【愛好者必見】コーヒーの淹れ方による味の違いは?6種別に簡単解説

朝の寝ぼけた頭のときや、疲れたけど
もう少し頑張ろうと思うときにあなたの
背中を押してくれるコーヒー。

そんなコーヒーにも、淹れ方を
変えることで味が大きく変わるのです。

どのように変わるのでしょうか。

まずはどんな淹れ方があるのかご紹介します。

① ペーパードリップ

② 金属フィルタードリップ

③ ネルドリップ

④ フレンチプレス

⑤ サイフォン式

⑥ 水出し

コーヒーには、この6つの淹れ方
あるのです。

どんな淹れ方なのか、淹れ方によって
どのように味が変わるのかを1つずつ
説明します。

① ペーパードリップ

この淹れ方は、紙のフィルターを
利用して淹れる方法です。

紹介する6つの淹れ方の中で
最も手軽で、一般的な方法です。

この方法でコーヒーを淹れると、
濃くクリアな味わいになります。

 
② 金属フィルタードリップ

この淹れ方は、紙のフィルターを
使うのではなく、金属のフィルターを
使ってコーヒーを淹れる方法です。

この方法でコーヒーを淹れると、
コーヒー独自の苦みと芳醇な
味わいになります。

 
③ ネルドリップ

この淹れ方は、ネルという布製の
フィルターを使ってコーヒーを淹れる
方法です。

この方法でコーヒーを淹れると、
まろやかな味わいになります。

金属フィルタードリップとネルドリップは、
あまり聞いたことが無いという方も
多いです。

金属フィルタードリップとネルドリップに
使うフィルターは、どちらも使い捨てでは
なく、洗って繰り返し使うタイプのものです。

そのため、手入れが面倒になって、
あまり使われなくなってしまったので、
名前も聞いたことが無いという方が
多くいらっしゃいます。

 
④ フレンチプレス

この淹れ方は、ここまでご紹介した
ペーパードリップ、金属フィルタードリップ、
ネルドリップとは異なり、フィルターを
使わない方法です。

フィルターを使わない代わりに、
豆を押し込んで抽出するのです。

この方法でコーヒーを淹れると、濃く深い
味わいを作ることができます。

 
⑤  サイフォン式

この淹れ方は、お湯とコーヒーの粉末を、
蒸気圧を使ってお湯を移動させ、
ろ過するという方法です。

喫茶店ではよくこの方法が用いられます。

実際見たことはなくても映画やドラマなどで
何となく見たことがあるという方が
多いと思います。

この方法でコーヒーを淹れると、柔らかく
すっきりとした味わいになります。

 
⑥ 水出し

この淹れ方は、水でコーヒーを
淹れる方法です。

これだけ聞くと、たまに
「アイスコーヒーと同じ?」と
思われる方がいらっしゃいます。

しかし、アイスコーヒーは少し作り方が
異なっています。

アイスコーヒーはお湯で作って
氷で冷やして作ります。

それに対して、コーヒーの水出し
という方法は、初めから水で作るのです。

この水出しでコーヒーを淹れると、
爽快感のある味わいに仕上がります。

 
スポンサーリンク

淹れ方で味が変わる訳とは?6つの方法別に解説!

コーヒー豆が違うだけなのに、
なぜ味が変わるのでしょうか。

その疑問を解消するために、
方法別に解説します。

ペーパードリップ

ペーパードリップに使用する紙の
フィルターは、目が細かいのが特徴です。

そのため、コーヒーオイルが紙の
フィルターにしっかりと吸われます。

こうすることで、すっきりと濃く、
クリアな味わいを生み出すのです。

 

金属フィルタードリップ

金属フィルタードリップに使うフィルターは、
ステンレスなどの金属でできています。

紙を使わないので、コーヒーオイルなどの
成分をダイレクトに感じることが
できるのです。

 

ネルドリップ

ネルドリップに使うフィルターは、
紙ではなく布製です。

布製のフィルターは、紙製のものと比べると
フィルターの目が粗いという特徴があります。

そのため、深みのある、まろやかな味わい
生み出すことができるのです。

 

フレンチプレス

フレンチプレスは、フィルターのように
コーヒー豆とカップを介するものが
何もありません。

そのため、コーヒーの成分全体を
ダイレクトに感じ、濃く深い味わいを
生み出すことができるのです。

 

サイフォン式

サイフォン式で抽出すると、コーヒーの
粉末とお湯が飽和状態になります。

そのため、柔らかくすっきりとした
味わいを生み出すことができるのです。

 

水出し

水出しの特徴は、お湯を使わない
ということです。

そのため、コーヒーを抽出するのに
集中することになり、苦味や酸味
抑えられます。

このように、コーヒー豆とカップを
媒介するものが異なるため、コーヒーの
味わいも変わってくるのです。

自分の好みに合わせて、どの抽出方法で
コーヒーを淹れるか考えてみることを
おすすめします。

 

コーヒー用の器具を揃えたい!おすすめの購入場所は?

コーヒーを淹れるためのフィルターや
メーカー、コーヒー豆の器具はどこで
購入することができるのでしょうか。

一番確実なのは、コーヒーを専門に
取り扱っているお店です。

しかし、コーヒーを専門に取り扱っている
お店は少なく、かなり遠くにあって
行けないという方も多いでしょう。

そんな場合は、ネットショッピング
利用することをおすすめします。

かなり種類が豊富に揃っていますし、
自分にぴったりなものが容易に
探すことができるからです。

著者も近くにコーヒーを専門に
取り扱っているお店がないので
ネットショッピングを利用していますが、
状態が良いものが多く、家に居ながら
受け取ることができるので非常に
便利ですよ。

 

まとめ

コーヒーは、毎日頑張るあなたを
応援してくれます。

抽出方法を変えることにより、様々な
楽しみをあなたにもたらしてくれる
ことでしょう。

あなたもコーヒーの抽出方法を変えて、
あなた好みの抽出方法を
見つけてみませんか?
タイトルとURLをコピーしました