【簡単・便利】旨味たっぷり干し野菜を家の中で作る2つの方法!

最近、
干し野菜が人気になっています。
野菜に旨味が凝縮されて長期保存
できるようになるためです。

あらかじめ作っておけば
料理の時短にもなるので、
忙しくて野菜をとる暇がないときには
便利でいいですね!

 
干し野菜を作ってみたいけれど、
外に干す場所が無くて
困っているあなた。

干し野菜は家の中でも作れます

 
日当たりのいい窓際で干せば、
簡単に干し野菜ができます。
もっと楽をしたいときは、
500Wの電子レンジで
8分ほど温めても作れます。

また、基本的にどんな野菜でも
干し野菜を作ることはできますよ。

 
 
スポンサーリンク

窓際に干すのには?電子レンジで時短?!それぞれ詳しく解説!

家の中で干し野菜を作るには、
窓際に干す方法
電子レンジを使う方法があります。

 
電子レンジを使う方法は、
今すぐに干し野菜を完成させたいという人に
おすすめです。

しかし、電子レンジでは厳密には
干したと言えないので、基本的には
窓際に干す方法を推奨します。

干す過程を楽しみたい人にもおすすめです。
それぞれ詳しく説明していきましょう。

 
 
窓際に干す方法
 
①野菜を洗います。
洗って汚れを落としたら、
水気を軽く切りましょう。

野菜の皮の近くには
栄養がたくさんあるので、皮つきのままでも
大丈夫です。

 
私は野菜の皮も好きなので、
一緒に調理することが多いです。

せっかく作るなら野菜の全てを
味わいたいですからね。

 
 
②野菜を薄く切っていきます。
厚すぎると干す時間が長くなるので
できるだけ薄くするように
心がけましょう。

野菜を切ったら切り口を
キッチンペーパーでしっかり拭いて
水分を取りましょう。

野菜に水分が残ると
カビが生える原因にもなるので要注意です。

 
 
③日当たりのいい窓際で干します。
ザルや網、天日干しネットに野菜を並べて
日当たりのいい窓際に数日間干します。

野菜を並べるときは
重ならないように隙間をあけつつ
並べるといいですね。

干している間に
扇風機の風を当てるのもおすすめです。

 
野菜が乾燥したら完成です。
密閉容器に入れて保存したり、
その場で料理に使ったりと
いろいろな使い道があります。

 
この方法では干す時間を短くすれば
セミドライの野菜を作ることもできます。

野菜の弾力をほどよく残したいときは
セミドライ野菜も作ってみたくなりますね。

 
 
電子レンジを使う方法
 
①~②は窓際に干す方法と同じです。

③オーブンシートに野菜を並べます。
このとき、
野菜は重ならないようにしましょう。

 
④500Wで7~8分温めます。
野菜の様子を見ながら、
水分がなくなるまで温めましょう。

その後、
ザルに並べて30分程冷まします。

 
電子レンジで作ると、
カリカリに仕上げることができますよ。

野菜チップスのような食感になるので、
ヘルシーなおやつにもなると思います!

 

初心者におすすめ!乾きやすい野菜を紹介!逆に時間がかかる野菜は?

干し野菜は、
基本的にどんな野菜でも作れます。

初めての方におすすめなのは
乾きやすい野菜です。
  • 白菜
  • キノコ類(しめじ、えのきなど)
これらは薄かったり
水分が飛びやすかったりして
短時間で乾かすことができます。

 
根菜類も味が安定していておすすめです。
  • 大根
  • にんじん
  • ごぼう
などです。

 
ごぼうは水にさらしてアクを抜いてから
干しましょう。

干した大根やにんじんは、
味付けを変えればいろいろな料理に
使えると思います。
切り干し大根にしたり、
マヨネーズとゴマであえて
サラダ風にするのも美味しそうですね。

 
 
干すのに時間がかかるのは、
  • トマト
  • かぼちゃ
です。

水分が多い野菜
身がつまっているような野菜は
時間がかかります。

 
干し野菜作りに慣れてきたら挑戦するのが
最適だと思います。

 

まとめ

干し野菜は、普段と違う方法で
野菜をおいしく食べられるという
素晴らしい調理方法です。

 
いつも
同じような野菜ばかり買ってしまう人は、
干し野菜を作ってストックしておくと
野菜料理のレパートリー
増やせるかもしれませんね。

 
いろいろな種類の野菜を食べて
良質な食生活を心がけていきたいです。
タイトルとURLをコピーしました