炊き込みご飯の美味しい炊き方は?知らないと失敗する3つのコツ

季節の野菜や食べ物を使って作る
炊き込みご飯。

おいしいですが、
失敗した経験はありませんか。

私は、せっかくたくさん具を入れて
作ったにも関わらず
白ご飯と同じ要領で水を入れ、お粥のように
べちゃべちゃになった経験があります。

おいしい炊き込みご飯のコツは以下の
3つがあります
・予約機能を使わない
・具を炊飯前に混ぜない
・水の量を調整する

それでは詳しくご紹介します。

 
スポンサーリンク

白ご飯と同じ炊き方はNG!美味しい炊き方3つのポイントを解説

炊き込みご飯は、
白ご飯と同じボタンで炊きあがりますが
同じ要領で炊いたらご飯に芯がある・
べちゃべちゃになるだけでなく
味や色もまばらになってしまいます。

炊き込みご飯と白ご飯では炊き方に違いが
あると覚えておきましょう。

 

予約機能を使わない

白ご飯を炊くときに活用する予約機能。

朝・もしくは夜、炊飯の準備をして
予約した時間にたきあがって便利ですよね。

しかし、炊き込みご飯で
予約機能を使うことはNGです。

炊き込みご飯を予約機能にして
時間をかけて炊くと、
調味料が下に沈んでいき、
ご飯の一番下が濃い色になり色や味のムラは
もちろん、内釜を傷めたりイモなどの食材を
使用している場合、炊き込みご飯の具が
傷んでしまいます。
 
また、白米を水分に15分以上
含ませますが、調味料の入った水はご飯を
吸収できず、ご飯に芯が残ります。

ほとんどの炊飯器では炊き込みご飯に
予約機能を使うのはNGです。

炊き込みご飯は、予約機能は使わず炊飯を
する直前に具や調味料を入れましょう。
 
 

炊き込みご飯の具をお米に混ぜない

次に炊き込みご飯は、炊く前に
具とお米を混ぜることはNGです。

混ぜて炊飯すると出来上がった時に
混ぜなくていいから楽だと思いますよね。

実際私もそう思っていました。

しかし、炊く前に混ぜると
具の場所によっては火が通り過ぎて
具の固さがまばらになります。
 
具の固さを均等にするためにも
炊き込みご飯の具は米の上に置き、
炊きあがってからしっかり混ぜるように
しましょう。

 

水の量を調整する

炊き込みご飯は水の量が重要です。

白いご飯と違い、炊き込みご飯には
味がついており、味付けに調味料などの
水分が含まれています。

また、大根やキノコ類は
水分を含んでいるので白いご飯と同じ
水の量を入れてしまうとべちゃべちゃに
なります。

炊き込みご飯を炊くときの水量は、
2合であれば1.8~1.9合分の水量など
少し少なめに水を入れましょう。

具の汁があれば、ご飯の水量を計算する前に
汁を入れて水分量を調整しましょう。

 

失敗した炊き込みご飯は復活できる⁈原因別に2つの方法を解説

炊き込みご飯に芯があったり、
べちゃべちゃになる時がありますよね。

安心して下さい。
以下の方法で復活できますよ。

べちゃべちゃになった炊き込みご飯の復活

炊き込みご飯がべちゃべちゃになるのは
水分が多すぎるのが原因です。

再び熱を加えて水分を飛ばす
「再炊飯」で復活できます。

「再炊飯」をする場合は、ボタンを押す前に
軽く混ぜ、ご飯に空気を含ませる
均等な固さになります。

また、「再炊飯」機能がない場合は、
一度炊飯機能を切って再び炊飯ボタンを
押すとできます。

再炊飯の時間は10~15分程度
焦げやすいので焦げが気になる人は
短い時間、再炊飯をしましょう。

 

芯のある炊き込みご飯の復活

芯のある炊き込みご飯は
水分不足が原因です。

水を足して「再炊飯」と
「レンジで温める方法」の
2種類があります。

1つ目の再炊飯の方法ですが、
ご飯1合につき芯の固さによりますが、
50㏄を目安に水を入れ軽く混ぜてから
再炊飯します。

水の量を入れすぎるとべちゃべちゃに
なるので水の分量には十分注意
しましょう。

 
2つ目は、「レンジで温める方法」です。

再炊飯よりもレンジで温める方が手間は
かかりますが、焦げる心配がありません。
 
レンジで温める方法は、1合分のご飯を
耐熱皿に入れ水分を大さじ1~2を入れて
ラップをして2~3分し、1度ご飯を混ぜ、
再度1~2分加熱すれば完成です。

芯の固さにより温め時間が異なりますので
温めの時間を調整しましょう。

 

まとめ

炊き込みご飯の水分量を測るのは
難しいですよね。

炊き込みご飯の具で水かさが増しますし、
具の汁が多すぎて、べちゃべちゃに
なったことがあります。

水を入れすぎてしまうと減らす時に
せっかく入れた調味料も減らさなければ
なりません。

そこで、お米をいれた炊飯器の釜の上に
ざるを置き、具を移して具の汁を
先にすべて入れると、べちゃべちゃに
ならなくなりました。

炊き込みご飯の具にも
水分が含まれているので、面倒な人は
本来の水量より少し少なめな水量を
入れるとおいしい炊き込みご飯が
炊けます。
タイトルとURLをコピーしました