プライベートブランドが安い理由は?コストダウンできる3つの秘密

スーパーやコンビニが独自に開発した
プライベートブランド。
食品から調味料、
衣料品までさまざまなものがあり、
価格が安いことが多いですよね。

価格が安いと節約にも繋がりますし、
物価が高い世の中ではありがたいです。

しかし、安いのには
原材料に安いものを使っている可能性や
製品の質を落としているのではないかと
不安になってしまいます。

プライベートブランドが安い理由は
以下の理由です。
①中間業者を挟むことなく仕入れができる
②CMなどの広告宣伝費をかけていない
③配送にかけるコストが少ない

それでは詳しく紹介します。

 
スポンサーリンク

コストダウンできるのはなぜ?プライベートブランドが安い3つの理由

商品の販売価格には材料費以外にも、
広告費などさまざま費用が含まれています。

実はその費用こそがプライベートブランドが
安い理由に大きく関わっています。

 

中間業者を挟むことなく仕入れができる

商品をスーパーやコンビニなどに
仕入れるには、製造元の業者に1つずつ
依頼するのではなく、中間業者を介して
仕入れます。

そのため、中間業者にも
費用を払わなければなりません。

しかし、プライベートブランドは、
自社で作るため、中間業者の費用を抑えて
仕入れられます。
 
 

CMなどの広告宣伝費をかけていない

テレビなどでブランド商品のCMが
流れていますが、CMの費用も商品の価格に
含まれています。

しかし、
プライベートブランドのほとんどは
広告を出していません。

自社製品なので、
店舗にいれば購入できるほか、
店舗のブランドを信用して購入します。
 
店舗での新商品販売のテロップは
題しているものの、ブランド商品のように
CMなどをすることはないため
商品のコストを抑えられます。
 
 

配送にかかるコストが少ない

最後に配送にかかるコストです。

ブランド商品は、店舗ごとに細かく分けて
配送しなければならず、分ける手間や
コストがかかります。

しかし、プライベートブランドは、
同じ系列店で販売するため、
ブランド商品よりも分ける手間や費用を
抑えて配送できるので、
配送のコストを抑えられます。

上記の3つからプライベートブランドの
価格が安いのですが、気になるのが
製品の質についてです。

製品の原材料や素材は変わりません。

ただし、ブランド製品は
その製品を長く研究して作っているため、
独自の製法や取り組みをしていることが
あります。

そのため、同じ商品でも味や素材の
違いがあります。

味や素材の違いがあると感じる人は、
それぞれのこだわりの違いです。

プライベートブランドの製品がいいと
感じる人もいます。

基本的に、
プライベートブランドの製品は、
原材料や素材の違いではありませんので
安心してください。

 

意外なコツがあった⁈プライベートブランドを見分ける2つの方法

いざプライベートブランドを見つけようと
思っても見つからないことはありますよね。

私も経験があります。

プライベートブランドを見つけるコツは
以下の2つです。

・スーパーやコンビニの
プライベートブランドマークが
付いているもの
 
・シンプルなパッケージのもの
 
プライベートブランドは、
スーパーやコンビニのマークや
オリジナルマークが付いているものを
探すことが一番の方法ですが、
商品が多く、マークを探すことが
ひと苦労することもあります。

そこでおすすめなのは、
パッケージを見ることです。

プライベートブランドは、
低コストやマークを強調させるために
シンプルなパッケージにしています。

パッケージがシンプルなものを探して、
マークを探すという方法
最も簡単にプライベートブランドを
見つけられる方法ですよ。

 

まとめ

私は、プライベートブランドが
製品の質を下げずに安いことを知って
スーパーやコンビニで
プライベートブランドの商品を
チェックしていますが、
プライベートブランドよりプランド商品が
安い場合もあります。

ブランド商品がプライベートブランドより
安い場合は、購入したい商品が広告の品や
特売品であったりすることです。

私は、ブランド商品が特売品になっており、
プライベートブランドを購入したら
ブランド商品より割高になっていて
後悔した経験があります。

また、商品の中にはブランド独自の
味付けや素材を使用しているため、
味が完全に一緒ではありません。

プライベートブランドを購入する際は、
価格で選ぶのであれば、必ず商品の価格を
調べて購入しましょう。
タイトルとURLをコピーしました