ドローンの配達にはどんなメリットがある?社会問題の解決に大貢献!

近年、ドローンを使って荷物を配達する
ドローン宅配へ向けての実証実験が
行われています。

日本だけでなく世界各国でも
実験が繰り返され、Amazonや楽天など
大手企業も参加してきました。

まだ一般には広まっていない
ドローン宅配ですが、実現すれば
配達業界にとっても
私たち一般市民にとっても良いことが
たくさんあると考えられます。

では、ドローンでの配達には
どんなメリットがあるのでしょうか?

代表的なものとしては、
・人手不足解消になる
・過疎地への配達が容易になる
・渋滞に巻き込まれない
・空輸の中ではコストがかからない

この4つがあります。

 
スポンサーリンク

輸送問題が解決されて便利になる!ドローン配達のメリット4点

ドローンでの配達が実用化されると、
今まで配達業界が抱えてきた問題や
私たち受け取る側が面倒だと
感じてきたことを解消できる可能性が
あります。

先ほど挙げた4つのメリットについて、
具体的に解説しましょう。

人手不足解消になる

配達員の人手不足は深刻化しています。

ネット通販で誰でも気軽に商品を
注文できるようになったため、
宅配の数は年々増える一方です。

このままだと
配達員のキャパオーバーになってしまいます。

また、配達に行っても不在であるため
再配達をしなければいけない、という問題も
最近ではよく聞きますよね。

再配達をすると同じ家に
2度行くことになるので、
配達員の負担も2倍になります。

もしドローンで荷物を配達できるように
なれば、配達員の負担は減ることでしょう。

ドローンなら荷物を運んで自宅前に
置くだけなので、再配達問題にも
悩まされることはありませんね。

人とドローンで荷物を分担すれば、
人手不足解消にもつながります。

 

過疎地への配達が容易になる

過疎地の特徴として、高齢者の割合が多い
ということが挙げられます。

過疎地では
スーパーやコンビニも近くにないため、
食料品の買い出しには車が必要になります。

しかし、足腰の弱い高齢者だと、
車の運転には不安が残ります。

買い物難民という言葉を聞いたことが
あるかもしれませんが、過疎地では
大きな問題になっています。

ドローンで過疎地の高齢者の家へ
荷物を運ぶことで、この問題は
解決できそうです。

 

渋滞に巻き込まれない

ドローンは、道路渋滞には一切関与しません。

都市部では渋滞が起こることも度々あり、
配達時間が遅れることもあります。

速達の荷物を運ぶ際にドローンが
活躍しそうですね。

渋滞に巻き込まれなければ、
配達時間も短くなり、より多くの荷物を
運ぶこともできるようになります。

 

空輸の中ではコストがかからない

今までは空輸と言えば、
飛行機やヘリしかありませんでした。

どちらも優れた輸送手段ですが、
飛行機やヘリは大量の荷物を運ぶのに
特化しており、個人の荷物を運ぶのには
全く向いていません。

ドローンは、個人の荷物を運ぶのに優れており、
コストがかからない手段です。

空輸で新たな選択肢が生まれるのは、
とてもいいことですね。

 

安全に運行するためには?ドローン配達のデメリット2点と解決策

非常に便利だと思われるドローンでの
配達ですが、デメリットもあります。

悪天候では飛べないかもしれない

大雨や雷、強風時はドローンを飛ばすのは
困難になります。

安定した飛行ができないためです。

ただ、悪天候時は人手を使った配達でも
遅れることはしょっちゅうあります。

ドローンは万能ではなく、
天候が悪いときには使えないという点を
広く周知する必要がありますね。

 

途中でドローンが破損する可能性がある

飛行中にドローンが落ちたり
ビルにぶつかって破損する可能性があります。

その際に荷物も一緒に落下して
壊れてしまいますね。

また、人の上に落下したら
大事故につながります。

ドローン配達の保証制度を整備してから
実用化するのが不可欠でしょう。

 

まとめ

ドローン配達にはメリットも多いのですが、
デメリットが重大なものであると
考えられます。

しかし、少子高齢化や人員不足により、
今のままの配達方法だけでは
回らなくなるのは目に見えていますね。

保証制度をしっかり定めて
トラブルが起きても対処できるような
体制を作り、安全なドローン配達が
実現されるといいですね。
タイトルとURLをコピーしました