主婦必見!シャトレーゼのお菓子はなぜ安い?その理由を徹底解説!

シャトレーゼという菓子メーカーが、
安くて味がおいしいことで話題になっています。

郊外に店舗を構える菓子メーカーの
シャトレーゼでは、
ケーキやアイス、和菓子などが売られています。

 
例えば、バニラアイスの中にチョコの塊が入った
チョコバッキーは60円
スペシャル苺ショートは300円という破格の安さ

 
 
なぜこんなに安くお菓子を売ることが
できるのでしょうか?

 
それは、シャトレーゼが
仕入れから製造までをすべて自社で行っているからです。

素材の仕入れは契約農家から、
商品の製造はすべて自社工場で行っています。

 
 
スポンサーリンク

安いだけじゃない?!安心・安全な商品を製造する仕組み作り!

シャトレーゼでは、
お菓子作りに必要な卵や牛乳、フルーツなどの素材は
すべて契約農家・農場から仕入れます。

 
そして全国にある5か所の自社工場
商品が製造された後、
独自の配送ルートで全国の店舗へ運ばれます。

この一連の仕組みをシャトレーゼでは
「ファームファクトリー」と呼ぶそうです。

 
間に別の業者を挟まないため、
仲介料などがかからずに済みますね。

その結果コストカットにつながり、
安い値段でいい商品を提供できるのです。

 
 
さらに、シャトレーゼでは、
ファームファクトリーによって

 
安いだけではなく
安心・安全な商品を提供しています。

 
契約農家・農場はシャトレーゼのホームページや
店舗で紹介されているので、
どんな人が作ったのか
すぐに知ることができます。

お店に生産者の情報があると、
購入するときの参考にもなりそうでいいですね!

近年では、シャトレーゼと契約農家で共同し、
より品質の高い素材の開発に取り組んでいるそうです。

 
また、山梨県にあるシャトレーゼの最大工場
白州工場では、工場見学も開催されています。

お菓子がどのように製造されるのか、
その過程をじっくり観察することができます。

 
このように、安心・安全な商品を製造する仕組み作りや
それを消費者に伝え知ってもらう活動を
行っていることで、
シャトレーゼは安さを維持できているのです。

 

コンビニスイーツでは出来ない3つの違い!

コンビニスイーツも
シャトレーゼの商品と似たような値段で購入できますね。

 
さらにコンビニは、シャトレーゼより店舗数も
格段に多いです。

 
しかし、シャトレーゼのお菓子は
コンビニスイーツとは3つの点で違いがあります。

それは、
  • 生産地が明らか
  • 種類が圧倒的に多い
  • 包装がおしゃれ
なことです。

 
①生産地が明らか

これは先ほど述べましたが、
シャトレーゼのお菓子は
消費者が商品の生産地や生産者
知ることができます。

コンビニスイーツでは、それはできませんよね。

 
②種類が圧倒的に多い

シャトレーゼのお菓子は
コンビニスイーツと比べて
種類が豊富です。

ケーキやアイスはもちろん、
チョコレート、焼き菓子、和菓子、
米菓、プリンと
かなりの種類が作られています。

 
コンビニスイーツは棚一つに収まる程度の
商品しか置いていませんが、
シャトレーゼは店舗中にお菓子がぎっしり
陳列されています。

そしてシャトレーゼでは、
定番商品が季節限定商品に押されることなく
年中安定して売られているのも
嬉しいポイントです。

 
③包装がおしゃれ

コンビニスイーツは統一感も大事なので
包装のデザインに限界がありますが、
シャトレーゼのお菓子は包装がおしゃれです。

 
花や動物などのイラストが描かれている商品や、
色使いが華やかなパッケージなど、様々です。

 
包装が凝っていると
ギフトにもしたくなりますね!

 
さらに、購入したケーキはケーキ屋のように
きれいな箱に入れてもらえるので、
コンビニスイーツよりも高級な感じがしますよね。

 

まとめ

シャトレーゼのお菓子は、
ファームファクトリーという独自の手法によって
安くておいしいお菓子が作られています。

 
どんな人が作ったお菓子なのか分かると、
やはり安心感がありますし
また同じお店で購入したいという気持ちにもなります。

 
シャトレーゼのお菓子は
小さな子どもがいる家庭や
こだわりを持って食品を選ぶ人には
特に合っていると思います。

そういう人たちからの人気は
根強いものになっていくでしょう。
タイトルとURLをコピーしました