ノートとルーズリーフはどう使い分ける?お勧めの場面と活用法を紹介

学校の授業や勉強で使う、
ノートやルーズリーフ。

小さい頃はノートを使っていたと
思いますが、高校生や大学生くらいになると
ルーズリーフを使い始める人が
増えてきます。

あなたは、授業を受けたり勉強したり
するときに、どちらを使えばいいのか
悩んだことはありませんか?

ノートとルーズリーフ、どちらもいい点が
ありますが授業の内容や管理方法によって
使い分けることができます。

ノートがおすすめなのは、
・書き込みの多い授業
・長くとっておきたい内容
・管理が面倒

そして、ルーズリーフがおすすめなのは、
・プリントが多い授業
・頻度の低い授業
・持ち物を減らしたい

このようなときです。

どちらも勉強するときに欠かせない
アイテムなので、ぜひ上手に使い分けて
みましょう。

 
スポンサーリンク

メリット&デメリットから見るノートとルーズリーフの使い分け方

冒頭でも述べましたが、
ノートとルーズリーフはそれぞれ使い分けが
できます。

ノートだけにしないといけない、
またはルーズリーフだけにしないといけない
というわけではありません。

それぞれのメリットやデメリットを
紹介しつつ、使い分け方を紹介しましょう。

 
まずはノートからです。

書き込みの多い授業

書き込みが多かったり
多くの問題を解くような授業や勉強には
ノートがおすすめです。

特に数学のような、板書よりも問題を
解くことが多い科目にはノートが
合っています。

ルーズリーフは書き込んだ後に
ファイリングをしなければいけないので、
たくさんの書き込みをする科目では
ファイリングが大変になります。

ノートには終わりがあるので、1冊使い切った
ときの達成感を味わうこともできますね。

 

長くとっておきたい内容

ノートはルーズリーフよりも圧倒的に
長期保管がしやすいです。

ルーズリーフは一枚一枚がバラバラですが、
ノートはしっかりと綴じられているからです。

何年後かに見直したい内容の科目や、
大切にとっておきたい勉強ならばノートを
使いましょう。

 

管理が面倒

ルーズリーフは書き込んだ後に
ファイリングをしないと、ペラペラの
用紙一枚なのですぐに失くしてしまいます。
 
その反面、ノートは表紙に科目名さえ
書いておくだけですね。

授業が終わった後に毎回ファイルに
整理するのが面倒だと感じるなら、
ノートにしておいたほうが無難です。

 
では次に、ルーズリーフでおすすめの
使い方を紹介します。

プリントが多い授業

プリントやレジュメが毎回配られ、
そこに書き込むような授業なら
ルーズリーフがおすすめです。

ファイリングをするときに、
プリントに穴をあけて一緒に綴じましょう。

ノートだと配られたプリントを貼ることに
なりますが、裏面には書き込めない上に
ノートがどんどん分厚くなってしまいます。

 

頻度の低い授業

頻度が低い授業では、ノートが余ってしまう
ことがありませんか?

ノートの途中から別の教科の内容を
書き込むのは中途半端に感じますよね。

そうなると結果的に紙が無駄に
なってしまいます。

そういった科目は
すべてルーズリーフにして、
1冊のファイルにまとめてしまいましょう。

ノートが余ることもなく、
管理が楽になりますよ。
 
 

持ち物を減らしたい

できるだけ学校への持ち物を減らしたいと
言う場合にもルーズリーフがおすすめです。

ファイルを家に置いていき、学校には
ルーズリーフの用紙だけ持っていくように
すればかなり荷物を減らせます。

書き込んだ後のルーズリーフを入れておく
クリアファイルもあれば、カバンの中が
整理されてスッキリとします。

 

ノートとルーズリーフを使うときの注意点!知らないとあとで面倒?

ノートとルーズリーフは状況に合わせて
使えばどちらも便利ですが、
注意点もあります。

まずノートは、余白を意識的に取るように
しましょう。

追加のメモや書き込みが必要になった場合、
ぎっしり書き込んだノートでは難しくなって
しまいます。

 
ルーズリーフの注意点は、
毎回日付を書き込むことと
その日のうちにファイリングすることです。

ルーズリーフはバラバラの状態に
なっているので、日付がないと
順番が分からなくなりがちです。

また、ファイリングをさぼると
ルーズリーフを失くすこともあるので
その日のうちにファイルに綴じて
おきましょう。

 

まとめ

ノートとルーズリーフはどちらも書き込みや
メモを取るためのものですが、
合っている使用方法は微妙に異なります。

また、最近ではバラバラになっていない、
切り取り線があるルーズリーフ(や用紙)も
見かけられます。

反対に、ミシン目のあるノートも
売られていますね。

ファイルも頑丈なものが
増えてきていますし、今後はノートと
ルーズリーフの境目がどんどん
なくなっていくかもしれません。

ぜひあなたの勉強スタイルに合った
活用方法を試してみてください。
タイトルとURLをコピーしました