【保存版】スマホケースは何がいい?代表的な4種類を簡単比較!

スマホを使うとき、
ケースがあると便利ですよね。

普段何気なく使っている
あなたのスマホケース、
今のもので満足していますか?

もし新しいスマホケースにするなら、
どんな種類のものが
合っているのでしょうか?

日々の使用タイプや
スマホケースに何を求めるのかによって、
おすすめのケースは異なります。

今回は、どんな人にどの種類の
スマホケースが向いているのかを
紹介しましょう。

大きく分けるとこんな風になります。

①安さ重視の人は【ソフトケース】
②デザイン重視の人は【ハードケース】
③画面を保護したい人は【手帳型】
④持ちやすさを求める人は【スマホリング】

です。

 
スポンサーリンク

スマホケース4種類を簡単比較!それぞれのメリットとデメリットとは?

今回は冒頭でも述べた4種類の
スマホケースをそれぞれタイプ別に
紹介します。

どのスマホケースにも
メリットとデメリットがあるので
そちらについても説明しましょう。

 

安さ重視の人は【ソフトケース】

ソフトケースは、シリコン素材や
TPU素材が基本です。

メリットとしては、
その安さが挙げられます。

100円ショップでも見かけるほど
安く売られているので
とにかくスマホケースを安く買いたい人には
一番おすすめです。

また、触り心地も柔らかく
奇抜な形もあまりないので
万人受けしやすいです。

デメリットとしては、
汚れが付きやすく目立ちやすいこと
挙げられます。

シリコン素材は特に
汚れを完全にふき取るのは難しいです。

TPU素材は色の変色が激しいので
長期間使うのは難しいですね。

私は昔TPU素材ケースを使っていたのですが
購入して1年経たないうちに
びっくりするほど色の劣化が
進んでしまいました。

また、柔らかいので形が変形するのも
早いです。

さらに、液晶画面部分の保護は
全くできません。

 

デザイン重視の人は【ハードケース】

ハードケースは、
素材がいろいろあります。

プラスチック製のものから木製、
金属製など様々です。

ハードケースのメリットは
デザインが豊富な中から選べることです。

素材の時点で選択肢がいくつかありますし、
色やイラスト、デコレーションなど
あらゆる部分で自由がききやすいのが
ハードケースです。

よって、他人と被りたくないという人は
ハードケースの中から選ぶのが
おすすめです。

最近は、頑丈な枠が付いている
ハードケースもあり、耐久性の面でも
優れていると言えるでしょう。

ハードケースのデメリットは、
手から滑り落ちやすいことです。

今回紹介する4つのケースの中では
一番滑り落ちる確率が高いですね。

表面がツルツルとしているので、
仕方がないのですが
操作中にうっかり落とすと
画面を割るかもしれません。

また、ソフトケースのデメリットでも
お伝えしたようにハードケースも
液晶画面の保護はできません。

落としたときのために
液晶画面にも強度のあるフィルム
張ることが必要になります。

 

画面を保護したい人は【手帳型】

手帳型スマホケースは、
手帳のように開閉できるタイプの
ケースです。

手帳型のメリットは何といっても
液晶画面が常に保護されることです。

鞄やポケットの中に入れている間も
液晶画面が汚れることはありませんね。

また、レザーのケースなら高級感があるので
大人の雰囲気を出すことができます。

手帳型にもデメリットはあります。

それは、毎回開く手間がかかることです。

扉がないタイプのスマホケースなら鞄から
取り出してすぐに使えますが、手帳型は
いちいち扉を開かないといけません。

また、実際に使わないと実感しにくい
デメリットとして
四隅からはげてくるということが
あります。

革やレザー素材なので、
どうしても衝撃が強い部分から
劣化するのです。

最初は高級感のあったケースが、
四隅だけほつれたりはげたりしたら
一気に見栄えが悪くなります。

画面が保護されるからと言って、
雑に扱うのはやめたほうがいいですね。

 

持ちやすさを求める人は【スマホリング】

スマホリングは、厳密には
ケースではありません。

スマホの背面に輪っかを取り付け、
そこに指を通して使います。

メリットは、
片手持ちが劇的にラクになることです。

また、スマホが手から滑り落ちることも
ほぼゼロになります。

デメリットは、
机に置くときにリングを下にすると
グラグラして安定しなくなることです。

また、リングを貼る位置に失敗すると
持ちにくくなってしまいます。

貼り付けは慎重に行いましょう。

 

買うからには長持ちさせたい!スマホケースは定期的な清掃が大事

購入したスマホケースは
できるだけ長く使いたいですよね。

スマホは屋内・屋外どこでも
取り出して使います。

気が付かないうちに汚れが溜まるので
定期的に掃除しましょう。

そうすることで、
スマホケース自体の劣化を防げます。
 
また、掃除のときに状態をチェック
できるので変形や欠けにも
すぐ気が付けるようになりますよ。

 

まとめ

おすすめスマホケースを使用タイプ別に
紹介してきました。

大きく4つに分けて紹介しましたが、
スマホケースは素材でも
触り心地が若干変わります。

常に手に持つものですから、
やはり自分が触ってしっくりくるものを
使いたいですよね。

スマホケースを選ぶときは、
ぜひ見本が飾ってあるお店で選ぶのを
おすすめしたいです。

ネットの画像や想像だけでは
分からなかった部分も
実際に手に取ると分かるようになります。

ぜひ、あなたの納得する
スマホケースを選んでくださいね!
タイトルとURLをコピーしました