何輪かで意味が変わる!?バラをプレゼントする時におすすめな本数

バラの花束がプレゼントにおすすめ、
というのは一体なぜなんでしょうか?

確かにバラの花束って、
プレゼントに贈る人も多いですよね。

中には一輪のバラをプレゼントするという場合も!

実はバラって、
本数によって意味が違ってくるんですよ。

ということで今回は、
バラをプレゼントする際に、
おすすめな本数を詳しく紹介していきます!
スポンサーリンク

バラのプレゼントなら一輪がおすすめ?その理由とは?

バラをプレゼントするのでしたら、
一輪がおすすめなんですよ!

というのも、
一輪のバラには『一目ぼれ』や、
あなたしかいない』など、
とっても素敵な意味がこめられているから。

つまり恋人にバラをプレゼントするのには、
一輪だけでもすごく最適なんですよね!

ということで、
もし恋人にバラをプレゼントしよう、
と考えているのでしたら、

一輪のバラをプレゼントしましょう。

でも、
記念日などでやっぱり一輪だけだと寂しい、
という場合もありますよね。

そんな時は、もっと多くのバラを贈りたいもの。

薔薇の花束をプレゼントする際は、
本数によって意味が変わってくるので、
ぜひ良い意味になるように本数を決めていきましょう。

では続いて、
本数によって変わる、
バラの花束の意味を解説していきますね!

バラの花束をプレゼントする時に使える!本数で変わる意味は他にも!

バラの花は以下のように、本数によって、
意味が変わってきます。

2輪…『この世界に二人だけ』

3輪…『愛している』、『告白』

4輪…『死ぬまで愛しています』

5輪…『あなたに出会えて心から嬉しい』

6輪…『あなたに夢中』、『お互いに敬い愛し、分かち合いましょう』

7輪…『ひそかな愛』

8輪…『あなたの思いやりに感謝しています』

9輪…『いつも一緒にいてほしい』、『いつもあなたを想っています』

10輪…『あなたはかわいい人』、『あなたは完璧』

11輪…『最愛』

12輪…『私と付き合ってください』、『私の妻になってください』

13輪…『永遠の友情』

14輪…『誇りに思う』

15輪…『ごめんなさい』

16輪…『不安な愛』

17輪…『絶望的な愛』

18輪…『誠実』、『誠意のある告白』

19輪…『忍耐と期待』

20輪…『真心』、『私のひとひらの愛』

100輪…『100%の愛』

101輪…『これ以上ないほど愛しています』

108輪…『結婚してください』

以上のように、
バラの花束は本数によって、
意味が変わってくるんですね。

そのためうっかりネガティブな意味の、
15輪17輪を選ばないよう、
注意しておくようにしましょう。

大切な女性にバラの花束を贈るのでしたら、
ぜひ本数の意味を知っておいて、
素敵な意味の本数の花束を贈るようにしてくださいね。

そうすれば、
とっても素敵なバラの贈り物になりますよ!

まとめ

バラの花をプレゼントするのでしたら、
一輪が特におすすめ!

『一目ぼれ』や『あなたしかいない』など、
とても良い意味がこめられているので、
プレゼントに最適なんですよ。

ただし、バラは本数によって、
ネガティブな意味になってしまう場合もあるので、
ぜひ本数の意味も知っておいて、
バラの花束をプレゼントしましょう!
タイトルとURLをコピーしました