景品が届く人気のオンラインクレーンゲームの気になる仕組みとは?

スマホやパソコンからプレイできる、
オンラインクレーンゲームの人気が
上昇しています。

 
わざわざゲームセンターに行かなくても
家にいながらクレーンゲームが
できるのは、便利でお手軽ですね。

 
 
そんな人気のオンラインクレーンゲーム
ですが、どのような仕組みで動いている
のでしょうか?

 
 
オンラインクレーンゲームの倉庫や
工場では、クレーンゲーム筐体を常に
カメラで撮影しています。

 
撮影している映像を、プレイヤーの
操作ボタンと連動させることで動かせる
のです。

 
 
スポンサーリンク

正面からだけじゃない?!カメラと連動してリアルタイムで動かせる!

オンラインクレーンゲームの倉庫には、
膨大な数の筐体が並べられています。

 
その一つ一つにカメラが複数設置されて
います。正面や両横、さらには上に
カメラが置かれており、多いところでは
一つの筐体に8台ほどカメラが設置されて
いるのです。

 
その映像はリアルタイムで配信され、
プレイヤーの操作と連動して動くように
なっています。

 
自分の好きなアングルで
操作することができるのはとても嬉しい
ですね。

 
クレーンゲームをプレイするとき
正面しか見えないと、ほとんどの場合、
納得のいく操作ができません。
 
 
ぴったりに見えても奥行きが大幅に
違っていてお金を無駄にするという
悲しい経験をしたことがある人も
いるでしょう。

 
そのようなことが起こらないような
工夫がされているのですね。

 
 
見事景品が取れたら、後日郵送で届きます。

 
 
また、景品が引っかかるなどのトラブル
起きた場合は、チャットやメッセージ
送ればその場でスタッフが対応してくれます。

オンラインだからといって完全に無人では
ないので、そのあたりの心配も要りませんね!

 
 
個人的には、トラブルが起きたときの対処が
心配だったのですが、実際にトラブルが
起きた時に解決してもらえた人も多く、
安心して遊べますよ。

 

自宅にいながら楽しめる!実店舗との5つの違いを紹介!

オンラインクレーンゲームの仕組みが
分かったところで、次は実店舗との違い
紹介しましょう。

 
・クレジットなどでチャージできる
 
・景品の種類が豊富
 
・24時間365日稼働している
 
・ラグが起こる場合がある
 
・待機人数が見える
 
この5点が実店舗と違う部分です。

 

クレジットなどでチャージできる

実店舗では現金でしか遊べませんが、
オンラインならクレジットで払えます。

人気な台だと、100円玉がなくなって
両替している間に他の人に取られて
しまいますよね。
あれはかなり悔しい思いをします…。

オンラインならあのような悲劇は
起こりません。

景品の種類が豊富

オンラインクレーンゲームでは、
人気景品はもちろん
ニッチな景品もたくさん揃っています。

お菓子の詰め合わせ食品・雑貨類など、
ぬいぐるみにあまり興味がない人でも
喜ぶ景品がたくさんあるので、
今までクレーンゲームに興味がなかった
人にもおすすめできます。

24時間365日稼働している

これは実店舗との大きな違いであり、
最大のメリットともいえます。
思い立ったらすぐできるのは便利ですね。

 
 
ちょっとした隙間時間に遊ぶのもできますし、
夜中に熱中することもできます。

 
 
私的には、通勤時間にちょこっと遊ぶのが
おすすめです。
はまり過ぎることもなく、適度に
楽しめますよ。

 

ラグが起こる場合がある

リアルタイム配信している
オンラインクレーンゲームですが、
やはり若干ラグが発生することもあります。

運営会社によってラグの感覚も異なります。
最初の数回は試しに動かす気持ちで、
だんだん慣れていきましょう。

 

待機人数が見える

オンラインクレーンゲームでは、
同じ台で遊びたい人の数(待機人数)が
具体的に表示されるサイトが
ほとんどです。

 
 
待っている人の数がはっきり分かると
やる気につながる人もいますが、
反対にプレッシャーに感じる人もいると思うので
注意が必要です。

 

まとめ

とても便利なオンラインクレーンゲーム
ですが、一つ気を付けてほしいことが
あります。

 
それは、はまり過ぎて散財してしまう
ことです。

 
 
ゲームセンターのクレーンゲームでも
同じことは言えますが、
オンラインでは周りの人の目がない分、
ついやり過ぎてしまいがちになります。

 
 
使う金額をあらかじめ決めておくとか、
取れそうにないと思ったところで早めに
見限っておくなど、自分の中でルールを
作って遊びましょう。

 
せっかく遊ぶのなら楽しく遊びたいです
からね!
タイトルとURLをコピーしました