覚えておくべき!缶詰の賞味期限は何年?表示の見方と保存方法とは!?

魚の缶詰やツナ缶など種類が少なかった缶詰
ですが、現在はさまざまな缶詰があります。

缶詰の魅力と言えば、手軽に食べれることや
賞味期限の長さです。

缶詰はどの位の賞味期限があるのでしょう。
賞味期限を見る方法や保存方法を知ると
缶詰を生活の一部として有効に
活用できますよ。

 
缶詰の賞味期限や美味しい食べ方を知るには
以下のポイントがあります。

①金属の容器に入っているものは全てを
缶詰とは言わず、2種類の種類に
分けられる。

②賞味期限の表示は日本製も海外製も
同じで、表示方法は省略されている

➂缶詰は直射日光の当たらない場所で
常温保存が基本

それでは詳しく紹介していきます。
缶詰の賞味期限の見方や缶詰とは
どのようなものかを知り、
缶詰を美味しく食べましょう。

 
スポンサーリンク

缶詰の基本!賞味期限の見方と正しい保存方法は?

缶詰と言えば、金属の缶に入っているものは
全て缶詰と思いますよね。

筆者も同じことを思っていましたので
気持ちは分かります。

しかし、金属の缶に入っている全ての
ものが缶詰とは言わないようなのです。

缶詰とはどのようなものか、
一般的な賞味期限・保管方法を知り、
缶詰の購入に役立てましょう。

 

金属の入れ物は「缶詰」と「缶入り」の2種類ある

缶詰とは、金属製容器(缶)に入れて封をし
加熱処理をしたものだけを缶詰と言い、
かんぱんなどの乾燥食品の製品を単に
金属缶に詰めて密封したものは缶詰とは
呼ばず、「缶入り」という
製品となります。

ただし、例外もあり、果汁製品などのように
缶に詰める前に殺菌を行ったものも
缶詰と呼びます。

また、缶詰は日本の品質表示基準や
食品衛生法で決められた加工方法が
決められている製品です。

無理な加工はしていませんので
安心して食べられます。
 

缶詰の賞味期限は2~3年、賞味期限が切れたあとは食べられないの?

気になる賞味期限に関してですが、一般的に
缶詰の賞味期限は2年から3年です。

缶詰は缶の蓋の部分に「年月」
もしくは「年月日」が表示されています。

2021年11月10日の場合、「21.11」
もしくは「21.11.10」2021年の20の
部分を省略されていることが
多いですので、注意が必要です。

また、缶詰には食品を腐らせる細菌が
いないことから賞味期限であっても
食べることが可能です。

しかし、缶詰に穴が空いていたり、
変形していると食べられないことが
ありますので缶詰の状態をしっかり
見たうえで食べましょう。

最後に缶詰の保管方法に関してですが、
缶詰は常温保管が可能です。

直射日光に当てると缶詰内が悪くなること
がありますので、直射日光に当てずに
保管しましょう。

 

国産とは違う!?海外製の缶詰に見られる表記とは?

現在では、海外製の缶詰も
多く出回っていますよね。

筆者は先日、海外製の缶詰を
もらいましたが、製品に不安を感じ、
開けるのに抵抗があった
経験があります。

しかし、安心してください。
海外製の缶詰も国産と同じように
原産地国名、賞味期限、アレルギー表示が
されているのです。

原産地が複数ある場合は原材料及び
添加物に占める重量の割合の高いものから
順に表示されるほか、アレルギーや
賞味期限も同じように書かれています。

原産地国が書かれていないものは、
全て国産の缶詰となっています。

 
次に賞味期限ですが、賞味期限も
国産と同じように表示されています。

ただし、海外からお土産でもらったもの
などは時差の関係もありますので、
賞味期限より少し早く食べることを
おすすめします。

最後に原料の品種名に関しては、
原料の英語を上段左から第1位、
第2位の文字を組み合わせた2文字
(例えば牛肉はBFなど)と省略されている
ことが多いです。

アレルギーなどが心配な人は
きちんと表示を調べた上で
食べるようにしましょう。

 

まとめ

缶詰は早く食べた方が美味しいのではないか
と思いますよね。

私は、新鮮な方がおいしいと思ってしまい、
すぐに食べてしまいます。

また、缶詰は購入後すぐに食べないと
忘れてしまい、賞味期限間近だったことも
しばしば…

しかし、肉の角煮や魚の水煮などは
製造後すぐに缶詰に入れるため、
半年から1年後に食べる方が味も染み込んで
美味しいんです。
 
このことを知ってから、缶詰は購入後、
時間が経って食べるようにしています。

また、食べ方に関しても、温めて食べる場合
鍋などに缶詰から移し替えるよりも、
缶詰の蓋を開けずに缶詰のまま湯せんすると
より美味しく食べられます。
 
缶詰のことを知り、正しい知識で美味しく
缶詰を食べましょう。
タイトルとURLをコピーしました