お家でできるGジャンの洗濯方法とは?色移りや型崩れもコレで解決!

どんな洋服にも合う人気のGジャンですが、
気になるのは洗濯です。

自宅で洗濯をする場合、
洗濯の方法によっては他のものに
色移りしてしまったり、場合によっては
縮んだり型崩れしてしまうこともあります。

Gジャンを購入したのはいいけど、
洗濯方法を悩んでいるあなた
この機会に自宅で洗濯してみては
いかがですか?

Gジャンを自宅で洗うには、
Gジャンのコツを知る必要があります。

 
そのポイントに
①色落ちを軽減するには、
残り湯を使わず水を使い、
中性洗剤を使用する

②縮みや型崩れを防止するため、
洗濯ネットを使い、乾燥にはかけない

③Gジャンは日陰干しをして、
型崩れしないハンバーで干す

上記を念頭において洗濯してみましょう。

この時、型崩れしない中性洗剤や、
大きめのハンガーが必要です。

色落ち・縮み防止のために必要ですので、
めんどくさがらずに事前に
準備しておきましょう。

それでは詳しく紹介します。

Gジャンを自宅で洗濯し、
Gジャンを綺麗にしましょう。

 
スポンサーリンク

洗濯機で洗えるの?!色落ちや縮みの原因別にポイントを紹介!

Gジャンは洗濯機では洗えない
思っていますよね。

筆者も同じ気持ちだったので
分かります。

Gジャンの洗濯は、洗濯機でも手洗いでも
洗濯することが可能です。

しかし、色落ち・縮みの原因
知った上で洗濯しなければなりません。

色落ち縮みの原因を知り、
ポイントをおさえて洗濯しましょう。

 

高い温度、漂白剤や蛍光剤が入った洗剤は色落ちの原因

Gジャンは、徐々に色が抜けていき、
色を楽しむ洋服です。

しかし、色落ちの頻度を遅らせることも
可能です。

ぬるま湯や高い温度でGジャンを洗うと、
染料を落としてしまいますので
色落ちの原因となります。

汚れを落とす場合も、ぬるま湯を使用せず
水でつけ置きしましょう。

特に洗濯機で洗う際、
お風呂のぬるま湯を使用する場合も
あります。

Gジャンを洗濯する場合は、
お風呂の湯を使用せず、
必ず水で洗濯しましょう。

また、他の色落ちするものと同時に
洗濯することも避けましょう。

 
次に洗剤ですが、
漂白剤や蛍光剤が入った洗剤
色落ちの原因です。

中性洗剤を使い、
Gジャンを洗うようにしましょう。

色移りや色落ちをさらに防止するには、
中性洗剤を水で溶かし、Gジャンを
つけて置くと効果的です。

直接Gジャンに洗剤をつけるのではなく、
必ず水に溶かしてから使うように
しましょう。

つけ置き後、洗濯機を使用する際は、
デニムを裏にして洗濯ネットに入れる
色落ちが防げます。

 

縮みの原因は、高温・洗濯の方法

Gジャンを洗濯すると縮んでしまう
イメージがありますよね

Gジャンは、長持ちする反面、高温や
洗濯の強度を強めると傷んで縮むことが
あります。

Gジャンを洗濯する場合は、
乾燥機にかけることを避けましょう。
 
縮ませたい場合は、あえて乾燥機にかけて
縮ませることも可能です。

 
次に、洗濯機のコースですが、
洗濯機で洗う際に、通常通り洗濯すると
生地を傷めることがあります。

手洗いモードドライモードで洗濯し、
いつもより短い時間で脱水を行いましょう。

 

Gジャンは干し方を間違えると色落ち型崩れやシワの原因に

Gジャンは、干し方にも
コツがあります。

まず、Gジャンを干す場所ですが、
風通しのよい日陰に干しましょう。

他の洋服に比べて乾きが悪いので、
太陽の当たる場所に干したくなりますが、
紫外線は色落ちの原因です。

日陰に干し、完全に乾かしましょう。
生乾きはカビの原因にもなります。

 
次に干す方法ですが、
大きめのハンガーを使い、洗濯後すぐ
縫い目の繊維にそって伸ばして
干しましょう。
 
型崩れやシワの原因になります。

特にGジャンのシワは一度付くと
取れにくいですので、注意しましょう。

 

色落ちや型崩れを防ぐおすすめのアイテム2選!

Gジャンには、色落ち、型崩れを防ぐ
アイテムがあるんです。

1つ目は、防縮加工されたGジャン
購入することです。

防縮加工されたGジャンは、
生のデニムに比べて色落ちや型崩れを
防げます。

防縮加工されているかどうかは
購入する製品の詳細に書かれています。

色落ち、型崩れが気になる人は
防縮加工されたGジャンを購入するのも
よいでしょう。

 
2つ目は、ジーンズ専用洗剤
使用して洗濯することです。

他の洗剤に比べて2,000円前後
高価ですが、色落ちを防げます。

 

まとめ

Gジャンの色落ちは、
オシャレにもなりますが、
オシャレにならない場合は、
着用に戸惑うこともあります。

筆者は、直接汚れの部分に洗剤をつけて
つけ置きしてしまい、汚れの部分が
白くなってしまいました。

範囲が広かったので、
まだら模様で着用に悩むほどの
デザインになってしまいました。

汚れた場合のつけ置きも注意して
つけ置きする必要があります。
 
また、雨の日に濡れたまま放置して
おいたら、カビが生えて大変なことに
なりましたので、雨に濡れたら早いうちに
タオルで拭くか洗濯するようにしましょう。

Gジャンは長持ちする洋服です。
色落ちや縮みに防ぎ、長く着用しましょう。
タイトルとURLをコピーしました