【超人気】アクアワールド大洗のマンボウの餌やりの見学方法は?

アクアワールド大洗といえば、
マンボウの飼育に力を入れていることで
有名ですよね。

そこで通常であれば、
飼育員がマンボウに餌やりをする
「お食事タイム」を見学することが
できました。
 
しかし今は新型コロナウィルスの
感染拡大防止対策として
マンボウのお食事タイムの見学は
中止されています。

仕方がないとはいえ、本当に残念です。

※現在のところ2020年10月31日までの
中止が発表されています。
 
スポンサーリンク

難易度MAX⁉アクアワールド大洗のマンボウの餌やり方法とは?

アクアワールド大洗には、
日本最大のマンボウ専用水槽
あります。

大きさはなんと270トン!
 
複数のマンボウがこの水槽で
の~んびり泳いでいます。

私、間近で見るマンボウが
思ったよりすごい迫力で
最初ちょっと怖かったですが…

何回か通ううちに、
マンボウを見ると
癒される心地になるように。

いつ見てもの~んびり。
ふしぎな魅力ですね。

じつは複数のマンボウを
見ることができる水族館って
他になかなかないのです。

複数のマンボウの飼育をすると
餌やりも難しいようで、

マンボウ同士が餌を取り合って
ぶつからないように

3人の飼育員さんが手分けして
餌を与えるそうです。

マンボウは何事にも
動じなさそうな顔をしていますが

実際は非常にデリケートな魚で
体に傷がつきやすく弱りやすいのです。

だからマンボウ同士の接触も
なるべく避ける必要があるのですね。

またマンボウは消化不良を起こしやすく
それが死因になってしまうこともしばしば。

本当にデリケート!
 
マンボウの餌やりって難しそうです。

そこで飼育員さんは
マンボウ一匹一匹を見分け
それぞれの体重に対して
適量の餌を与えます

しかし餌の量を管理するためとはいえ
マンボウをどこで見分けているのでしょうか。

驚きです!

そうなると飼育員さんの餌やりの
テクニックがますます
見たくなりましたよね?

今は中止されていますが、
かならず再開のお知らせが届くはずなので
公式ホームページをご確認ください。

行ったからこそわかる!お食事タイムを見学するときのポイント

今は中止になってしまっているものが
多いですが、
アクアワールド大洗では
さまざまな生き物のお食事タイム
見学イベントが開催されていました。

その中でもマンボウのお食事タイム
いつも人気!
 
私が何回か行った経験だと
お食事タイムの開始15分前には
ぱらぱらと人が集まってきました。

でもお食事タイムは
見学用の座席があるわけではなく、

マンボウの水槽前の通路に集まって
立ったまま見学します。

ですからお食事タイム開始前に
場所取りみたいなことをすると
他のお客さんの通行の邪魔になります。

くれぐれも通行の邪魔にならないところ
さりげなく待つのがベストだと思います。

見学の場所が良ければ、
マンボウがもらった餌を
ちゅるんと吸い込む様子が見られます。

この光景がまたなんともおもしろいのです。

ちなみにこの餌はエビやカキ、
アジなどをすりつぶして、
水とビタミン剤をくわえ、
ゼラチンで固めたものだそうです。

本来、野生のマンボウが食べている
クラゲの食感に近づけるために
わざわざゼラチンで固めているとのこと。

飼育員さんの愛を感じますね。

マンボウ同士がぶつからないかを
注目しながら、お食事タイムを見ると

ハラハラドキドキしますよ。

複数のマンボウが飼育されているからこその
お楽しみです。

まとめ

アクアワールド大洗では通常であれば、
飼育員がマンボウに餌を与える
「お食事タイム」
見学することができました。

しかし今は新型コロナウィルスの
感染拡大防止対策として
マンボウのお食事タイムの見学
中止されています。

もちろんマンボウの展示は
今でもされていますので
マンボウに会いに行くことはできます!

お食事タイムの再開の前に
一度マンボウを見に行っては
いかがでしょうか。

そして私のオススメは!
 
世界最大級のウシマンボウのはく製です。

約3メートルのド迫力ですよ。

 
タイトルとURLをコピーしました