小中学生の親御さんへ!導入間近の少人数学級メリット・デメリット!?

小中学生のとき、1クラスに
40人近くの生徒がいて
窮屈な思いをしたことは
ありませんでしたか?

私の通っていた学校では、
入学から卒業まで
1クラス40人ずっと
同じメンバーでした。

クラス替えもないので、
精神的に疲れた記憶があります。

 
今、少人数学級という制度が
注目されています。

現在、小1は1クラス35人
小2~中3は1クラス40人まで
と決まっています。

少人数学級では、
これを1クラス30人まで
クラスの人数を大幅に
減らすのです。

令和3年度から、
少しずつ導入される予定です。

川崎市など、すでに一部の学校では
少人数学級が始まっています。

 
では、少人数学級には
どんなメリットがあるのでしょうか?

少人数学級の一番のメリットは、
大きくわけて2つあります。

1つめは、
担任教師が生徒ひとりひとりと
向き合う時間が増え、
生徒の個性が活かせることです。

2つめは、人間関係のトラブルも
解決しやすくなるということです。
スポンサーリンク

子供がのびのび!少人数学級の大きなメリットとは!?

2つのメリットを解説していきます。

 

生徒の個性を活かすことができる

少人数学級の制度によって、
クラスの人数は
30人にまで減ります。

担任の教師としては
担当する生徒の数が減ったぶん、
一人あたりにかける時間が
増えますよね。

これまでよりも教師の目が
届きやすくなるのです。

そうすると、
生徒の個性や特性を
見つけやすくなりますね。

 
Aさんはグループワークが
苦手そうだけど、
発言をうながしたら楽しそうに
話してくれるな、とか

Bさんは運動が得意そうに見えるけど
順位にこだわって無理しすぎている
ように見えるな、など…。

ひとりひとりの様子を見る
機会が増えれば、その子に合った
指導をすることができるように
なります。

そうすることで、
学校がよりよい学びの場に
なるのではないでしょうか。

 

人間関係のトラブルを解決しやすくなる

クラスの中では喧嘩やいざこざ、
いじめなど数多くの生徒同士の
トラブルが発生します。

これは教育の現場で昔から続く
問題ですよね。

少人数学級ならば、
このようなトラブルも
解決しやすくなるのです。

1クラスあたりの人数が減る
ということは、クラスの数は増えます。

たとえば、
今まで全部で2クラスだった学年は
少人数学級制度に変わると
3クラスに増えますよね。

もし1つのクラス内でいじめや
トラブルが起こったとき、
次のクラス替えで当事者たちを
引き離しやすくなります。

どうしてもそりが合わない生徒
というのは必ずいます。

そういう子たちを同じ
(または近くの)クラスにして
無理に和解させようとしても
子どもたちにとっていいことは
ありませんよね。

物理的に引き離すのが
解決策として有効です。

さらに、不登校の子にとって
クラス内の人数が多いのは
登校までの大きな壁になることが
あります。

もしクラスの人数が減れば、
気持ちが楽になって
壁が低くなるのです。

 

運営側にデメリットあり?少人数学級の難しさとは!?

少人数学級は
大きなメリットがありますが、
デメリットはあるのでしょうか?

もちろんデメリットもあります。

デメリットは、
教員・設備・予算が足りなくなる
ということです。

 
単純にクラスの数が増えれば、
担任教師の数も今よりたくさん
必要になりますよね。

もしすべての小中学校で
30人クラスを実現しようとしたら、
およそ4万~6万人の教員
必要になります。

しかし、現在すでに
教員の数が不足しています。

教員のブラックな労働環境が
知られるようになり、
教員免許をとっても学校で
働かない人が多いのです。

ただでさえ人手が足りていない
というのに、これ以上どうやって
増やすのでしょう?

教員の労働環境がよくなれば、
教員を目指す人の数が
増えることでしょう。

設備や予算が足りなくなるのも
深刻な問題です。

増えたクラス分の教室や学習道具、
運営費用など必要なお金は
たくさんあります。

それらはどこから
持ってくるのでしょうか?

具体的な解決案がない限り、
質の悪い設備の学校
増えてしまうかもしれません。

もっと教育の分野に
お金を使ってくれることを
期待しています!

 

まとめ

少人数学級では、
生徒の学習面・生活面で
ストレスが減ります。

ひとりひとりに合った教育が
実現できるというメリットが
あることが分かりました。

しかし、予算が不足しているという
デメリットもあります。

すべての子どもは
安心してのびのび学べる環境を
与えられるべきだと
私は思います。

そんな環境を目指すための
一歩として少人数学級が
成功してほしいと願っています。
タイトルとURLをコピーしました