高速道路料金の計算方法は?意外なルールを分かりやすく解説!

遠出をする際、
車で移動する人も多いと思いますが、
短い距離しか走っていないのに
高速道路の料金がやけに高いなと
感じたことはありませんか。

高速道路料金は、
場所によって異なります。

高速道路の料金は、以下の5つから
計算されます。
・走行距離
・1㎞あたりの料金
・車両の大きさ
・1回につき150円
・その他(特別料金、高速道路割引など)

また、都市部と地方では1㎞あたりの
計算が異なりますし、
特別料金もあります。

それでは詳しくご紹介します。

 
スポンサーリンク

なぜ利用料金が高い場所がある?全国共通料金の計算方法を解説

高速道路料金は、全国の高速道路で
共通の料金と場所によって異なる料金が
あります。

そのことを頭において高速道路料金を
知りましょう。

 

全国共通の高速道路料金

全国共通の高速道路料金は
以下の3つです。
・車両の大きさによる料金
・1回の高速道路料金
・100㎞以上の割引
 
問題は、車両の大きさでの価格差です。

一般的に人が外出などで乗る自動車は
軽自動車と普通車ですが、
軽自動車は普通車に比べて2割も
高速道路料金が安くなります。

その理由は、高速道路に与える影響です。
普通車の方が車両が大きい分、
道路に負担がかかるので高額になります。

ただし、軽自動車も大型ワゴンが
次々発売されていることから
2021年3月10日に開催された会議より
軽自動車の高速道路見直しも
検討されています。

いずれ、軽自動車も普通車も
車両の大きさでの料金の違いは
なくなるかもしれません。

次に1回の高速道路料金の料金と
100㎞以上の走行割引です。

1回の高速道路料金の割引は150円、
100㎞以上走行すると100㎞〜200㎞は
2.5割引、200㎞以上は3割引になります。

そのため、高速道路を一度降りてしまって
再度乗るより降りずに走行する方が、
1回の高速道路料金の節約になりますし、
長距離移動する人は、長距離割引を
受けやすくなります。

 

場所によって異なる高速道路料金

場所によって異なる高速道路料金は、
1㎞あたりの高速料金です。

一般的には1㎞あたり普通車24.6円です。

しかし、以下の場所は
1㎞あたりの料金が異なります。

すべて普通車の値段です。
・東京・大阪の大都市近郊区間:29.52円
・関門橋の下関IC~門司港IC間:64円
・関越自動車道(水上~湯沢):39.36円
・恵那山トンネル・飛騨トンネル:39.36円
 
都市部やトンネル・関門橋で値段が
高額になるのは作った費用はもちろん、
維持していく費用の関係で
一般の高速道路料金も高くなります。
 
関門橋の下関IC~門司港IC間は、
距離は4.3㎞ですが、高速道路料金は、
370円かかります。

 

知らないと損する⁈高速道路をお得に利用する3つの方法

高速道路料金は以下の方法で
お得に利用できます。

・ETCを取り付ける
・割引サービスを使う
・高速道路の乗り降りをしない
 
頻繁に利用する人におすすめなのは、
ETCの取り付けです。

ETC割引は主に以下の割引サービスを
受けられます。

・平日朝夕割引
・休日割引(最大30%)
・深夜割引(最大50%)
 
また、それぞれの高速道路の
ホームページで、観光シーズンになると
2~3日乗り放題プラン(ETC限定)
ありますので、事前に登録すれば
お得です。

 
次に乗り降りしないことです。

私は、車で長距離を移動した際、
高速道路のサービスエリアの
ガソリンスタンドが高いから一度降りて
ガソリンを入れた後、再度乗ったことが
ありますが、実は損していました。

長距離乗れば乗るほど、長距離割引が
お得ですし、150円も別にかかる必要が
ありません。

そのことを知った後は、高速道路で
数千円分(ゆとりをもって走行する距離分)
のガソリンを入れ、高速道路を降りた後に
満タン入れるようにしています。

長距離移動する際は、高速道路の
乗り降りをしないとお得に利用できます。

 

まとめ

私は、以前、高速道路を走行中、
大雪が降り1区間、高速道路が通行止めに
なりました。

長距離運転中だったので、長距離割引を
受けられませんでしたが、実は割引を
受けられます。

ETC以外の人は、降りる際に
乗り継ぎ証明書を発行してもらい、
再度高速道路に乗って料金を支払う前に
乗り継ぎ証明書を見せると割引に
なりますし、ETCカードは同じカードで
乗り降りすれば、自動的に長距離割引の
料金が適用されて引き落とされます。

風や台風、事故の影響で
通行止めになった場合でも同様です。

ETC以外で走行する人は、乗継証明書を
発行してもらわないと割引できませんので
注意しましょう。
タイトルとURLをコピーしました