会社勤め必見!台風の時の通勤はどうする?対処法とお勧めの持ち物

秋は台風の季節です。
大型の台風は、
大雨や暴風とともに
日本列島へやってきます。

 
そんなときは
家に引きこもって
やり過ごしたい。
でも会社に行かなきゃ
いけない…。

休めるなら休暇を取って
しまいたいところですが、
無理なときもありますよね。

 
 
台風が近づいていても
通勤しなければいけない時、
どんな交通手段服装
通勤したらいいのでしょうか?

 
ずばり、台風のときの
最適な通勤方法は
会社が近ければ徒歩
遠ければタクシー

そして絶対に着替え
持っていくこと!

これが鉄則です。

 
 
スポンサーリンク

要注意!通勤手段を選ぶ時のポイントとは!?

通勤手段ですが、
〇徒歩・車・タクシー
△電車・バス
×自転車・バイク

このような感じです。
なぜなのか
説明していきますね!

 
 
まず、自宅から会社まで
歩いていけるなら
徒歩で通勤しましょう。

ほかの交通手段と違って、
徒歩なら遅刻する可能性は
低めです。

 
なかなか進まずに
イライラすることもありません。

自分のペース
歩いていくことができるので、
気持ち的にはラクですね。

私も会社が近ければ
絶対歩いていきますね。

 
また、徒歩なら帰りの
電車の心配もなくなります

 
 
徒歩通勤での注意点
2つあります。

1つめですが、
側溝に足がハマる危険や
木が倒れてくる危険があるため
道の端を歩くのは避けましょう

 
 
2つめに、徒歩通勤では
絶対に服が濡れます
大雨・横殴りの風なら
傘も使えずビショビショです。

着替えを用意しないと
風邪をひいてしまうかも。

 
 
次に、
会社が遠くにある場合は
車やタクシーがおすすめです。

どちらも車内が混雑することは
ありませんよね。
これだけでかなりのストレス
減らせます!

 
注意点ですが、
車で行くならいつも以上に
安全運転でいきましょう!

大雨で周りが見えにくく
なりますし、
風でなにかが飛んでくるかも
しれませんからね。

 
また、道路は渋滞するので
時間に余裕をもって出発しましょう。

 
 
タクシーの場合は、
予約できるなら必ず予約しましょう

当日に
タクシーに乗ろうとすると
行列に並ぶ羽目になります。

 
私は当日あわてて並んだら
最長1時間半待ったことがあり、
もう心の中は絶望でした。

 
電車バスを使うのは
気を付けたほうがいいです。

 
大雨や暴風で
電車がストップすることがあります。

 
もし電車に乗る前に
それが分かれば別の手段に
切りかえられますが、
電車に乗ってしまった後で
動かなくなったら…。

どうすることもできません!

しかも、混雑して
湿気でジメジメした電車内で
待つことになります。

 
 
会社に着く前に体力も気力も
使い果たしてしまいますね。

 
バスは動かなくなることは
ありませんが、
渋滞に巻き込まれたら
かなりの大遅延になります。

バス停で
乗客の乗り降りもあるので、
車と比べてはるかに時間が
かかります

 
できるだけ電車やバスは
避けたほうがいいですね。

 
もしそれしか手段がなければ、
ものすごく時間に
余裕を持たせて出発しましょう。

 
 
最後に、
自転車バイクはやめましょう

どちらも雨で滑りやすく、
風で転倒しやすいからです。

 
風にあおられて
転ぶくらいならまだしも、
ほかの車を巻き込んだ事故
なりかねません。

とても危険なので
台風のときは自転車や
バイクでの通勤はやめましょう!

 
 

考えるべき到着後のこと!台風の日の持ち物まとめ!

まず、台風のときに
完全に濡れずに通勤するのは
ほぼ不可能です!

 
どんなに頑張っても
少しは濡れます。

なので、
着替えは持っていきましょう。

シャツ靴下
一度濡れると不快感MAXなので
このふたつは必須です。

 
もしも、
通勤のときの服装が自由なら、
スーツはカバンの中に
しまっておいて
濡れてもいいラフな服装
通勤しましょう。

会社に着いてから
きれいなスーツに着替えれば
衛生的ですね。

 
 
では、
なるべく濡れないための
服装はというと…。

レインコート長靴
着用しましょう!

 
レインコートは
袖口がしまっているものだと
雨水が入り込みにくくなります。

カバンにも防水カバー
かけましょう。

 
 
さらに、
台風のときに持っていくと
便利なものがあります。

 
まず大きなタオル
濡れたものを拭くときに
活躍します。

濡れてもすぐに拭けば、
放置するよりかは
断然きれいです。

 
また、貴重品は
ビニール袋に入れてから
カバンにしまいましょう。

こうしておけば、
万が一カバンの中に
雨水が浸み込んでも
大丈夫です!

 
もし
モバイルバッテリーがあるなら、
持っていくといいでしょう。

台風情報電車情報など、
普段よりもスマホを
チェックする時間が増えて
充電の減りが早くなる
かもしれません。

 
停電した場合でも、
モバイルバッテリーがあれば
安心できますよね。

 
 

まとめ

台風のときは、なるべく
公共交通機関は使わずに
通勤するのがいいですね。

 
また、
着替えを一緒に持っていけば
びしょ濡れになったとしても
清潔な服装に着替えられます。

濡れないための工夫
いろいろできますね。

 
台風のときの通勤は
体力を使いますし、
精神力も消耗します。

 
できるだけ元気な状態のまま
会社に着くためには
しっかりとした準備
していきましょう!

備えあれば憂いなし」です!
タイトルとURLをコピーしました