USB Type-Cは何が凄いの?知っておきたい3つのメリット

ガジェットにおいて、USB Type-Cが
広がりを見せています。

USB Type-Cというのは、USB3.1規格
新しく発表されたコネクタです。

USB Type-Cの前はmicroUSBが
メインでしたが2015年にMacbookで
使われたのをきっかけに、最近では
USB Type-Cを採用する製品も
すこしずつ増えています。

では、USB Type-Cにはどんな
メリットがあるのでしょうか?

USB Type-Cの大きなメリットは、
・端子の上下の区別がない
・データの転送速度が速い
・変換アダプタを用いれば
他のUSBポートでも使える
の3つです。

 
スポンサーリンク

刺す方向にもう迷わない?ノンストレスのUSB Type-Cのメリット3選!

USB Type-Cには、
・端子の上下の区別がない
・データの転送速度が速い
・変換アダプタを用いれば
他のUSBポートでも使える
というメリットがあります。

それぞれ解説していきましょう。

 

端子の上下の区別がない

ほかのUSBポートを見ると、
差し込み口の向きが決まっています。

そのため、上下を確認してから
差し込まなければいけません。
 
確認せずに勢いよく差し込んで
故障させてしまったことがある人も
いるのではないでしょうか?

USB Type-Cなら、どちらの向きでも
スムーズに差すことができるので
ノンストレスです。

 
また、USB Type-Cは
入力・出力どちらのバージョンにも
対応しています。

microUSBをはじめとするUSBでは、
片方は入力専用、もう片方は出力専用という
分け方をされていました。

上下だけでなく、
左右の区別すらなくなったのです。

適当に手に取ったほうの端子を
差し込むだけで使えるということですね。

 

データの転送速度が速い

USB Type-Cは、
一つ前のUSB3.0と比べて
最大で2倍の転送速度があります。

パソコンを頻繁に使用する人は、
時短になって非常に便利ですね。

ただ、ひとつ注意してほしいことがあります。

3.1に対応していないUSB Type-Cでは
このメリットは享受できない
ということです。

自分の使用するUSB Type-Cが
3.1のタイプかどうかは確認する必要が
ありますよ。

変換アダプタを用いれば他のUSBポートでも使える

USB Type-C非対応の機器でも、
変換アダプタを使用すれば
問題なく使えるようになります。

古いタイプの機器では変換アダプタを
使いましょう。

今は変換アダプタもネット通販などで
格安で購入できます。
一つは持っておきましょう!

 

知らない人も多い?便利なUSB Type-Cのデメリット2選とは?対処方法も!

とても便利なUSB Type-Cですが、
デメリットも少なからず存在します。

・まだあまり浸透していない
・折れやすい
という2点です。

しかし、対処法もあるので紹介しましょう。

まだあまり浸透していない

USB Type-Cは便利ですが、
現在でもメインで使われるのは
microUSBというのが現状です。

これは、生産コストが安いということも
原因でしょう。

USB Type-Cを採用すると、
どうしても製品価格が上がってしまいます。

試しに家にあるガジェットを
いくつか確認してみてください。

おそらく、2015年以降に発売された機器でも
USB Type-Cが使われていないものは
何個か、下手したらほとんど出てくるかも
しれません。

しかし、変換アダプタさえ持っていれば
そこまで大きなデメリットにはなりませんね。

 

折れやすい

USB Type-Cは差し込み口が小さいことから、
どうしてもmicroUSBに比べて
折れやすいです。

力強く握ったり、
他の物の下敷きになったりすると、
ダメージが蓄積して折れやすくなります。

よく見る例では、iPhoneの充電ケーブルが
ボロボロになりやすい、というものが
挙げられます。

小さくてスマートな分、
物理的な耐久性は若干劣ります。

 
対策としては、ケーブルの保護カバー
装着するのが一番おすすめです。

今はいろいろな種類のカバーが
手ごろな値段で売られているので、
USB Type-Cの耐久性が気になる人は
ぜひ検討してみてください。

私はiPhoneの充電ケーブルに
安い保護カバーを付けたら
格段に耐久性が上がったので、
持っていない人は使ってみてください。

 

まとめ

ここまで見てきて、USB Type-Cには
便利なことがたくさんありますが、
まだまだ主流にはなっていません。

しかし、最近ではスマホやパソコン以外でも
カメラモバイルバッテリーなど
多くの機器でUSB Type-C対応タイプを
見るようになりました。

 
また、USB Type-C対応であることを
大きな魅力の一つとして販売する製品も
しばしば目にするようになっています。

多くの人の中にUSB Type-Cは便利だという
観念が広がっている証拠だと言えますね。

USBには様々な規格がありますが、
いつかはUSB Type-Cに統一される日が
来てほしい、と願うばかりです。
タイトルとURLをコピーしました