ホテルの部屋が乾燥しているときの対策は?すぐに潤う4つの方法

ホテルに宿泊した際に、部屋が乾燥して
困った経験はありませんか?

ホテルの部屋は気密性が高く、
そこにエアコンを点けると
水分量が変わらずに空気が膨張するため、
さらに乾燥してしまいます。

ただ、ホテルでリラックスして過ごすには
乾燥は何とかしなければなりません。

エアコンを切ったり
ホテルから加湿器を借りたりできれば
問題はすぐ解決します。

しかし、夏や冬にエアコンなしで過ごすのは
難しいですし、ホテルで加湿器の貸し出しを
行っていないこともよくありますよね。

しかし安心してください。
そんなときの対策方法はこちらです。

・濡れタオルをかける
・コップに水を入れておく
・ポットで湯を沸かす
・マスクをして寝る

 
スポンサーリンク

ホテルの部屋にあるものですぐできる!簡単に加湿できる4つの方法

冒頭でも述べたように、
ホテルの部屋の乾燥はエアコンを切ることで
かなり改善されます。

また、加湿器を借りられれば
すぐに適切な湿度にできるでしょう。

しかし、季節や泊まったホテルによっては
それができないこともあります。

その場合に、
ホテルの部屋にあるものでできる対策法を
詳しく紹介しましょう。

 

濡れタオルをかける

部屋にある備え付けのバスタオルや
フェイスタオルを水で濡らし、
ハンガーにかけておきます。

入浴後のタオル
そのまま使うのもいいですね。

タオルに含まれる水分が蒸発して
部屋の湿度を上げてくれます。
 
2枚以上のタオルをかけておくと、
効果を感じやすいですよ。

かけておく場所としては、
ベッドの近くがおすすめです。

就寝中にも適切な湿度を
保つことができます。

 

コップに水を入れておく

コップ一杯の水を
枕元に置いておく方法です。

この方法だけでは
あまり効果が出ないのですが、
前途した濡れタオルを組み合わせると
枕元の加湿をじゅうぶんにできます。

また、寝ている間に喉が渇いたら
コップの水をそのまま飲めるので
就寝中におすすめの方法ですね。

 

ポットで湯を沸かす

ポットやケトルは
ホテルの部屋に備え付けてあります。

本来はお茶やコーヒーを飲むときに
お湯を沸かすためにあるものですね。

しかし、簡易的な加湿器として
使用することも可能です。

ポットに水を入れて湯を沸かし、
湧いたらフタを開けておくだけです。

蒸気で部屋の湿度を
一気に上げることができます。

注意してほしいのは、
沸かしている最中はフタを開けないことです。

フタを開けながら沸かすと
ほぼ無限に沸かし続けることができて
楽だと感じるかもしれませんね。

しかし、推奨されていない使い方であり
危険なのでやめましょう。
 
お湯が冷めてきたら、その都度フタを閉めて
沸かし直します。

 

マスクをして寝る

寝る時に乾燥が気になる場合は、
マスクをして寝るのも一つの方法です。

マスクの中は湿度が保たれるので、
喉の乾燥を防げますね。

ただ、マスクをして寝ると
息苦しく感じる場合があるので
合う人と合わない人がいることも
覚えておきましょう。

また、寝ている間に
無意識に取ってしまうこともあるので
マスクをして寝るのは最終手段と
考えたほうがいいかもしれません。

 

持ち運びに便利!ミニ加湿器はとくに乾燥が気になる人におススメ

ホテルによく泊まる人や、
かなり乾燥が気になる人には
ミニ加湿器がおすすめです。

最近では手のひらサイズの小さな加湿器
たくさん売られていますよね。

もしホテルで加湿器を借りられない場合でも、
ミニ加湿器を使えばいいのです。

特におすすめなのは、
・ペットボトルを使うタイプ
・ペーパータイプ
のミニ加湿器です。

ペットボトルを使うものや
ペーパータイプの加湿器は、
本体がかなり小さいので持ち運びが楽です。

 

まとめ

乾燥した部屋で一晩過ごして
喉が痛くなったり肌がかさかさに
なったりすると、次の日に響きます。

せっかくの出張や旅行なのに、
万全の調子でないのは損したような気分に
なりますね。

快適にホテルで過ごすためにも、
乾燥対策はしっかりと行いましょう。
タイトルとURLをコピーしました