チェアリングの意味を知ってる?必要な物やオススメな場所を紹介!

チェアリングの人気が高まりつつあります。

あまり聞きなれない言葉ですが、
チェアリングとは
どんな意味なのでしょうか?

チェアリングは、椅子を外に持っていき、
自分の好きな場所に置いて
座ってのんびりすることです。

ただ座って景色を眺めたり、
飲食をしたりしてゆっくり過ごします。

とてもお手軽にできそうですね!

元々は海外の
都市部に住む人たちの間で人気でしたが、
最近は日本でも流行り始めています。

 
スポンサーリンク

椅子だけあれば大丈夫?マストアイテムと便利グッズ各3選を解説!

チェアリングは手軽にできるものですが、
準備するものがあります。

必ず必要なものは
・折りたたみ椅子
・リュックサック
・ゴミ袋
です。

ほかに、
・お金
・折りたたみ机
・帽子やブランケット

も持っていくと便利になります。
一つずつ解説します。

 

折りたたみ椅子

チェアリングは椅子に腰かけて
ゆっくりすることなので、椅子は必須です。

外に持っていって使うので、
移動中邪魔にならないよう、
折りたたみ椅子にしましょう。

キャンプなどで使うような
アウトドア用の椅子がぴったりです。

収納袋付きの椅子なら、
移動中も楽に持ち運べるので
おすすめです。

 

リュックサック

飲み物や食べ物など、
椅子以外の持ち物を入れるための
リュックサックです。

なぜ他の鞄ではないのかというと、
リュックサックなら両手が空くからです。

折りたたみ椅子を持つために
片手が塞がりがちになるので、
鞄は両手が空くようなものにしておくのが
基本です。

 

ゴミ袋

外で飲み食いすると、ゴミが出ます。

もし公園ならゴミ箱に捨てるという方法も
ありますが、汚いゴミが出てしまったり、
ゴミ箱がない場合も想定されます。

自然の中でのんびりした分、
帰るときはその場を汚さないように
気を付けなくてはいけませんよね。

基本的に、チェアリングで出たゴミは
持ち帰るようにしましょう。

 

お金

チェアリングでの飲食物は、
家から持ち寄らずに現地調達することが
多いです。

なぜなら、
気温や天候などによっては
チェアリングをしない(または
短時間で帰る)こともあるからです。

お店で飲み物や食べ物を買えるように、
お金は持っていくのがおすすめです。

 

折りたたみ机

チェアリング中、
横に折りたたみ机を置いておけば
サイドテーブルになります。

食べ物や飲み物を置くほかにも、
夜にはランプを置くこともできます。

横にテーブルがあるとなにかと便利なので、
持っていくとチェアリングが捗ります。

 

帽子やブランケット

日中日差しが強いときには、
帽子をかぶります。

また、少し肌寒い日には
ブランケットを持っていくのも
良いでしょう。

どちらも体温調節に役立つアイテムです。

帽子ではなく
日傘を持っていこうかと考える人も
いるかもしれませんが、
傘類はあまりおすすめできません。

なぜなら、チェアリングは、
公共の場所を使って行うため、
傘類を使うと大きく場所を取ってしまう
からです。

他の人たちを邪魔しないために、
傘の使用はやめておくのがいいと思います。

 

【レベル別】手軽なアウトドア?おすすめの場所を紹介!

持ち物が分かったところで、
チェアリングのおすすめの場所に
ついても述べていきます。

まず初心者の人は、
近所の公園がおすすめです。

近所なら、
忘れ物をしたり天気が悪くなったりしても
すぐに帰れます。

公園をおすすめする理由としては、
設備がある程度整っており
リラックスしやすい場所だからです。

公園はもともと、
人が集まるために作られています。
よって、極端に過ごしにくいような場所に
公園はありません。

ハズレを引きにくいという点で、
初心者の人におすすめです。

 
ある程度慣れたら、
川辺へ行くのがいいでしょう。

川辺なら自然を感じることができますし、
港では船や堤防、防波堤が動くのを
のんびり眺めることができます。

公園よりもゆったり
大人な時間を過ごせるので、
この二つはおすすめです!

 
最後に、
ちょっと冒険気分を味わいたい人は、
電車に乗って少し離れた町へ行くのが
いいでしょう。

知らない土地で
チェアリングできる場所を探すのも
おもしろいですし、
そこへたどり着くまでに色々な景色を
見ることができます。

ただ、
あくまで目的はチェアリングなので、
何時間も電車に揺られるような長旅は
あまりおすすめはしません。

 

まとめ

チェアリングは、
誰でも気軽にできそうだということが
分かりました。

もしかしたら、
キャンプを始めてみたけれど
今は頻度が減ってしまって
道具がもったいない…
そういった人もいるかもしれません。

そのような方に
チェアリングはおすすめです。

椅子だけ引っ張り出して持っていけば、
すぐにちょっとしたキャンプ気分
味わえます。

チェアリングはシンプルな分、
工夫次第でいくらでも楽しめそうですね。
タイトルとURLをコピーしました