バターケースを使うメリットは?箱のまま保存するより快適な理由4つ

料理でバターを使う人は、
どのようにして保存していますか?

買ってきた箱のまま冷蔵庫に保存している、
という方は多いかもしれませんね。

バターをよく使う人は、
専用のバターケースを使うのが
おすすめです。

最近では、木製やプラスチック製、
陶器製やガラス製など
たくさんの種類が売られています。

バターケースは、
箱のまま保存するときと比べて
いろいろなメリットがあります。

・におい移りがしない
・鮮度を保つ
・蓋の上でバターを切れる
・見た目がおしゃれになる

料理の質が上がったり
時短につながったりする
メリットがたくさんあります。

 
スポンサーリンク

料理の時短や美味しさアップに大活躍!バターケースのメリット4つ

バターケースは
基本的にバター以外の食品には使えません。

それが理由で持っていないという方も
多いかもしれませんね。

しかし、バターをバターケースで
保存するメリットは大きいです。

一つずつ詳しく解説しましょう。

 

におい移りがしない

箱のまま冷蔵庫に入れておくと、
他の食材のにおいがバターに
移ってしまうことはありませんか?

バターケースで保存すれば、
そのようなことは起こらなくなります。

紙の箱はにおいを通しやすいため
におい移りが激しいのですが、
バターケースに使われている素材が
におい移りしないからです。

 

鮮度を保つ

バターケースを使う上で最大のメリットと
言えるのは、鮮度が保たれることです。

実はバターは、空気に触れると
急速に鮮度が落ちてしまいます。

その結果、最初のころよりも
風味が落ちてしまうのです。

バターケースに入れて保存すると
空気に触れる部分が非常に少なくなります。

特にパッキン付きの密閉性が高い容器なら、
バターをほとんど空気に触れさせずに
済みますね。

よって、開封から長期間経過していても
バターケースなら風味が落ちにくいのです。

また、木製のバターケースは
冷蔵庫の中でバターや固くなるのも
防いでくれます。

お菓子作りにバターを使う人は、
バターの味や鮮度は大事ですよね。

通常の箱からバターケースに変えるだけで、
バターの美味しさは守られます。

 

蓋の上でバターを切れる

料理中に箱からバターを取り出し
包みを開けてまな板の上で切るのは
非常に面倒ではありませんか?

バターを使うたびに
毎回このような手間がかかるのでは、
料理が億劫になってしまうかもしれません。

バターケースなら、
蓋をまな板代わりにして
使うことができます。

ケースをひっくり返して蓋を開ければ
バターが蓋に綺麗に収まります。

そのまま蓋の上で
バターを切るだけでいいのです。

とても楽になりそうですね。

 

見た目がおしゃれになる

バターケースは素材や模様のレパートリーが
たくさんあります。

自分の好きな柄のバターケースを使えば、
食卓が華やかになりますよ。
 
また、買ってきた箱のままだと
生活感が出て嫌だと感じる人も
バターケースに入れ替えれば解決できます。

 

バターケースのデメリットは?お手入れ方法とコスパも安心な理由

いいこと尽くしのバターケースですが、
デメリットもあります。

まずは、値段が少し張ることです。
安い商品でも1000円以上はします。

言い換えれば、長く使うものなので
しっかりと作られているということですね。

もう一つのデメリットは定期的に洗わないと
バターが残ってしまうことです。

特にケースの四隅にはバターが残りやすく、
見た目が悪くなってしまいます。

バターを使い切ったら新しいバターを
入れる前に洗剤で洗いましょう。
 
四隅が丸くなっているバターケースなら、
バターが隅にくっつきにくくなります。

 

まとめ

 
バターケースは、
日々のお手入れさえしていれば
ケースが割れるまでずっと使えます。

最初は高いと感じるかもしれませんが、
長く使うことを考えると
コスパは非常に良いですね。

バターをよく使うのに
箱のまま保存している人は、
ぜひバターケースに替えるのを
検討してみてください。
タイトルとURLをコピーしました