いつまで使ってる?タオルを捨てる目安の時期とは!?種類別に紹介!

日常生活を送るうえでかかせないタオル。

どれくらい使ったら捨てていいのか、
悩んでいる方はいませんか?

買った当初は
ふわふわで心地よかったタオルも、
長く使うとごわごわになってしまいます。

捨てるのがもったいなくて
使い続けてしまってはいませんか?

今回は、タオルの種類別に
捨てる時期を紹介します。

ぜひ目安にしてみてください!

 
まずフェイスタオルは、
半年くらい使ったら交換
検討しましょう。

バスタオルは、
40回以上洗濯した辺りから
捨てる目安になってきます。

最後に、ハンドタオルは
1年から数年くらいは使い続けられます。

 
スポンサーリンク

種類別!タオルを捨てるべきタイミングとは!?

冒頭で述べたように、
タオルの種類によって
適切な捨てる時期は違います。

普段の生活でよく使う
・フェイスタオル
・バスタオル
・ハンドタオル
の捨てる時期について解説します。

 

フェイスタオル

まず、顔や手を拭くのに使う
フェイスタオルです。

フェイスタオルは
1日のうち何度も使われます。

そして、
何日も日をまたいで使用されることも
ありませんよね。

よく使われるうえに洗濯の頻度が高いので、
半年くらい経ったら
捨てるようにしましょう。

フェイスタオルの中でも薄手のものは、
半年経つ前に生地がごわごわに
なってしまうかもしれません。

 
顔の肌は体の中でも特にデリケートなので、
優しく拭きたいですね。

汚れやにおいが残っているタオルも
顔を拭くのにはあまり適していません。

よって、
「使い始めてから半年経つ」
または
「ごわごわするような感じがしてきた」

このどちらかに当てはまったら、
きっぱり捨ててしまいましょう。

また、スポーツ用のフェイスタオルは、
汚れや汗をたくさん吸うので
数か月くらい経ったら
状態をしっかり確認するのが
おすすめです。

バスタオル

バスタオルは、
40回以上洗濯したら
捨てるのを検討したほうがいいです。

ホテルに置いてあるバスタオルは、
30回ほど洗濯されたら捨てられます。
 
これは、新品のふわふわの状態を
常に保つためです。

 
この考え方を家庭用のバスタオルでも
活かすことができます。

家庭用のバスタオルは、
完璧にふわふわである必要は
あまりありません。

しかし、バスタオルを他の洗濯物と一緒に
洗濯機で洗うと、
繊維が傷ついてしまうことがあります。
 
よって、40回くらい洗ったら
交換を検討してみるのをおすすめします。

40回の洗濯じゃあ早すぎる…
という場合は、バスタオルを一人で
複数枚ローテーションして使えば
より長く持たせることができますよ。

 

ハンドタオル

ハンドタオルは1年~数年と
述べましたが、これはご家庭にある
ハンドタオルの数によって変わります。
 
ハンドタオルはお土産などで
なにかと貰うことが多いタオルです。

気が付いたら家に大量のハンドタオルが
溜まっていた、ということもありえます。

そうなると、必然的に
1枚当たりの使用頻度は下がります。

ハンドタオルは手を拭くくらいでしか
使わないので、
あまり劣化が早くありません。

反対に、ハンドタオルの数が少ない場合は
頻繁に使うことになるので
1年~数年を目安にしました。

 
3つの中で唯一
外に持ち出す専用のタオルなので、
「見た目」が捨てるための判断基準
なります。

色褪せてしまったり、ほつれたりしたら
捨てましょう。

 

雑巾以外にも使える!?おすすめのリメイク2選!

捨てる時期は分かっても
もったいなくて捨てられない…
という場合はリメイクするのも
一つの手段です。

雑巾にするのもありですが、
今回は雑巾以外の
実用的なリメイク方法を
2つ紹介します。

 

バスマット

バスタオルのリメイク方法として
非常におすすめです。

バスタオルを適当な大きさに切って、
隅を縫うだけで完成。
 
バスタオルは吸水性も抜群です。

古くなったバスタオルを
その都度バスマットにしていけば、
既製品のバスマットがなくても
問題ありませんね。

 

コースター

ハンドタオルを丸や四角に切って縫えば
すぐに出来上がります。

切り口が気になる人は、
ぐるっと周りに布を当ててから縫うのが
いいです。

水滴を素早く吸ってくれるので、
とても便利です。

コースターをわざわざ買うのは面倒でも、
ハンドタオルをリメイクすれば
十分使えますね。

 

まとめ

種類別にタオルを捨てる時期を
紹介してきました。

タオルは毎日使うもので、
体の清潔さを保つために
非常に重要なアイテムです。

ぎりぎりまで使い倒すのも間違っては
いませんが、やはり清潔なタオルで
体を拭きたいですね。

今ご家庭にあるタオルが
どれくらい使ったものなのかを
ぜひとも確認してみてくださいね。

 
タイトルとURLをコピーしました