ガーデニングを始めよう!知っておくべき初心者に必要なものとは?

四季折々の自然を見ていると、
何だか安らかな気持ちになれますよね。

そんな自然を家で楽しむために、
近年特にガーデニングを始めたという方が
増えてきています。

 
「ガーデニングって難しそう・・・」
「準備に時間がかかりそう・・・」
「何か気を使うことも多くて大変そう
・・・」

そう思って、
ガーデニングを躊躇していませんか?

 
ガーデニングの準備は、
あなたが思っている以上に簡単です。

これから、ガーデニングには
どんな準備が必要かについてご説明します。

ガーデニングに必要なのは、
以下の11個のアイテムです。

① 花苗
② 培養土
③ 植木鉢またはプランター
④ はさみ
⑤ 肥料
⑥ 薬剤
⑦ 支柱
⑧ スコップ
⑨ 手袋
⑩ じょうろまたはホース
⑪ 鉢底石

 
これがあれば植物を育てることができます。

 
 
スポンサーリンク

なぜ必要なの?準備が大事!マストアイテム11個を詳しく説明!

それでは、先ほどのアイテムについて
1つずつご説明します。

花苗
花苗が無いと話になりません。
自分が好きな香り
値段等を考慮して選ぶようにしましょう。

写真や絵を実際に見てから
決めるのもありですよ。

 
培養土
植物を育てるのにはかなり
重要な材料になってきます。

たまに庭の土や畑の土を代用で使ったり、
昨年より前に使った土を
そのまま使ったりする方も
いらっしゃいますが、水はけが悪く、
手入れもしにくくなってしまうので
あまりよくありません。

必ず新しく土を購入し、
使うようにしましょう。

 
植木鉢またはプランター
植木鉢なんかなんでも良いだろう
という方がたまにいらっしゃいますが、
植木鉢のサイズは様々です。

花の種類大きさなどによって
使い分ける必要があります。

 
サイズが大きすぎてしまうと
土が乾きにくく、成長が遅れてしまう
ことにもなりかねません。

逆にサイズが小さすぎてしまうと
水切れの心配があったり、
株が大きくならなかったりしてしまいます。

著者のおすすめは、
8号(直径24センチメートル)~
10号(直径30センチメートル)の
サイズです。

 
これらのサイズが最も使いやすく、
多くの植物に使うことができます。

 
はさみ
 
はさみは、新芽をカットしたり、
花がらを摘んだり、切り戻しに使ったり
といった用途で使います。

工作用のものでも十分使えますが、
できればガーデニング用のものを
使用するのがおすすめです。

ガーデニング用のはさみは、
工作用のはさみより植物を傷付けにくく、
楽に切ることができます。

著者の母親も昔は普通の工作用の
はさみを使用していましたが、
切れ味が良くなかったのか、使いにくくて
ガーデニング用のはさみを購入して
使っています。

 
肥料
肥料は、より健全に育てるために
生育途中から撒く必要があります。

液体状の液肥と用土の上に置くタイプ
置肥の2タイプがあります。

初心者の場合は置肥よりも吸収力が良く
即効性がある液肥を使うことを
おすすめします。

 
薬剤
薬剤は、植物が病気になったり
害虫の被害に遭わないように
したりするために必要です。

室内で育てるのであれば特に必要は
ありませんが、室外で育てる場合は
基本的には用意するべきです。

 
支柱
支柱は、
つる性植物を育てる際に使います。

つるを巻き付け、
成長を促すことに繋がります。

 
スコップ
スコップは、培養土を植木鉢や
プランターに移すときに使います。

農作業用や雪かきをするときなどに
使うようなスコップでも代用は可能ですが、
小さい植木鉢だと幹や根を
傷つけてしまったり、植木鉢や
プランターに入れにくかったりすることが
多いです。

そのため、ガーデニング用のスコップを
使うようにしましょう。

 
手袋
手袋は、植え込みの時や
日頃のお手入れのときに使います。

普通の軍手には
滑り止めが付いていることが多いので
作業がしやすいでしょう。

ビニール製の手袋を使うこともできますが、
滑りやすく、お手入れがしにくく
なってしまうかもしれないので、
作業用の手袋を使うことをおすすめします。

 
じょうろまたはホース
植物を育てる際は、
かなりの量の水が必要になります。

室内で育てるような小さな植物であれば
家にあるようなペットボトル
コップ等でも大丈夫ですが、
で育てるような植物はじょうろまたは
ホースを使った方が効率よく
作業することができます。

 
短い範囲の場合はじょうろ、
長い範囲の場合はホースというように
使い分けをしたほうが効率的に
作業を進めることができます。

 
鉢底石
鉢底石という名前は、
あまり聞き馴染みがないかもしれませんね。

著者も母親から話を聞くまでは
鉢底石の存在すら知りませんでした。

鉢底石を鉢の底に敷くことで、
土の排水性通気性を高めることが
できます。

 
排水性や通気性を良くすることで、
根腐れを防ぐこともできます。

鉢の底の穴が少ししか開いていない場合は
使うことをおすすめします。

 

ガーデニングをより楽しもう!失敗しないための3つのコツ!

ガーデニングを行う際には、
3つのコツを押さえるとより綺麗に育ち、
見た目も華やかになります。

 
① 土を入れすぎない
② 色や草丈を上手に組み合わせる
③ ガーデニング雑貨も取り入れてみる

この3つです。
1つずつご紹介します。

 
 
土を入れすぎない
鉢に土を入れすぎてしまうと、
水の管理が難しくなってしまいます。

鉢の縁から2~3センチメートル
残すようにしましょう。

また、
土を入れる際はを傷つけないよう、
優しく扱うのも1つのコツです。

 
色や草丈を上手に組み合わせる
植物には、様々な草丈があります。

そのため、配置を少し変えるだけで
全体の印象が大きく変わってきます

著者の母親は若いころから植物が好きで、
趣味が高じて植物関係の会社に
勤めています。

 
現在では配置をうまく考えていましたが、
ガーデニングを始めた当初は
配置を全く考えず、好き勝手に植えていって
しまっていたことから、バランスが
悪くなってしまい、良い印象が
無かったようです。

グラデーションにしてみたり、
草丈を合わせたり、少し配置を考えるだけで
かなり見た目も華やかで美しくなること
間違いなしです。

 
ガーデニング雑貨も取り入れてみる
園芸店やホームセンターには、
様々なガーデニング雑貨も
販売されています。

動物のオブジェや植えた植物の名前が
一目で分かるプランツタグ
ガーデニング雑貨の例です。

 
ガーデニング雑貨があることで、
よりおしゃれに、華やかな印象を
与えることができます。

また、ガーデニングをより楽しむことが
できるでしょう。

 

まとめ

ガーデニングは
一見難しそうだと思われがちですが、
植物を選べば初心者でも簡単に
行うことができます。

園芸店には、
ガーデニングのプロがいらっしゃるので、
気軽に質問することで様々な情報を
得られるでしょう。

 
家に花が咲いているだけで、
気分も前向きに、安らかな気持ち
なること間違いなしです。

著者の家にも
母親が趣味で植えた花が咲いていますが、
家に咲いている花を見るだけで
安らかな気持ちになり、今日も、
明日も頑張ろうと思えます。

 
あなたも、ガーデニングで綺麗な植物と
豊かな毎日を送りませんか?
タイトルとURLをコピーしました