無洗米と普通の米の違いを簡単解説!買うならどっちがいいの?

普段お米を家で炊いている方に質問です。

無洗米についてどう思っていますか?

一昔前だと無洗米は不味い、とか
無洗米は割高だというイメージが
強かったかもしれませんね。

しかし、そのイメージは
必ずしも正しいものではありません。

そもそも、無洗米と普通の米には
どんな違いがあるか知らない人も
いることでしょう。

今回は、
無洗米と普通の米の違いや
無洗米を使うメリットを紹介します。

まず、無洗米と普通の米の違いは
肌ヌカがあるかないか
ということです。

そして無洗米のメリットは、
・水の節約になる
・大量に買うほどお得
・流水で栄養が落ちることがない

の3つが挙げられます。

 
スポンサーリンク

意外と知らない無洗米のメリット3選!普通の米とは何が違うの?

無洗米と普通の米の違いは、
実は多くはありません。

栄養価や味、賞味期限は
どちらもほとんど一緒なのです。

無洗米は不味い、栄養がないという
イメージは偏見によるものです。

 
無洗米と普通の米の、
唯一にして最大の違いは
無洗米には肌ヌカが無く、
普通の米には肌ヌカがあるということです。

では、肌ヌカとは一体何でしょうか?

肌ヌカは、米の表面に付いている
とても薄い層です。

玄米から精米しただけでは
取ることはできません。

普通の米(白米)は
肌ヌカが付いた状態で販売されているので
水で洗って落とす必要があります。

白米を洗わずに炊くと
変なにおいがしてパサパサしてしまうのは
肌ヌカが原因なのです。

一方、無洗米は
白米をさらに機械にかけることによって
肌ヌカを取り除いた状態で
売られています。

よって、
無洗米は洗わなくても
おいしいご飯になるのです。

ちなみに、無洗米を水ですすぐと
水が白くなりますが
汚いわけではありません。

米のでんぷん
溶け出しているだけです。

 
では、無洗米を使うメリットも
簡単に説明しましょう。

水の節約になる

無洗米は米研ぎが必要ないので
その分の水を使わずに済みます。

この水は積み重ねると
かなりの量になるので、
長期的にみると節約になりますね。

 

大量に買うほどお得

普通の米は肌ヌカが付着した状態で
売られています。

よって、洗米すると
ヌカ分の全体量が減ります。
 
同じ量の無洗米は、
肌ヌカなしでの重さです。

つまり、大容量の米を買うほど
お得になっていくということです。

 

流水で栄養が落ちることがない

米を洗米すると、
水溶性のビタミンが
流れ落ちてしまいます。
 
その量は多くはありませんが、
無洗米なら落ちるはずだった
水溶性ビタミンも落とさずに
炊けるのです。

 

結局どちらを選べばいい?無洗米がおすすめな人3パターン

では、無洗米がどんな人におすすめなのかも
紹介しましょう。

節約したい人

先ほど述べた通り、
無洗米は普通の米と比べて
いろいろな面で節約になります。

お米は毎日食べたいけれど
節約もしたい人には
無洗米がぴったりですね。

 

米のブランドにこだわりが無い人

無洗米は多くのブランドで
販売されていますが、まだ無洗米の
出ていない米もあります。

種類の多さなら、
普通の米のほうが圧倒的です。

よって、こだわりのブランドがある人には
あまりおすすめできません
そうではない人には無洗米が
おすすめです。

 

冬場の水仕事を減らしたい人

個人的に、無洗米のありがたみは
冬の季節に特に感じます。

というのも、冬場は
冷たい水に触れる機会をなるべく
減らしたいからです。

冬の水仕事は
手が荒れてひび切れが起きる原因
なりますし、冷たい水で米を研がねば
ならないと考えただけで炊事が
面倒になってしまいます。

しかし無洗米なら、
そのような心配はありませんね。

 

まとめ

無洗米と普通の米の違いについて
紹介しました。

無洗米には様々なメリットがあり、
便利なものであることが
分かってもらえたと思います。

ただ、普通の米にも
いい部分はたくさんあります。

選択肢が多いですし、炊くときの水分量も
失敗しにくいですよね。

無洗米と普通の米、
自分の炊事のスタイルに合ったものを
選んで使ってみてほしいと思います。
タイトルとURLをコピーしました