ノイズキャンセリング使ってないの?生活を豊かにする3つのメリット

イヤホンやヘッドホンの中で、
ノイズキャンセリング機能が搭載された
商品が増えてきました。

ノイズキャンセリングとは、
騒音と逆の音波を発することによって
騒音を打ち消してくれる機能です。

そのため、
ノイズキャンセリング機能が付いた
イヤホンやヘッドホンでは
騒音が小さく聞こえます。

では、ノイズキャンセリングの
メリットとはなんでしょうか?

ノイズキャンセリングのメリットは、

・音楽に集中できる
・音量を小さめにできる
・周囲の生活音が気にならなくなる

の3つです。

 
スポンサーリンク

ノイズキャンセリングのメリット3選!こんな人は使うべき!?

ノイズキャンセリング機能は、
周囲の騒音を減らすことで
いろいろなメリットをもたらします。

・音楽に集中できる
・音量を小さめにできる
・周囲の生活音が気にならなくなる

これらを紹介しながら、
どのような人に特におすすめできるのか
説明していきます。

 

音楽に集中できる

騒音が軽減されるため、
周りの音に気を取られることなく
音楽に集中することができます。

この効果を特に発揮するのは
バスや電車、飛行機の中です。

エンジン音走行音
ほかの乗客の会話などが軽減されて
小さくなるため
音楽が聴きやすくなります。

よって、
公共交通機関で通勤や通学をする人で
快適に音楽を聴きたい人は、
ノイズキャンセリング機能を使うことで
音楽環境がかなり改善されるので
おすすめです!

 

音量を小さめにできる

イヤホンやヘッドホンで
大音量で音楽を聴きすぎると
耳を傷める危険があります。

普通のイヤホンでは、
周囲の雑音に負けないように
音量を大きくしてしまいがちですよね。

例えば、
家に帰ってから同じ音量で聴いてみると、
こんなに大きな音だったのか!と
驚くこともあります。

ノイズキャンセリングでは
周囲の雑音が軽減されるので
音量は小さめでも聞こえるようになります。

つまり、耳にかける負担は減りますよね。

音楽を聴きたいけれど
耳を大事にしたいという人にも
ノイズキャンセリング機能はおすすめです。

 

周囲の生活音が気にならなくなる

ノイズキャンセリング機能は、
家の中でも効果があります。

例えば、
他の人の足音や換気扇のファン音
テレビの音などを軽減させます。

家で集中して作業がしたいのに
家族がうるさくて作業が進まない、
という経験をしたことがある人は
多いことでしょう。

また、アパートに住んでいて
隣の住民の生活音が気になる人も
いるのではないでしょうか?

そのような人はぜひ
ノイズキャンセリング機能を
使ってみてください。

完全な無音にはなりませんが、
気になっていた音がかなり小さくなるので
ストレスも溜まりにくくなりそうです。

 

合わない人もいる?ノイズキャンセリングのデメリット3選!

ノイズキャンセリングのデメリットは、

・価格が高い
・車の音や人の声に気付きにくい
・圧迫感を感じることがある

です。

ノイズキャンセリング機能が合わない人も
もちろんいます。

デメリットとともに、
どのような人は合わないのかも説明します。

 

価格が高い

ノイズキャンセリング機能は
高技術なため、価格も高くなります。

ノイズキャンセリングヘッドホンや
イヤホンは安いもので6~8千円、
高性能のものでは数万円もします。

お金をかけたくない人には
ノイズキャンセリングは
おすすめできません。

 

車の音や人の声に気付きにくい

騒音が減る分、外を歩くときの
周りの音も聞こえにくくなります。

よって、車が近づいてきたり
誰かに話しかけられたことに気が付かない
というトラブルも発生する可能性が
あります。

移動手段がほとんど徒歩
電車やバスを使わない人は、
ノイズキャンセリングには
少し注意したほうがいいですね。

また、
を運転する人は運転中は危険なので
絶対に使わないでください

 

圧迫感を感じることがある

ノイズキャンセリング機能を使うと
周囲の音が小さくなり、閉塞感
圧迫されたような感覚になることが
あります。

シーンとした環境が苦手だったり
ある程度音がないとソワソワしてしまう人
ノイズキャンセリング機能によって
逆に集中力が削がれるかもしれないので
気を付けましょう。

 

まとめ

ノイズキャンセリングには
メリットもデメリットもあることが
分かりましたが、
これからノイズキャンセリング機能
搭載された商品は増え続けていくと
予想できます。

都市部に住む人が増え、
それに伴って様々な騒音が
問題になっています。

また、大きな音に敏感な人もいますよね。

各個人のいろいろな事情で、
耳から受ける騒音の負担を減らしたいと
考える人は増加しているのです。

そのような状況の中で、
ノイズキャンセリング機能というのは
解決策の一つとして有効な手段なのでは
ないでしょうか。

ノイズキャンセリングの開発が進んで
低価格化の実現や、さらに高性能な機械が
生まれることに期待したいですね。
タイトルとURLをコピーしました