割ると、
本来の味が強調されてしまい
飲みにくくなってしまいます。

 
そこで、フルーツジュースで割って飲むと
果物の風味が足されて
飲みやすくなりますよ。

 
私がおすすめするジュースは
果汁100%オレンジジュースや
果汁100%りんごジュース
です。

オレンジやりんごの風味は
プロテインと味が対立することがなく、
すっきりとした飲み口になります。

 
 
バニラ系
 
バニラ系のプロテインは、
牛乳に混ぜるとまろやかになって
おいしくなります。

ただ、牛乳よりもおすすめなのは
コーヒーです!
毎日ブラックコーヒーを飲む人は、
ぜひ一度コーヒーに混ぜて
飲んでみてください。

バニラの甘い香りが広がって、
リッチな気分になれます!

 
 
フルーツ系
 
いちご味やベリー味、バナナ味、
メロン味など、プロテインにはたくさんの
フルーツ系フレーバーがあります。

豆乳牛乳なら、基本的に
どのフルーツ系フレーバーにも合います。
フルーツ牛乳のような風味になりますね。

 
もう少しがっつり飲みたい人には
飲むヨーグルトと混ぜるのがおすすめです。

とろみがつくので
朝食替わりにもなりますよ。

朝にプロテインを飲む人は、
ぜひ飲むヨーグルトと混ぜてみてください。

 
 
チョコ・モカ系
 
チョコレートやモカのフレーバーは
プロテインパウダーの定番です。

初めてプロテインパウダーを使うときに
とりあえずこの風味にしている人は
多いのではないでしょうか。

牛乳豆乳で割って飲むのが
安定して美味しい飲み方です。

 
ただ、チョコ・モカ系は甘味が強いので
飽きやすいという難点があります。

そういう場合は
ヨーグルトバナナをミキサーで混ぜて
飲むのをおすすめします。

ヨーグルトの酸味がアクセントになって
美味しくなりますよ!

 
 
いろいろな飲み方を紹介しましたが、
飲むのに飽きたら料理に使ってみるのも
いいでしょう。

ホットケーキミックスに
プロテインパウダーを少し混ぜれば
プロテインパンケーキができます。

 
私がよくやるのは、
プロテイン入りお好み焼きですね。

具材やソースがプロテインの味を
うまいこと隠してくれます。

 

上手に溶かすコツ!プロテインパウダーを混ぜるときの注意とは!?

プロテインパウダーを溶かすとき、
注意することが2つあります。

 
1つ目は、先に液体を入れ
あとからプロテインパウダーを
入れることです。

2つ目は、液体は温かくしないように
(一番熱くてぬるめの程度)
することです。

 
先に液体を入れる理由としては、
プロテインがダマになったり
容器にこびりついたりするのを
防ぐためです。

プロテインから入れてしまうと
液体と混ざりにくくなり
飲むときにダマができます。

 
液体の温度を温かくしてはいけない理由は、
プロテインが固まってしまうからです。
プロテインはタンパク質なので
ですぐに凝固します。

 
特にコーヒーに入れるときは
注意してください。

熱いコーヒーにプロテインを入れると
その瞬間プロテインが塊になり
飲めなくなります。

 

まとめ

様々な会社が
プロテインパウダーを販売しており
気軽に買えるようになったからこそ、
プロテインは美味しく飲みたいですね。

 
いろいろな飲み物を試してみて、
自分の好みの味をぜひ見つけてほしい
と思います。
タイトルとURLをコピーしました