メリノウールの洗い方は?おウチでも縮まず洗えるコツをくわしく解説

冬の季節に活躍するメリノウール。

メリノ種という羊からとれるウールを
メリノウールと言い、ウールの中でも
高級品として知られています。

メリノウールの衣服を着たことがあるなら
分かるはずですが、体にフィットして
とても暖かいです。

特に冷える日やアウトドアの際にあると
重宝しますよね。

とても便利なメリノウールですが、
縮むのが怖くて洗濯することができずに
困ってはいませんか?

実は、メリノウールはポイントを抑えれば
自宅でも洗濯できます。

洗濯機で洗うなら、洗濯ネットへ入れて
おしゃれ着用洗剤で洗うだけです。

手洗いの場合は、洗濯液の中で押し洗いをし
タオルドライをすれば綺麗に洗うことが
できます。

その際、洗う時間は3~5分以内にすること
ポイントです。

 
スポンサーリンク

【洗濯機・手洗い】メリノウールの2つの洗い方の手順をくわしく解説

冒頭でも述べたように、メリノウールは
洗濯機や手洗いで洗濯できます。

詳しい洗い方を説明する前に、
知っておいて欲しいポイントがあります。

それは、水につける時間は
短時間にするということです。

メリノウールは水を吸いやすく、
乾きにくい素材です。

また、長時間水に浸かっていると
繊維がからんで毛玉ができたり
縮んだりしてしまいます。

短い時間ですぐ洗うことを心がけましょう。

 

洗濯機で洗う方法

メリノウールの洗濯マークをチェックして、
洗濯機で洗える表示があれば洗濯機で
洗ってしまうのが一番楽です。

用意するものはこちらです。
・おしゃれ着用洗剤
・柔軟剤
・洗濯ネット
・脱水用タオル

まず、メリノウールの衣服を裏返して畳み
洗濯ネットに入れましょう。

畳む理由は型崩れ防止のためです。

おしゃれ着用洗剤(好みによっては柔軟剤も)
入れて、ドライコースや手洗いコースで
洗います。

脱水は1分弱くらいにとどめておき、
基本はタオルドライで脱水しましょう。

タオルの上にメリノウールを広げて
タオルをくるくる丸めて脱水します。

優しくタオルを押して水を出しましょう。

最後に風通しの良い場所で綺麗に広げて
平干しします。

 

手洗いで洗う

メリノウールは洗濯機で洗えないものも
多いです。

また、形が崩れにくいのは手洗いのほうですね。
準備するものはこちらです。

・バケツか洗面器
・中性洗剤
・脱水用タオル

まず、バケツに30℃以下のお湯と中性洗剤を
入れて洗濯液を作ります。

30℃以上のお湯にしてしまうと縮む原因
なるので、温度は絶対守ってください。

次にメリノウールの衣服を畳み、
押し洗いします。

揉んだりこすったりすると変形するので
押すだけです。

汚れが取れたら、2回ほど水を替えて
すすぎ洗いします。

メリノウールを洗い始めてから
すすぎ終わるまで、だいたい3分~5分以内で
済ませるようにしましょう。

洗い終わったら先ほど紹介した方法で
タオルドライをし、風通しの良い場所で
綺麗に広げて平干しして終了です。

 

メリノウールが縮んでしまったら?家にあるモノで元に戻す方法

洗濯時間が長すぎたり水温が
高すぎたりするとメリノウールが
縮むことがあります。

一度縮んでしまったもとには戻せない?と
心配するかもしれませんが、まだ大丈夫です。

髪に使うトリートメント
元に戻せることがあります。

用意するものはこちらです。
・シリコン入りのトリートメント
・バケツや洗面器
・脱水用タオル

バケツに水とトリートメントを入れて
混ぜます。

出来上がった液体にメリノウールの衣服を
入れて、20~30分ほど漬け込みましょう。
 
漬け込んだらタオルドライをして、
平干しします。

(トリートメントはすすぎません!)

完全に乾いたら、縮んだ部分を伸ばしつつ
スチームアイロンをかけて完成です。

 

まとめ

メリノウールはいい素材なので、
できれば長く使いたいものです。

着た後は必ずブラッシングをして
通期のいい場所で干しておくと
メリノウールの見た目も綺麗な状態を
保てます。

季節の変わり目には必ず洗濯をし、
防虫剤と共に保管しましょう。

これだけ気を付けていれば、
かなり長持ちするはずです。

ぜひ試してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました