旅館のお茶の入れ方は?初めてでも簡単に美味しく入れる3つの手順

旅館の部屋に入ると、
お茶のセットが置いてあります。

旅館の部屋にあるお茶セットといえば、
大抵は急須、茶こぼし(穴の開いたフタが
ついている)、茶葉、湯のみの
4点セットかと思います。

せっかく旅館に泊まりに来たなら、
急須で入れた美味しいお茶で
まったりしたいですよね。

ただ、普段急須でお茶を入れる経験がないと
うまく入れられるか心配になるかも
しれません。

でも、安心してください。

手順さえ覚えれば簡単にお茶を
入れられるようになりますよ。

お茶を入れる手順はこんな感じです。

①ポットで沸かしたお湯を
急須と湯のみに入れる
②急須に茶葉とお湯を入れて待つ
③湯のみにお茶を注ぐ

簡単そうではありませんか?

 
スポンサーリンク

お茶を美味しく入れる3つの手順と簡単なコツをくわしく解説

冒頭でも述べたように、
お茶は簡単に入れることができます。

美味しいお茶とお菓子があれば、
旅館で過ごす時間も楽しくなります。

手順ごとに詳しい解説と、
美味しく入れるためのポイントも
紹介しましょう。

 

①ポットで沸かしたお湯を急須と湯のみに入れる

まずは、ポットでお湯を沸騰させましょう。

ちなみに、1人分のお茶に使うお湯の量は
160~170ccくらいです。

急須の大きさにもよりますが、
2~3人分くらいのお湯を
沸かしておきましょう。

お湯が沸いたら、
まずは急須にお湯を注いでいきます。

少しだけ待ったら、すべての湯のみに
お湯を注ぎましょう。
 
これは、美味しいお茶を入れるために
重要なポイントです。

なぜなら、急須の内部と湯のみを温めると、
茶葉を蒸らしやすくなるためです。

 

急須に茶葉とお湯を入れて待つ

急須が空になったら、茶葉を入れます。

茶葉は一人分あたり2グラム
目安に入れてください。

何度もお茶を作るつもりなら、茶葉を
これより多めにいれるのがおすすめです。

反対に、茶葉の量が少ないと
味が薄くなるのでおすすめしません。
 
急須にお湯を入れたら、しばらく待ちます。

深蒸し茶なら50秒くらい、
浅蒸し茶なら1分30秒くらい待ちます。

深蒸し茶か浅蒸し茶かは、
茶葉のパッケージに記載されています。

待っている間は急須を揺らしたりは
しないようにしましょう。
 
 

湯のみにお茶を注ぐ

所定の時間が経ったら、
急須を少しだけ揺らしてから
湯のみにお茶を注いでいきます。

すべての湯のみのお茶の濃さが
均等になるように、2~3回に分けて
注ぐようにしましょう。
 
急須で入れたお茶は、
最初よりも最後のほうが濃く出るのが
特徴です。

 
そのため、より均等になるような
おすすめの入れ方はこちらです。

3つの湯のみを以下の記号で記します。
○●◎

このとき、
○→●→◎
→○→●→◎

という順番で入れてしまうと◎が一番濃く、
○が薄くなりがちです。

そのため、
○→●→◎
→◎→●→○

の順で折り返すように入れると、
簡単に均等にすることができます。

湯のみが二つなら、
○→●
●→○
になりますね。

 

【茶こぼし】の使い方は知ってる?茶葉を捨てるときの注意点

基本的なお茶の入れ方を紹介しましたが、
ここで注意してほしいのは
茶こぼしの使い方です。

茶こぼしはあまり家庭では見かけませんね。

茶こぼしの使い道は、
・茶葉を捨てる
・余ったお湯を捨てる
の2つです。

お湯を捨てるときは、穴の開いたフタは
開けずにそのままお湯を流し入れます。

茶葉を茶こぼしに捨てるときは、
フタを開けて急須から入れます。

注意点は、茶葉をゴミ箱に捨てるのは
やめるということです。

旅館のお茶の茶葉は
パックに入っていることがほぼなく、
茶葉をそのまま急須に入れるので
それをゴミ箱に捨てると茶葉が散って
汚くなるためです。

 

まとめ

旅館で入れるお茶は、ペットボトルのお茶や
パックのお茶よりも格段に香りや味が
濃厚です。

また、旅館の急須や湯のみは上品だったり
おしゃれなものが多いので、
見た目も楽しめますね。

家族や友達と旅館に来た時、
ササっとお茶を入れられると
感心されるかもしれません。

ぜひ入れ方を覚えて実践してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました