意外と冷える!?ダイニングこたつでも足元が寒いときの対策とは?

ダイニングこたつが人気になっています。

一人用なら仕事や勉強のデスクとして使えますし、
家族でなら食卓テーブルとして使えます。

食事や仕事中でも温まれて便利ですね。

しかし、ダイニングこたつには
一つ問題があります。

それは、足元が寒くなりやすいことです。

ダイニングこたつを買ったけれど
足元が冷えるときにはどうすればいいでしょう?

まずは、ルームシューズを履くか、
床がフローリングの人は
カーペットを敷いてみましょう。

それでも寒いという人は、
ホットカーペットと併用してみましょう。

ダイニングこたつは脚が高いので、
足元を温めることで寒さがなくなります。

ただし、使い捨てカイロを貼ったり
ヒーターをこたつ内に入れたりするのは
危険なのでやめましょう。
 
スポンサーリンク

こたつのヒーターが届かない足元に!プラスしたいアイテム3選!

こたつにはヒーターが付いていますね。

ダイニングこたつではほとんどの場合、
太もも部分にヒーターが強くあたって
足元が寒いように感じるのです。

ヒーターを強くして足元まで温めても
今度は“太ももが熱すぎる”という
事態が起こります。

これには私も長年困らされてきました。

 
そこで、足を温めるためにルームシューズ
履いてみることをおすすめします。

ルームシューズは洋服屋や雑貨屋にあるような
ごく普通のもので大丈夫です。

秋になるとモコモコしたルームシューズも
販売されていますね。

 
また、床がフローリングの家なら
カーペットを敷いてみましょう。

フローリングからの底冷えがなくなって
かなり温まるはずです。

じんわりと温めるのが好きな人は
まずはこれらの方法を試すことをおすすめします。

自分の好きなデザインのルームシューズや
カーペットを選べば、
テンションも上がると思いますよ!

しかし、冷え性だったり
冷えやすい部屋に住んでいたりする人は
それだけでは足りないかもしれません。

そういった場合は
ホットカーペットを下に敷いてみましょう。

普通のカーペットやルームシューズよりも
短時間で確実に足元が温まります。

威力も強いので、
寒いのが苦手な人におすすめです。

逆に暑いのが苦手な人が
ホットカーペットを併用すると
温まりすぎるかもしれません。

家族でダイニングこたつを使うときは、
それぞれの寒さの感じ方
しっかり聞いて対策を取るのが大切だと思います。

 

危険!こたつと組み合わせてはいけないものとは!?

「足にカイロを貼れば温まりそう」とか
ヒーターを入れたら即効で暖かくなる」
と考えるかもしれません。

しかし危険なので絶対にやめましょう

どちらもやけどや火事を起こす可能性があります。

○使い捨てカイロ

使い捨てカイロはお手軽なので
使いたくなる気持ちも分かります。

しかし、使い捨てカイロを貼ったまま
こたつに長時間入ると
低温やけどになる危険性があります。

例えば、44℃でおよそ3~4時間ほど
同じ場所に触れていると
低温やけどになります。

カイロを貼ったまま布団に入ると
そこだけ妙に熱くなったことはありませんか?

あの現象が、こたつだと
一層起こりやすくなります。

使い捨てカイロは局所的に温めるので、
貼った部分だけ熱くなりすぎる
という事態も起こりえます。

使い捨てカイロを貼ったまま
安易にこたつに入ることはやめておきましょう

 
○ヒーター

こたつの付属しているヒーターではなく
新たに別のヒーターを買ってこたつ内に入れるのは
おすすめできません

最近のヒーターは安全対策
されているものもありますが、
そうでない商品もあります。

例えば、こたつの中でヒーターが倒れて
足にやけどをするかもしれません。

ほかにも、
ヒーターにこたつ布団が当たり続けて
火事の原因になる可能性もあります。

ヒーターをこたつに入れるのは
かなり危険な行為なので、
やめたほうがいいでしょう。

 

まとめ

ダイニングこたつは場所も取らず
デスクとしても使えるので、
これから使用する人が増えると予想されます。

また、冬場にエアコンで部屋を暖めると
空気が乾燥しやすいので、
体にもあまりよくありませんね。

それを避けるためにこたつを使うのも
一つの手段だと思います。

デメリットである足元の冷えの対策はしっかり取って、
快適な冬を過ごしていきたいです。
タイトルとURLをコピーしました