生ゴミの捨て方でお悩みですか?新聞紙がないときの代用品5つ

あなたは毎日の料理で出る生ゴミを、
どうやって捨てていますか?

基本的に生ゴミを捨てるときは、
そのままではなく
何かに包んで捨てます。

新聞紙を使っている人が多いのではないかと
思います。

しかし、ちょうど新聞紙を切らしていたり
新聞を取っていない人もいますよね。

そんなときに、
何を代用すればいいのでしょうか?

生ゴミを捨てるとき、
新聞紙の代わりになるものは
・牛乳パック
・チラシ
・紙袋
・食品やお菓子のパッケージ
・ポリ袋
です。

きっとこの中のうち一つは
あなたの家にもあるかと思います!

 
スポンサーリンク

生ゴミを捨てるときの重要なポイントと新聞紙の代用品5つ

先ほど述べたものを具体的に紹介する前に、
生ゴミを捨てるときの重要なポイントを
説明します。

・水漏れをしていないか
・包んだものも一緒に燃やせるか
・においが漏れないか

生ゴミを捨てたあと、
回収してもらって焼却されるまでには
時間がかかります。

この3つすべてがそろっていないと、
運搬途中で生ごみがこぼれたり
悪臭が漂ったりして
大変なことになるのは想像がつきますね。

また、中身やにおいが漏れると
カラスなどが寄ってくる原因にもなります。

上記の3つの条件は
なるべく守るようにしましょう。

では、これから上記の条件3つに対して
◎〜△で評価していきます。

 

牛乳パック

水漏れ防止:◎
燃やせるか:◎
におい防止:◎

個人的に5つの中で最強の代用品は
これだと思います。

牛乳以外でも紙パックならOKです。

よく洗ったパックの中に生ゴミを詰めて
口をテープで留めて捨てましょう。

牛乳パックなどの紙パックは
元々液体が入っていたものなので
水漏れはまずしません。

そして分厚いので、
においが漏れることもありませんね。
 
空の紙パックがある人は
この方法をおすすめしたいです。

 

チラシ

水漏れ防止:△
燃やせるか:◎
におい防止:○

新聞紙を取っているけれど
新聞だけ切らしてしまった人は
チラシを代用することも可能です。

新聞紙で包む時と同じ要領で
生ゴミを包んで捨てましょう。

ただ、チラシは表面がツルツルしているので
新聞紙と比べて液体が漏れやすいです。

新聞紙ほど吸収してくれないので
流れ出てしまう可能性がありますね。

チラシ一枚で包むのではなく、
何枚か重ねるのが重要です。

 

紙袋

水漏れ防止:△~○
燃やせるか:◎
におい防止:○

お店で貰う紙袋の中に生ゴミを入れて捨てる
方法もあります。

紙袋はどの自治体でも確実に
燃えるゴミの部類に入るので、
どこに住んでいても問題ありませんね。

紙袋の注意点は、ものによって厚さや
耐水性が異なることです。

できるだけ厚い紙袋を使いましょう。

 

食品やお菓子のパッケージ

水漏れ防止:◎
燃やせるか:△
におい防止:△

プラスチックの袋に入った食品は
たくさん売られています。

空になった袋を生ゴミ入れとして
再利用する、という方法です。

プラスチックの袋なら、
破れない限りは水漏れしませんね。
 
ただ、一つ難点なのは
元々食品が入っていた袋なので
そのにおいが残っているということです。

生ゴミのにおいと混ざって変なにおいに
なる可能性はあります。

きちんと封をしておきましょう。

 

ポリ袋

水漏れ防止:◎
燃やせるか:△
におい防止:◎

ポリ袋はいろいろなお店で大容量のものが
売られています。

一番コスパがよさそうですね。

ストックしておいて、
いざというときに生ゴミ入れとして
使いましょう。

しっかり口を縛っておけば
水漏れやにおいも気になりません。

自治体によっては
ポリ袋を燃やせるゴミとして
捨てられないところもあるので
自分の住んでいる地域はどうなっているのか
調べてくださいね。

 

生ゴミを捨てるときの注意点:小まめに捨てると衛生的です

生ゴミを捨てるときに、気を付けるポイントを
更に紹介します。

それは、小まめに捨てることです。

毎日回収があるなら、少量でも毎日捨てるのを
おすすめします。

というのも、
生ごみは水分をたくさん含んでいるので
日が経つにつれて腐敗したにおいが
広がっていくからです。

特に夏場は、三角コーナーから
キッチン中に生ゴミのにおいが
充満するなんてこともありえます。

もし回収が頻繁に行われない場合は、
冷凍庫でいったん凍らせておく という手もあります。

 

まとめ

新聞紙がないときの生ゴミの捨て方について
分かりました。

生ゴミは料理するうえで必ず出てしまう、
やっかいなものだと考えるかもしれません。

もし毎回捨てるのに苦労している人がいれば、
家にあるものを使えば
工夫次第で楽に捨てられることを
知ってほしいと思います。

 
タイトルとURLをコピーしました