4kテレビの必要性はある?必要がないと言われる意外な理由とは⁈

最近、4kテレビを
よく見かけるようになりました。

4kテレビは
これまでのフルハイビジョンテレビと比べて
圧倒的に綺麗な映像を映すことができるので、
注目を集めています。

しかし、現状では4kテレビは
必要性がないという意見も耳にしますね。

なぜ4kテレビの必要性を
問われるのでしょうか?

4kテレビは必要ないと言われる大きな理由は、
対応している番組や媒体が
まだ少ないからです。

今のところ、4kの映像は主流ではないため
積極的に取り入れようとしない限り
宝の持ち腐れになってしまう可能性がある
ということですね。

しかし、YouTubeやサブスク配信で4k映像を
見たい人やPS5、Ibox Series Xなどの
4k対応ゲーム機で遊びたい人など
明確な目的があるなら4kテレビを
おすすめします。

 
スポンサーリンク

4kテレビが無駄になる⁈4k対応していない3つのサービスを紹介

冒頭でも述べたように、
4kテレビに対応しているものは
まだ多くはありません。

4kテレビで誤解されがちなのですが、
4kテレビを買っただけでは4k映像を
見ることはできないのです。

まずは、4k映像に対応していないものを
挙げていきましょう。

 

地上波デジタル放送

地デジは4kではなく、
フルハイビジョンまでしか対応していません。
 
地デジの放送を4kにするという計画も
ありますが、時期は未定です。

 

DVDやBlu-ray

DVD、Blu-rayの映像も
フルハイビジョンまでで、4kではないです。

DVDを4k対応テレビで再生しても、
4kの映像で見れることはありません。
 
 

ニンテンドースイッチやPS4

ゲーム機では、ニンテンドースイッチやPS4は
4kではありません。

ただ、PS4 Proなら4k映像にも
対応しています。

以上の点を踏まえると、
テレビは地デジしか見ない、
ゲームもスイッチかPS4、
DVDは時々見るという家庭では4kテレビの
良さを全く活かせないということになります。

 

4kテレビに向いている人は?4k対応している4つのサービスを紹介

 
では反対に、4kテレビが必要なのは
どんな場合でしょう?

冒頭でも少し触れましたが、詳しく解説します。

YouTubeやサブスク配信を4kで見たい人

最近では、YouTubeやサブスク配信の中で
4k対応の映像が増えてきました。

YouTubeは投稿者が4k映像を投稿していれば、
見ることができます。

また、サブスクでも
NetFlixやAmazonプライムビデオ、Apple TV+
などで数多くの4k作品を見ることができます。

 

BSやCSで4k対応放送を見たい人

地デジはフルハイビジョンまでですが、
BSやCSでは4k対応の番組が
たくさんあります。

チューナーとアンテナが必要になりますが、
4kテレビと共に用意すれば観賞可能です。

 

PS5、Xbox Series Xでゲームをする人

PS5やXbox Series Xで対応ゲームソフトを
使って遊ぶときは4kで遊ぶことができます。

4kのゲーム画面は、
フルハイビジョンのときと比べて
全く別物と言っていいくらい綺麗なので、
これらのゲーム機を持っているなら
4kテレビは必須とも言えますね。

 

Ultra HD Blu-rayで見る人

Ultra HD Blu-rayは、
Blu-rayよりも後に作られたもので
4k映像に対応しています。

まだあまり普及していませんが、
Ultra HD Blu-rayを持っているなら
4kテレビにする価値はありそうです。

 

まとめ

 
4kテレビは今のところ、絶対に買った方が
いいとは言いにくいかもしれません。

やはり4k対応の作品よりも未対応の数が
多いのがネックですね。

ただ、4kテレビについて私個人としては、
次にテレビを買い替えるときには
4kにしたほうがいいかもしれない、
と考えています。

というのも、ここ数年くらいで
4kテレビの価格は下がってきているからです。

これは4kテレビが市場に
出回り始めているということですね。

また、今後は4k映像も増えていき
減っていくことはないので、将来的には
4kテレビが一般的なものになる可能性も
十分あります。

気になったら、まずは家電量販店で実際の
4k映像を確認してみてはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました