どんぐりの虫抜きはどうやるの?簡単におウチでできる2つの処理方法

 
秋になると公園などにどんぐりが
たくさん落ちているのを見かけます。

お子さんがいる家庭では、
どんぐりを拾って家に持ち帰ることも
あるのではないでしょうか。

しかし、どんぐりからは
かなりの確率で虫が出てきます。

拾ったときは綺麗などんぐりだったのに、
何日かしたら白い虫が出てきた…
という経験をした人も多いのでは
ないでしょうか。

成虫がどんぐりの中に卵を産み付け、
大きく育ってから出てくるのです。

ぷっくりとした虫が何匹もいるのを
発見したら、虫が苦手な人はもちろん
そうでない人もびっくりしてしまうでしょう。

それに、衛生的にも気分が良くないですね。

でも、安心してください。

どんぐりを茹でるか冷凍させることで
虫抜きを簡単に行なうことができます。

家に持ち帰ってから
すぐに虫抜きをやりましょう。

 
スポンサーリンク

レンジの使用は厳禁!どんぐりの虫抜き方法をくわしく解説

冒頭でも述べたように、
どんぐりは茹でるか凍らせれば
簡単に虫抜きができます。
 
その他の方法として、
レンジで加熱するというのを
聞いたことがある人もいるかもしれませんが
それはおすすめできません。

レンジでの加熱時間を間違えると
どんぐりが爆発して使い物に
ならなくなってしまうからです。

牛乳やゆで卵をレンジで爆発させた経験は
誰しもあるかもしれません。

それらと比べてどんぐりは固いので
いざ爆発したらレンジ内に傷をつける
可能性が高いのでやめておきましょう。

では、2つの方法を詳しく説明します。

 

茹でる

最も確実に虫抜きができるのはこの方法です。

鍋に水をたっぷり入れて沸騰させたのち、
どんぐりを入れて5分茹でましょう。

このとき、たまに虫が浮いてくることが
あります。

虫を一匹たりとも見たくないと言う人は
次に紹介する冷凍方法をおすすめします。

茹で終わったらお湯を切り、
どんぐりを乾燥させます。

新聞紙を広げてどんぐりを並べ、
日陰で干しましょう。

雨の日でなければ2~3日ほどで乾きます。
 
このとき、直射日光に長時間さらしてしまうと
どんぐりが割れてしまう原因になるので
注意しましょう。

 

冷凍させる

この方法は日数がかかりますが、
一匹も虫を見たくないと言う人には
向いています。

まずは、どんぐりを流水でサッと洗いましょう。

ペーパータオルで拭いて表面の水分を
落としたら、フリーザーバッグにどんぐりを
入れてしっかり閉めます。

冷凍庫に3日間ほど入れて凍らせましょう。

凍らせるのが短いと効果があまり
発揮されずに虫が出てきてしまうかも
しれないので3日間は冷凍庫で凍らせます。

凍らせたら冷凍庫から出し、
①と同じように新聞紙の上に並べて
陰干ししましょう。

3日くらい干せば乾燥できます。

 

虫抜きしたどんぐりをキレイに保存するための2つのポイント

虫抜きしたどんぐりは、適切に保存して
綺麗な状態を保ちましょう。

どんぐりは乾いていても、
中身は水分が含まれています。

そのまま箱につめて保存すると
箱の中が湿っぽくなり、カビが生えるかも
しれません。

乾燥させたどんぐりは新聞紙で包んでから
ビニール袋へ入れましょう。
 
そうすることで、カビを防げます。

また、表面に木工用ニスを塗って乾かせば、
より綺麗な見た目を維持することができます。

ニスでコーティングされるので、
ツヤが出て工作の見た目も良くなりますね。

 

まとめ

どんぐりを使った工作は子どもも喜びますし、
秋ならではのものなので季節を
感じられますよね。

せっかくならどんぐりを使って
楽しく遊んでもらいたいものです。

どんぐりから虫が出てトラウマになった人も、
虫が苦手な人も、今回紹介した方法で
対策してみてください。

 
タイトルとURLをコピーしました