キーボードを打つ音を小さくするには⁈メリットもある4つの解決方法

仕事や趣味などでパソコンを使うとき、
キーボードを打つ音がうるさい、大きいと
感じることはありませんか?

自分の打つ音もそうですし、周りにいる人の
打つ音が気になることもあると思います。

キーボードを打つ音が大きいと爽快感も
あるかもしれませんが、実は打つ音が
大きいと指に力が入ることになり
手を痛めてしまう危険性もあります。

できるだけキーボードは
小さい音で打つほうがいいのです。

では、どうしたら小さくできるのでしょう?

効果的な方法は4つあります。

・ブラインドタッチを身に着ける
・姿勢を変える
・叩かずに押す
・静音キーボードを使う

これらの方法を組み合わせることで、
キーボードを打つ音が小さくなります。

 
スポンサーリンク

キーボードを打つ音を小さくする4つの解決方法をくわしく解説

冒頭でも述べたように、キーボードを
打つ音が大きい原因としては
指に力が入っているということ
ほとんどです。

他には、音がうるさい種類のキーボードを
使っているというのも
当てはまるかもしれないですね。

一つずつ解決法を紹介してきましょう。

 

ブラインドタッチを身に着ける

時間がかり練習が必要になりますが、
最も効果的な方法は
ブラインドタッチを身に着けることです。

ブラインドタッチというのは、
文字を打つときにキーボードを見ず、
画面だけを見て打つやり方です。

日本語対応キーボードを見ると、
F(は)とJ(ま)のキーボードに出っ張りが
付いているのが分かるかと思います。

そこに両手の人差し指を乗せて、
ホームポジションに従って文字を
打っていきます。

ブラインドタッチを使うと、
指の移動が最小限になり高い位置から
キーを押す必要がなくなります。

よって、キーボードを低い位置から
押すことになるので
音も小さくなるのです。

最近ではネット上でブラインドタッチを
練習できるサイトがたくさんあるので、
ぜひゆっくりでいいので練習してみましょう。

 

姿勢を変える

姿勢が悪いと余計な力が入り、
キーを打つときに音が大きくなります。

力が入ると肩こりの原因にもなるので、
肘と腕の角度を机と椅子に対して
90度にしておくことをこころがけましょう。

 

叩かずに押す

キーを打つときに叩く感覚で
打っていませんか?

キーボードは押す感覚で
打つようにしましょう。

力強く叩かなくてもキーボードは
反応してくれます。

また、優しく押すように打つと、
キーボードの劣化も遅くさせること
できます。

 

静音キーボードを使う

ここまで紹介した方法を実践しても
音が大きいこともあります。

その場合は、そもそもキーボードが
うるさい種類のものであることが
ほとんどです。

キーボードにはいくつか種類があるのですが、
打鍵音が高い音ほどうるさく感じます。

ノートパソコンやAppleのキーボード、
ゲーミングキーボードなどは
音が大きめの傾向があります。

静音キーボード(低い音のキーボード)が
売っているので、それに変えると
劇的に音が小さくなりますよ。

 

周りの人のキーボードを打つ音が大きい!気になるときの2つの対処法

自分の音に気を付けていても、周りが大きいと
気になってしまうかもしれませんね。

実際ネットを見ると、
会社の隣の人のキーボードを打つ音が
ストレスになっている事例もあるようです。

そんなときは、
まずは本人にそっと伝えてみるのが
一番です。

意外と本人はキーボードを打つ音に
気が付いていないことが多いのです。

それでも気になるときは、
イヤホンや耳栓を使うのをおすすめします。

 

まとめ

最近は家電店に行くと、いろいろな種類の
キーボードが売っています。

見本もあるので、自分の好きなものを
選んでみましょう。

また、会社用のパソコンキーボードなど
自分で選べない場合は今回紹介した方法を
ぜひ試してみてください。

特にブラインドタッチを練習すれば
かなり変わるはずです。

手を痛めずにキーボードを使うためにも、
ぜひ参考にしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました