簡単なひと手間!美味しく香る紅茶の淹れ方とは?ポイントは温度!?

食後のひと時や美味しいおやつのお供に
紅茶を用意される方は多いのでは
ないでしょうか?

筆者も紅茶が大好きで、王道な茶葉や
フレーバーティーを常時ストック
しているのですが、種類が違えば様々な
香りや風味が楽しめる奥深い世界
楽しめます。

 
紅茶は、お湯を注ぐだけでも十分
美味しく抽出されますが、ひと手間加える
ことでさらに香り高く、茶葉のうま味
楽しめる一杯を淹れることができるんですよ!

紅茶を美味しく淹れる大切なポイント
『温度』があります。
注ぐお湯の温度によって、渋みも異なって
きます。
 
一般的に推奨されているのがガラガラと
沸騰したお湯(95~98℃)ですが、
渋みを抑えたい場合は日本茶と同様の
70~80℃のお湯を使うのも良いという説が
あります。

また茶葉・ティーバッグなどでも淹れ方は
多少ことなります。
共にご紹介していきますね♪

 
スポンサーリンク

美味しい紅茶の淹れ方!茶葉とティーバッグ別の手順を紹介!

それでは茶葉・ティーバッグ共に美味しい
淹れ方をご紹介していきますね!

茶葉編

お湯100~200ccに対して茶葉1g程度が
適量です。(※種類や好みによって異なります
ので目安です)

1. ポット60℃程度のお湯を1/3程注いで
 クルクル回して、お湯を躍らせます。
 これでポットが温まります。一緒に
 カップも温めておきましょう。

2. 紅茶用のお湯を沸かします。
 お水は汲みたてのもの
 使いましょう。
 汲み置きしたものだと紅茶の風味が落ちて
 しまいます。
 大きな気泡が勢いよくボコボコ湧くまで
 加熱しましょう!
 これで水温が95~98℃となります。

3. ポットに入れていた保温用お湯を捨て
 茶葉を適量入れて準備します。

4. 沸騰したお湯をポットに注ぎます。
 ポイントお湯を勢いよくポットに注ぐこと。
 ポットの中で茶葉が舞い上がり、気泡と一緒に
 ポット上部に浮き上がってくればOK!
 空気を含みながら注がれることにより、
 茶葉のうま味よく抽出されます。
 
5. すぐにポットの蓋をして5分程蒸らしながら
 抽出し、カップに注ぐ前にポットの中を
 スプーンなどでひと混ぜ。
 
6. 濃さが均等になるように注ぎましょう。
 最後の一滴の“ベスト・ドロップ”まで
 しっかり注ぎましょう。

ティーバッグ編

ティーバッグ1つに対し150~160ccのお湯
目安です。

1. カップに60℃程度のお湯を注いで温めて
 おきましょう。
 カップが温まったらお湯は捨ててください。

2. 紅茶用のお湯を沸かします。
 茶葉の場合と同様に、お水は汲みたてのもの
 使いましょう。
 汲み置きしたものだと紅茶の風味が落ちて
 しまいます。
 大きな気泡が勢いよくボコボコ湧くまで
 加熱しましょう!
 これで水温が95~98℃となります。

3. ティーバッグが入ったカップにお湯を注ぎます。
 お湯はティーバッグに直接かけず、カップの
 フチから静かに注ぐことがポイントです!

4. お湯を注いだらフタをして1~2分蒸らし
 ティーバッグを取り出せば完成です!
 カップの上で数度揺らしてお湯を軽く
 切ってください。

ティーバッグの場合は手軽に紅茶を
楽しむのに適していますが、浸けっぱなし
しておくとドンドン渋みがでますのでご注意ください。

盲点!?お湯の温度を下げてしまう原因とは!?

紅茶を美味しく淹れるための適正水温
90℃以上とされています。
当然、水の沸点は100℃ですから、
それ以上はどう頑張っても水温を上げる事は
できません。(普通の生活環境の中では…)
つまり、沸かしたお湯をいかに冷まさずに
紅茶に注ぐか…ということが大切になります。

何もしていないカップやポットにお湯を
注ぐと、その時点で水温は85~90℃へ
下がってしまいます。
これでは抽出している間に適温から
下がってしまいますね。
そのため、少しでもお湯の温度を保つため、
そして少しでも美味しいお茶を淹れるための
一工夫としてポットやカップをあらかじめ
温めておくことを推奨しているのです。

美味しい茶葉なら、最大限美味しく
いただきたいですもんね。


まとめ

文頭でも書いたように、紅茶大好きな筆者は
色んなお茶を気分で楽しんでいます。
日本茶も好きなのですが、お茶の世界は
非常に深いので、私もまだまだ勉強中です!

ご紹介のとおり、紅茶は高温のお湯で
抽出させることを勧められますが、
一方で低温でじっくり抽出する方法も あります。

それは茶葉ごとに異なりますから、
一概に同じ分量・抽出時間でよいという訳では
ありません。
楽しむ前に,パッケージの目安をぜひ一目
確認してみてください。

一工夫して淹れた紅茶は、味もさることながら
香りの違いが顕著に出ると思います^^
ぜひ素敵なティータイムをお過ごし
くださいね♪
タイトルとURLをコピーしました