細菌とウイルスの違いは?素人でも簡単に分かる3つのポイント

風邪をひいたり病気になったりするとき、
細菌やウイルスが関係していることが
よくあります。

あなたもこれまで、何かしらの病気に
かかったことはありますよね。

細菌やウイルスは
悪さをするものがあるということは
多くの人が知っていることですが、
両者の違いについては
どれくらい理解しているでしょうか?

実は細菌とウイルスはまったく違うのです。
主な違いはこれらの3つです。

・サイズ
・細胞があるかないか
・薬が効くかどうか
 
細菌やウイルスについては深く調べていくと
難しいことも多いので、まずは両者の違いを
簡単に知っておきましょう。

 
スポンサーリンク

こんなに違うって知ってた⁈細菌とウイルスの3つの違いを解説

冒頭でも述べたように、
細菌とウイルスの違いは主に3つあります。

詳しく見ていくと
もっとたくさんの違いがあるのですが、
まずはこの3つを抑えておきましょう。

 

サイズ

まずは、細菌とウイルスの
大きさの違いです。

大きさは、ウイルスよりも細菌のほうが
圧倒的に大きいです。

ウイルスは細菌の10分の1~100分の1程度の
大きさしかありません。

ウイルスがハムスターくらいの
大きさだとしたら、細菌は象並みに大きい
と言えるでしょう。

細菌は光学顕微鏡で見ることができますが、
ウイルスはより高性能な電子顕微鏡で
やっと見ることができます。

 

細胞があるかないか

細菌とウイルスは構造にも
大きな違いがあります。

細菌は単細胞生物といって、
一つの細胞でできています。

条件(湿度や温度)が整っていれば、
人間の体に入らなくても増殖ができます。
 
ちなみに人間やその他の動物は
多細胞生物で、たくさんの細胞から
できています。

これに対して、ウイルスには
細胞がありません。

ウイルスが増殖するには、
細胞のある生物の中に入って
その生物の細胞にくっつく必要があります。

くっついた先の細胞から細胞へと
増えていくことで力を増すのです。

つまり、人間の体の中に入ってから
ようやく増えることができる
というわけです。

 

薬が効くかどうか

悪い細菌が体の中に入り、体調を崩したら
抗生物質という薬で細菌を退治することが
できます。

細菌には薬が効くというわけです。

反対に、ウイルスには
抗生物質が効きません。
 
基本的に自然治癒で治るまで
待つしかないのです。

ワクチンで予防することは可能ですが、
それぞれのウイルスに対応したものを
打たないと効果がありません。

 

身の回りにいる細菌やウイルスとは?特徴や体への影響を紹介

では、人間の身の回りにある細菌や
ウイルスを紹介しましょう。

まずはウイルスです。

ライノウイルス

この名前は聞いたことがない、
と思うかもしれません。

しかしかなり一般的なウイルスで、
従来の風邪の3~4割はライノウイルスが
原因とされています。

このウイルスに感染すると、
鼻水が出たり喉が痛くなったりします。

 

インフルエンザウイルス

これは毎年冬によく聞きます。

ウイルスといえば
インフルエンザウイルスとも言えますね。

名前の通り、
インフルエンザの原因になるウイルスで、
先ほどのライノウイルスよりも症状が
重くなることが多いです。

また、感染力もかなり高いので、
インフルエンザワクチンを打つ人は
多いですね。

 
次に細菌です。

実は人間の体には、体内や皮膚の表面に
常にたくさんの細菌がいます。

腸内には少なくとも400種類
細菌がいます。

これらの細菌は常在細菌と呼ばれており、
体の調子を保ついい細菌や
ただいるだけの無害な細菌などで
構成されています。

 
人体に悪い影響を及ぼす細菌は、
こちらです。

ブドウ球菌

ブドウの房のような見た目をしている
この細菌は、食中毒の原因になります。

実は普段からブドウ球菌は鼻や喉の中にも
いることがあるのですが、
その場合は問題がありません。

これが食べ物の中で増えると、
毒素を作ることがあります。

その食べ物を食べることで、
食中毒になるのです。

 

大腸菌O157

一般的な大腸菌は、
普段は人間の腸内にいる無害な細菌です。

ただし、O157のようなある種の細菌は
下痢や腹痛を引き起こします。

O157は加熱の足りない肉によくいますね。
肉はしっかりと焼いて食べましょう。

 

まとめ

細菌やウイルスは怖いものだという
イメージがあるかもしれませんが、
特に細菌に関しては人間の体に役立つ菌が
たくさんあります。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内の働きを
助けてくれる細菌としても有名ですね。

ぜひこれをきっかけに、
細菌やウイルスについて
より深く知ってもらえたらと思います。
タイトルとURLをコピーしました