水を飲むのが苦手な人必見!代わりになる3つの飲み方とは?

水分補給は、
私たちにとって大切なことです。

人間の体は水がないと生きていけないので、
毎日水を飲む必要がありますね。

しかし、水をそのまま飲むのが苦手な人も
いることでしょう。

今はお茶や清涼飲料水など、
味の付いた飲み物がすぐに手に入ります。

水を味気なく感じて、水単体で飲むのに
抵抗を感じてしまうのかもしれません。

でも、水を飲まないというわけにも
いきませんよね。

そこで、水が苦手な人へ向けて、
水の代わりになる飲み方を紹介します。

・無糖の炭酸水を飲む
・フレーバーウォーターを作る
・ノンカフェインのお茶を飲む

これらの方法がおすすめです。

 
スポンサーリンク

水を美味しく飲む方法3つ:メリットとデメリットもご紹介します

先ほど紹介したように、
水が苦手な人でもできる、
代わりの飲み方は3つあります。

すべて味や口当たりが違うので
ぜひ3つとも試してほしいです。

それぞれのメリットやデメリットも
紹介するので、この3つのうち
自分に合うものを見つけてみてください。

 

無糖の炭酸水を飲む

炭酸の刺激が好きな人に
おすすめしたいのが、無糖の炭酸水です。

炭酸水は
水に炭酸ガスが含まれているだけなので、
成分も普通の水と同じであると言えます。

メリットは、炭酸によって
水の味気なさが消えることです。

デメリットは、
毎回購入代金がかかることと、
ペットボトルのゴミが増えることですね。

ただ、今は普通の水を注いで
炭酸水が作れる機械も売っているので、
それを買えばコスパがよくなります。

注意してほしいのは、
甘い炭酸水は水分補給にはならない
ということです。

甘い炭酸水は
砂糖がたくさん入っているので、
水の代わりではなく
おやつだと思ってください。

 

フレーバーウォーターを作る

スーパーの調味料コーナーで
レモン汁を買って、水に振りかけるだけで
簡易的なレモンウォーター
作れます。

レモンの香りと風味で
口当たりがよくなるので、
水が飲みやすくなりますよ。

もう少し本格的なフレーバーウォーターを
作りたい人は、冷水器に水を入れて
輪切りにしたレモンかライムを
入れてください。

1リットルの水に対して
3切れくらいが目安です。

数時間冷蔵庫で冷やすと、
大量のフレーバーウォーターが完成します。

フレーバーウォーターのメリットは、
柑橘類を使うのでさっぱりすることです。

また、レモンの香りで食欲も湧くので
夏バテしやすい時期の対策にもなります。

あとは、
フルーツを使うと見た目がおしゃれに
なるので気分が上がります。

見た目でどうにかなるのか、
と思う方もいるかもしれませんが、
綺麗な見た目だと自然とおいしそうに
思えてくるものですよ。

デメリットは、
フルーツの費用がかかることです。

生のまま使うので、
新鮮なフルーツをストックしておくのに
どうしてもお金がかかってしまいますね。

 

ノンカフェインのお茶を飲む

最後の方法は、
水以外のもので補う方法です。

本来は水を飲むのがいいのですが、
ノンカフェインのお茶でも
水分補給はできます。

カフェイン入りのお茶は
目が覚めてしまったり
大量に飲めなかったりするので
ノンカフェインのお茶にしましょう。

基本的に、葉っぱから作られるお茶は
カフェイン入りと覚えておきましょう!

ノンカフェインのお茶で有名なものは、
麦茶、ルイボスティー、そば茶、
コーン茶、黒豆茶などです。

メリットは、味が付いているので
水よりも口当たりが非常にいいことです。

また、種類も豊富なので
自分好みのお茶を選べますね。

デメリットは、飲みすぎると
お腹を下す可能性があることです。

飲むお茶にもよりますが、
お茶に含まれるミネラルを
過剰に摂取すると
お腹が緩くなる人もいます。

 

運動後のミネラルウォーターで苦手な水を克服する!

ここまでは水の代わりになる
飲み方を解説しました。

ただ、水を克服したいと考えている人も
いるかもしれません。

ここでは一つの方法を紹介します。

それは、汗をかくような運動をしたあとに
ミネラルウォーターを飲むことです。

汗をかくと体は水分を欲します。

ミネラルウォーターは普通の水よりも
口当たりがよくなるように
調整されているので、少量でいいので
飲んでみましょう。

喉が渇いている状態なら、
普段よりも水を美味しく感じやすく
なっていることでしょう。

段階的に慣れていくのが大切です。

 

まとめ

水が苦手な人へ向けて、
代わりの飲み方を紹介しました。

日本は、蛇口をひねれば安全な水が飲める
世界でも貴重な場所です。

水が飲めるようになれば
簡単にのどを潤せるので、
とても便利ですよね。

ぜひ、水をアレンジして
おいしく飲んでみてください。
タイトルとURLをコピーしました