傘の水切り方法は?正しいやり方を知らないと傘が壊れる原因になる⁈

あなたは傘を使い終えたら、どのようにして
水を切っていますか?

できるだけたくさん水を切ろうとして、
ぶんぶんと激しく振っているなら
今日からやり方を改めたほうがいいですね。

傘は40~50本ほどの骨組みから
成り立っており、あなたが思っているよりも
頑丈ではありません。

最近では頑丈さを売りにしている傘も
ありますが、だからと言って
乱雑に扱っていると耐久年数は
短くなってしまいます。

傘は優しく扱わないと、
早く壊れてしまうのです。

では、傘の水切りはどのように行なえば
いいのでしょうか?

方法は2つあります。

・傘を開閉して水を切る
・開いて下向きにした傘に振動を加えて
水を切る

反対にやってはいけない水切り方法は、
・閉じた傘を振る
・閉じた傘をクルクル回す
などです。

 
スポンサーリンク

2つの正しい水切り方法を解説!傘を傷める2つのやり方には要注意⁈

冒頭でも述べたように、
傘の正しい水切り方法は2つあります。

前提として、
傘の従来の動かし方から離れれば離れるほど
負荷がかかり傷んでしまうということを
頭に入れておきましょう。

最初に正しい水切り方法を解説し、
次によくやりがちな間違った水切り方法に
ついて、どこがダメなのかを説明します。

正しい方法①傘を開閉して水を切る

傘を斜め下くらいの方向に向け、
5~10回ほど開いたり閉じたりして
水切りをします。

勢いよく傘を開くのではなく、あくまで優しく
開閉するのが負荷をかけないポイントです。

傘の開閉は想定された動かし方であるため、
傘が傷むことがありません。

しかし、この方法はある程度広い場所がないと
やりにくいですね。

また、周りに人がいる場合は
周囲の人に水が飛び散ってしまう可能性
十分あります。

 

正しい方法②開いて下向きにした傘に振動を加えて水を切る

周りに人がいたり
場所があまり広くない場合は、
こちらの方法を試してみましょう。

まず、傘を完全に開きます。

そのまま片手でハンドルを持ち、
下向きにします。

もう片方の手で
ハンドルを持った手をとんとんと叩き、
水切りをします。

このとき、傘は地面につかないように
してください。

この方法なら水が下に落ちるため、
周りに飛び散ることがありません。

こちらも5~10回ほどとんとんすると、
水が綺麗に落ちてくれます。

 

間違った方法①閉じた傘を振る

ここからは間違った水切り方法です。

閉じた傘を上下左右に振って乾かすのは、
けっこうよく見かけますね。

しかし、傘を振るのは想定された使い方では
ありません。

ハンドルに強い負荷がかかります。

ハンドルが取れたり壊れる原因になるので
やめましょう。

また、この方法だと大きく振っている割には
意外と水が落ちません。

傘を閉じたままなので隙間の水が
飛びにくいのです。

 

間違った方法②閉じた傘をクルクル回す

閉じた傘をクルクル回して水切りするのは、
狭い場所でもできますし一見良さそうに
見えますね。

しかし、これは傘の骨が傷む原因になります。

クルクル回ると骨がよじれて負荷がかかり、
折れやすくなってしまいます。

また、隙間から骨に水がつたって耐久性に
悪影響を与えることもあります。

 

傘を長持ちさせる干し方と畳み方とは?絶対に守るべき3つの注意点

正しい水切り方法が分かったところで、
干し方と畳み方についても簡単に
説明しましょう。

まず干すときに絶対守って欲しいことは、
・直射日光厳禁、日陰で干す
・風通しの良い場所で干す
・短時間で干す
この3つです。

傘は閉じた状態でも開いた状態でも
構いませんが、この3つの条件うち1つでも
抜けると傘の色落ちや劣化に繋がります。

場所は、屋外ならベランダや庭、
屋内ならエアコンの近くや玄関がいいですね。

できるだけ数時間で乾かすようにしましょう。

 
次に畳み方ですが、

まず、生地の折り目をつまんで一枚ずつ
軸に巻いていきます。

露先(ハンドルに近い部分、骨にカバーが
付いているところ)を片方の手でしっかり
束ねておくと巻きやすいです。

また、フッ素加工をしてある傘は
油分に弱いです。

できるだけ手で直接生地に触れないように
しながら巻きましょう。

 

まとめ

傘の扱い方は意外と面倒だと
感じたかもしれませんね。

しかし、今回述べた方法を守るだけでかなり
長持ちさせることができるはずです。

お気に入りの傘を長く綺麗に使いたいなら、
ぜひ実践してみましょう。

最近では、超撥水の傘も売られています。

少し値が張りますが、水切りや干すのは
かなり楽になるでしょう。

そちらも検討してみるのが
いいかもしれませんね。
タイトルとURLをコピーしました