初めてでも大丈夫!夏に咲かせたい!ひまわりの育て方のコツを伝授!

ひまわりをキレイに咲かせたい場合は、
どんな育て方のコツがいるんでしょうか?

やっぱりしっかりと育てるには
コツがいりそうですよね。

そこで今回は、知っておくと何かと役立つ、
ひまわりの育て方のコツをご紹介します。

ぜひ、ひまわりを育てる時に役立ててくださいね!
スポンサーリンク

真っすぐ伸びる!ひまわりの育て方のポイントは支柱立てにあった!

ひまわりを真っ直ぐキレイに育てるなら、
やっぱりポイントとなるのは支柱立てですね。

棒状の支柱を用意し、だいたい支柱の2割くらいを
地面に埋めておきましょう。

そうすれば、ひまわりが育つと同時に、支柱が支えとなって、
しっかりと真っ直ぐキレイに育っていきますよ。
 
ただし、ひまわりは花が咲くと重くなってしまうので、
必ず茎の部分と支柱を紐で結んでおくようにしましょう。

そうすれば、ひまわりが倒れたり
曲がったりする心配がないので、
おすすめなんですよ。

やっぱりひまわりを育てるのに、
支柱って大事だったんですね!

ひまわりの背丈が約40㎝を超える頃になったら、
支柱立てを用意しておいてくださいね。

ちなみに、大きめの品種のひまわりを育てるのでしたら、
支柱も丈夫で太めなものを用意しておくと良いですよ!

そして先ほども説明したように、支柱と茎を紐で結ぶのも、
重要な作業なので、ぜひ忘れないようにしていきましょう。

やらなきゃ育たない!?ひまわりの育て方で間引きは必須作業だった!

ひまわりを育てるコツとして意外と大事なのは間引くこと!
 
間引きの作業をしないと、キレイなひまわりは育たないので、
忘れずに間引き作業をするようにしましょう。

間引くポイントとしては、弱っている苗を間引き、
特に元気な苗を残すようにしていくことです。

特に種から育てている場合は、1週間程度で発芽し、
3週間後には本葉が出始めます。

そのタイミングで、
ひまわりの苗を間引き作業をするようにしてくださいね。

弱っていたり、小さな苗は必ず間引くこと。
 
この作業をしないと、ひまわりに十分な栄養が行かず、
しっかりと育たないんですよね…。

ひまわりをキレイに咲かせるためにも、
弱っている苗は必ず間引くようにしましょう。

そうすれば残った苗に十分な栄養が行き届き、
元気になりキレイな花を咲かせるようになりますよ!

やっぱり間引くということも重要な作業だったんですね!

私も花を育てる時は、
間引く作業を忘れないようにしたいと思います。

間引きを忘れずに行えば、ひまわりはきちんと咲くので、
ぜひ楽しみに待っていてくださいね!

以上がひまわりを元気に育てるコツなのですが、
意外と簡単なコツなので、すぐに覚えられそうですね。

夏になればキレイに花を咲かすので、
ぜひ、ひまわりの育て方のコツを押えていきましょう!

まとめ

ひまわりの育て方のコツは、支柱立てをすることと、
元気な苗だけを残して間引くこと。

特に間引きはひまわりの成長に大きく関わるので、
必ず忘れずに間引くようにしてくださいね。

そして支柱も必要になってくるので、
忘れないよう準備しておきましょう。

そうすれば立派なひまわりが咲くので期待しててくださいね!
タイトルとURLをコピーしました