簡単オシャレ!多肉植物を土なし水だけで楽しむ水栽培での育て方!

お家時間の充実化に植物を
育てる方が増えているそう!

お部屋に1つグリーンがあるだけで、
温かい雰囲気になりますよね。

でも案外世話が難しいのが植物…。
いつも枯らしてしまう…
そんなあなたにオススメしたいのが
初心者でも簡単な多肉植物の水栽培です。

土を使わない栽培にピンとこないかも
しれませんが、手軽に準備と栽培ができ、
しかもオシャレに飾れるので
インテリアにもピッタリ!

土選びで悩むこともなく、
お部屋を汚すことも少ないのが
水栽培の良いところです!

『植物』と『お家にあるビン』、
『水栽培用液体肥料』さえあれば
今日からでも始められる手軽さですよ!

栽培準備も簡単で、
鉢から取り上げた植物の根を洗い、
カットして水に浸けかえるだけ!

お世話も簡単ですし、飾るビンにこだわりって
上級者の楽しみを追求するのもアリです!
それでは詳しい栽培手順を解説します♪

 
スポンサーリンク

誰でも始めやすい!多肉植物の水栽培3ステップ!

水栽培の良いところは“土”を使わず
手軽に始められること。

そしてとってもオシャレ♪

 
《準備するもの》
  • 育てたい多肉植物
  • ビン…ビンの口に植物が引っかかる
    サイズのものを選んでください。
    薬やジャムの空き瓶も遣えます。
    100円ショップでも販売しています。
  • 水栽培用液体肥料…水だけでも栽培可能ですが、
    やはり養分は必要です。
適切な濃度に希釈して使用しましょう!

まず育てたい植物を水栽培用に準備します。
  1. 鉢から取り出し、根についている土を
    水洗いして綺麗に落とします。
  2. しっかり乾かし、消毒したハサミで
    根を3~5mm程度残してカット。
これで水栽培に適した新しい根が
生えやすい状態になります。

準備はこれだけでOK!
窒息の原因になるので、水は根元が
軽く浸かるくらいに抑えてくださいね。

数週間後には立派な根が生えてきますよ。

 

多肉植物の水栽培を成功させる5つのポイントとは?

多肉植物を水栽培するにあたり、
気を付けることが数点あります!

 

置き場所

植物たちは直射日光を避け、
明るい場所に置きましょう。

直射日光が当たると水温が上がり、
葉焼けの原因となります。

 

水替え

水は最低週に1回は変えましょう。

水替えをしないまま放置すると
カビの温床に…!

こまめに替えてあげてくださいね。

 

水の量

水は根の先が浸かる程度でOK!

全て水で満たしてしまうと、根腐れ
窒息の原因になってしまいます。

 

カビが生えてしまった場合

残念ながらカビが生えてしまった場合は、
すぐにカビの生えた部分を
カットしましょう。

その後は一度しっかり
乾燥させた方が良いでしょう。

カビが生える要因は
『高い水温』
『風通しの悪さ』
『水替えが足りない』
などです。

植物の様子をしっかり観察して
カビを未然に防ぎましょう!
 
 

なんだか元気がない…

ツヤやハリがなく、
元気がなくみえるときは、
一度水栽培を中止することも大切です。

水から一旦上げて、風通しの良いところで
乾かすと良いでしょう。

根が傷んでいる場合は前述同様
カットもしてください。

水栽培をやめる場合は、
根っこを少しカットして、
土に植えかえることも可能です。

 

まとめ

植物の栽培がメチャメチャ苦手な筆者ですが、
この水栽培はできました~!

なので、私と同じように
「特技は植物を枯らすこと」と思う方でも
多分大丈夫です。(笑)

最近だと100円ショップでも
可愛らしいビンを販売しています。

食器コーナーの小ビンでもガーデニング用でも
利用しやすいのがこの水栽培のいいところ。

電球型のビンとか…可愛いですよね♪
ビン底に小石やシーグラスを敷くのも
個性的で素敵です!

お部屋に一つグリーンがあると
気持ちも明るくなりますし、
透明なビンを使うことにより
根の発育の様子がはっきり見られます。

普段は土の中に隠れている部分が
しっかり観察できるのも新鮮で良いですよね!

お部屋のインテリアに、日々の癒しに
多肉植物の水栽培…オススメです!
タイトルとURLをコピーしました