給料?給与?手取りの違いとは?社会人が知っておくべき基礎知識!

給料・給与・手取り…これらの単語を聞くと
どれも会社員の収入に関する単語だとは
すぐに理解できるかと思います。

でも、もしかしたら
「全部同じ意味じゃないの?」と
思っている方もいるかもしれませんね。

それくらい言葉としてはよく似ていますし、
呼び名も非常に多い!

実は各々下記のような意味となります。

給料…いわゆる基本給。
残業代など諸手当を含まない報酬。

給与…会社から支給されるすべての報酬。
ボーナスなどもここに含まれます。

手取り…給与から税金や社会保険料などが
控除された、実質私たちの手元に入るお金。

…という感じ。

本当は3つとも全く違うんです!
日常会話では混同しがちですが、
意味合いを知らないと
損をすることもあるかもしれません。

それでは詳しく解説していきますね!

 
スポンサーリンク

もう間違えない!給料・給与・手取りの違いを詳しく説明!

前述を読んでいただくと
給料・給与・手取り』は、
少しずつ指している報酬の内容が違うことが
お伝え出来たかと思います。

では、詳しく
『何がどう違うのか』を解説していきますね。

 

給料

【給料=基本給
基本給とは文字通り、
『お給料の基本』となるものです。

一定期間働くことで受け取れる
毎月決まっている報酬ですね。

基本給の決め方は会社によって異なります。

 

給与

【給与=会社からもらえる全ての報酬
給与には様々なお金が加算されています。

『ボーナス』『インセンティブ』
『残業費(時間外報酬)』などの
追加報酬はもちろん、『通勤手当』も
給与に含まれます。

ちなみに『給与』はお金だけとは
限りません。

食事などの『現物支給』や
社員販売などを『商品を安く買う権利』、
『福利厚生施設の利用』なども
『現物支給の給与』に当てはまります。

しかしこれらは価値の査定が難しいため、
課税対象ではありません。

 

手取り

【手取り=給与から税金などが控除された
実質手元に入るお金
一番意識する金額ですね!

私たちの手取りは、
給与から様々なものが控除されています。

『社会保険料』(健康保険料・
厚生年金保険料)は給与に対して
約15%の割合で課税されています。

さらに、『雇用保険料』『所得税』
『住民税』40歳以上60歳以下の方は
『介護保険料』と課税され、
ようやく私たちの受け取り金額である
手取り額』となるのです。

「給与額がそのまま支給されたら
いいのに!」と思うのは
筆者だけじゃないはず…!(笑)

 

月給と月収の違いとは?正しく使い分けられていますか?

上記の3つと同様、よく混合されるのが
月給』と『月収』の違いです。

『月給』とは
『毎月固定で支払われる賃金』のことです。

『給料』と同様に感じますが、
『月給』の場合は『基本給』に
固定手当』を足した金額となりますので
少しだけ違います。

この『固定手当』とは、
役職手当や資格手当などを指します。

一方の『月収』とは、
前述の『給与』の意味に近しいものです。

『基本給+固定手当+変動手当』が
月収と呼ばれます。

変動手当』とは成績によって
金額が前後するインセンティブや
時間外手当、通勤手当を指します。

 

まとめ

全て同じ報酬を指す言葉ですが、
種類が多くてややこしいですよね…。

日常会話ではそこまで
気にしていない方も多いと思うので、
これらの知識はあまり使うシーンは
無いかもしれません。

しかしお金に関する知識
知っていて損はありません。

多くの方が額面給与手取りさえ高ければ
基本給を気にしないのでは、と思います。

実際、私もそうでした。

内訳の計算を意識したのは
基本給が低いと損をすることが多い
という同僚の一言からでした。

そこから芋づる式に
色々調べた経緯があるのですが、
まず『仕事の報酬』に関する呼び名が
多いこと多いこと…。(笑)

基本の「き」のつもりで、
給与・給料に関する呼び名知識を知って
掘り下げると調べものもしやすいですよ!
タイトルとURLをコピーしました