【注目】新しい個室付き観光列車のおすすめ旅!東京と伊豆を結ぶ!

現在、個室のある列車が人気を集めています。
個室付きの列車というと、観光列車
寝台列車などでよく見られます。

 
個室付きの列車は、たいていの場合
旅行で利用されます。
旅行で利用する公共交通機関というと、
新幹線や飛行機、高速バスを連想しますよね。

個室のある列車はそれらと違い、
それぞれのグループのプライバシー
確保されるため最近になって注目
集めています。

 
個室付きの列車に乗ってみたいけど、初めてだから
どの列車にしたらいいのか分からない…というあなた。

 
そんなあなたにおすすめの列車は、東京~伊豆を結ぶ
『サフィール踊り子』です!

 
 
スポンサーリンク

ここがスゴイ!サフィール踊り子をお勧めする3つの理由とは?

サフィール踊り子は、東京駅から横浜~伊東
を経由し終点の伊豆急下田(静岡県)まで
運行する観光列車です。

この列車のうち、2・3号車は個室となっていて、
1~4人用の部屋1~6人用の部屋があります。

 
 
初めての方にこの列車をおすすめする理由
3つ説明していきましょう。

 
①所要時間が短い

個室付きの列車というと、寝台列車のように
長時間乗車するものを思い浮かべるかもしれません。

いきなり長い時間の乗車に挑戦するとなると、
出発までの準備が大変になってしまいます。

 
しかし、サフィール踊り子なら
始発駅の東京駅から終点駅の伊豆急下田駅まで
乗っても、かかる時間は約2時間半です。

長すぎず短すぎない、ちょうどよい
時間の長さだと思います。

 
②きれいな車両と景色が見られる

サフィール踊り子は、
2020年3月に運行開始しました。

まだまだ新しい列車ですね。
そのため、車体はもちろんピカピカです。
乗る前に列車の前で記念撮影をしたら、
忘れられない思い出になると思います。

個室にはコンセント口やテーブル、
ソファなどの設備も充実しています。
スマホの充電もできますね。

 
また、個室のある部屋は必ず海側に
大きな窓が付いています。
伊豆の青く輝く海を眺めながら時間を
過ごすことができるのです。

サフィール踊り子の「サフィール」は、フランス語で
サファイヤという意味です。
伊豆半島の海は、太陽の光によって輝きが増します。
列車の名前になるほど海が美しいということですね。

 
目的地へ行くまでの間も、素敵な景色を
堪能できるのは嬉しいですよね。

私も海を優雅に眺めながら電車に乗れたら、
きっとテンションが上がると思います!

 
 
③手軽にオリジナルメニューを食べられる

4号車には食堂がありますが、
なんと個室の乗客はわざわざ食堂へ行かなくても
部屋までデリバリーをしてくれます!

スマホで事前に予約できるので、
列車に乗ったら食事が来るのを待つだけです。
とても楽ですね。

 
メニューも充実しており、
神保町の名店『傅』の長谷川在佑氏が監修した
限定ヌードルを食べることができます。

10月15日からは新メニュー、
チャーシューヌードルも登場しますよ。

そのほかにも、富士山パンやかつおスナック、
温州みかん100%のジュースなど静岡の特産品を
お手軽に味わうことができます。

 
私は乗車中に空腹で気持ち悪くなることがありますが、
これならそんな心配もせずに済みそうです。

まずは列車で軽く食べてから、
現地でがっつりとグルメを楽しめますね!

 

要注意!サフィール踊り子をより楽しむために気を付けることは?

サフィール踊り子に乗るときに
気を付けることはなんでしょう?
乗車前から乗車中の注意点を説明します。

 
○乗車前

まず予約ですが、個室のきっぷはJRの
みどりの窓口でのみ購入できます。
インターネット予約は扱っていないので気を付けましょう

みどりの窓口は曜日と時間帯によっては
大混雑するのでいつ買いに行くかを事前に
計画しておくといいと思います。

また、事前に食事の予約も忘れないようにしましょう。
数に限りがあるため当日の注文は、
空きがある場合しか受け付けてもらえません。

食事予約はスマホから行えるので、
すぐにしておきましょう。

 
○乗車後

個室ではプライバシーが確保されますが、
勝手に備品を動かしたりするのはやめましょう。

また、体調が悪くなったときは係の人に伝えてください。
すぐに対応してもらえます。

 
これらのことに注意して、旅行をしたいですね。

 

まとめ

サフィール踊り子は、気軽に楽しめる個室観光列車です。

友達同士で集まっておしゃべりをしながら
過ごすもいいですし、恋人・夫婦で景色を
満喫しながらゆったり過ごすのにも向いています。

 
せっかく旅行に行くなら、その過程も
充実したものにしたいですよね。
サフィール踊り子なら、
その希望がきっと叶うことでしょう。

そしてこの列車に乗ってみて、
全国にたくさんある他の観光列車にも
興味を持ってもらえたら嬉しいです。
タイトルとURLをコピーしました