マスクが臭い理由とは?ニオイが発生する原因とすぐに出来る解決策

風邪や花粉予防に
一定の効果があるマスクですが、
長時間つけているとなんだか臭い…。

そういった経験をした人はいませんか?

つけたばかりのときは臭わないのに、
なぜか昼過ぎから異臭がするように
なるのです。

マスクの中が臭うと
仕事や勉強に集中できないうえに、
衛生的にも問題がありますよね。

マスクを長時間つけると臭い理由は、
大きく分けて3つあります。

・顔の皮脂が酸化するため
・口内が乾燥するため
・口内の汚れの臭いが溜まるため

最初の1つは顔全体からの臭い、
後の2つは口の中からの臭いとなります。

 
スポンサーリンク

マスクの中が臭い原因3つとすぐに出来る解決方法

冒頭で述べたように、
マスクの中が臭うのは主に顔からの臭いと
口からの臭いが原因です。

それぞれの発生理由と、
すぐに実践できる対策法を
説明していきましょう。

【顔全体の臭い】

顔の皮脂が酸化するため

人間の肌には必ず皮脂があります。

皮脂は肌を乾燥から守ってくれるので、
適度な量が分泌されていれば
何の問題もありません。

しかし、とある理由により
皮脂が過剰に分泌されてしまうことが
あります。

過剰に分泌された皮脂は、酸化して
加齢臭のような嫌な臭い
発してしまうのです。

皮脂が過剰に出る原因は
・ストレス
・肉や乳製品ばかり食べている
・肌が乾燥している

おもにこの3つです。

ストレスが続くと変なにおいがしたり、
肉しか食べない人の体臭が臭いのも
皮脂が過剰に分泌されているからです。

対策としては、
上に挙げた3つを減らすことが大切です。

まず、自分なりのストレス発散方法を作り
日頃からストレスを過剰に溜めないように
しましょう。

そして、食事は肉や魚、野菜など
バランスよく食べるのが重要です。

乾燥肌の人は、洗顔後や
お風呂上りの保湿を徹底しましょう。

 
【口からの臭い】

口内が乾燥するため

口の中には唾液が溜まっています。

唾液があることによって
口内の細菌の繁殖を防ぐことができます。

しかし、
水を飲まなかったり口を開けていたりして
口内が乾燥してくると、
細菌が繁殖して息が臭くなるのです。

忙しくてマスクをしたまま長時間
水を飲まずに過ごすと、口の中が
ネバネバしてきませんか?

こうなったときは、
すでに臭いがきつくなっている可能性が
高いです。

まず、口呼吸の人は
意識的に口を閉じましょう。
 
そして適度に水分補給をして過ごすと、
口の中の湿り気を保つことができます。

個人的におすすめなのは、
タイマーを25~30分間隔でセットして
タイマーが鳴ったら
水を飲むようにする方法です。

うっかり忘れることがなくなりますよ。

 

口内の汚れの臭いが溜まるため

お昼ごはんを食べた後、
歯を磨いていますか?

歯を磨かないままマスクをつけると、
食べカスや歯と歯の間に詰まった汚れの
臭いを放置することになりますよね。

そのまま過ごすと、
汚れから発せられる臭いによって
口から異臭がしてしまいます。

これを防ぐ方法はただ一つ、
できるだけ昼食後に
歯を磨くようにすることです。

歯を磨く時間や場所がない人は、
洗口液を使ったりガムを嚙んだりするのが
おすすめですよ。

 

臭くなってしまったマスクはどうする?応急処置の方法2つ

これまで紹介した対策法を取っても、
マスクの中が臭くなってしまうことも
あるかもしれませんね。

そんなときの応急処置法は次の2つです。

新しいマスクに交換する

もったいないと感じるかもしれませんが、
新しいマスクに交換してしまえば
臭いも一旦リセットされます。

予備のマスクを
持っていくようにしましょう。

 

マスクスプレーをかける

マスクの内側に噴射すると
いい香りを発してくれるスプレーが
売っています。

ドラッグストアやホームセンター、
ネット通販などで購入できますよ。

こちらも、常に持ち歩いておけば
いざというときに安心ですね。

 

まとめ

マスクが臭くなるのは、
顔と口の臭いによるものだと
分かりました。

これ以外にも特殊な理由としては、
真夏のマスクが汗で臭くなることや
洗えるマスクのすすぎ不足が挙げられます。

これらに関しても、こまめに汗を拭いたり
すすぎを2回以上行なうこと
防止できますね。

マスクが一度臭い始めると
気になって集中できなくなってしまいます。

そうなる前に、
普段の生活から気を付けていきたいですね。
タイトルとURLをコピーしました