共働き夫婦必見!遠距離通勤でもうまく家事分担できる2つのコツ

ここ数年、
夫婦共働きの世帯が多くなってきていますよね。

結婚後、
以前の仕事を続けながら一緒に住むとなると
どちらか一方または両方が遠距離通勤となることも。

遠距離通勤は、その名の通り
遠い距離にある勤務先まで毎日通うことです。

1日往復3時間以上、
通勤に時間がかかっていることも多いようですね。

遠距離通勤になると
当然、お互い家にいる時間も少なくなり
ケンカの原因となりやすいのが、家事分担。

ついつい、
私ばっかり家事をしてる・・・とモヤモヤしたり、
今日は疲れたからやりたくない・・
なんてしんどい気持ちにもなりがちです。

家事は、
やることがたくさんあって
仕事との両立って本当に難しいですよね。

そんな家事分担を円滑に行うコツは2つあります。
それは、
・平日は最低限の家事のみにする
・便利家電の活用

以上の2点です。

 
遠距離通勤で家事分担が上手くいかない理由とともに、
円滑に行うコツを詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

あなたは当てはまる?家事分担が上手くいかない理由とは?

遠距離通勤で家事分担が上手くいかないのは
次のような2つの理由があります。

①家事に費やす時間がないから。
長距離通勤は、
距離が遠いほど通勤時間もかかってしまいますよね。

家にいる時間が少なくなるのはもちろん、
帰ったらもう寝る時間・・・なんてことも。

そもそも家事に費やす時間が無く、
もっと他にしたいことがある・・
というのも本音ではないでしょうか?

出来ることであれば、
家事の時間を減らして
家に帰ってゆっくり過ごしたいですよね。

 
②帰宅すると疲れ果ててしまうから。
仕事をしつつ1日で長距離の移動となると、
当然疲れ果ててしまいますよね。

家事は、
肉体的にも精神的にも大変な労働となります。

そんな家事から
逃れたくなる・・・という気持ちは
皆さん感じることかと思います。

疲労が蓄積されると、
ストレスが溜まったり
体調を崩してしまうことも・・。

 
以上のように、
遠距離通勤となると
時間や疲労などが重なり
家事を行うことが負担となってしまいます。

では、
そんな長距離通勤夫婦でも
家事分担を円満に行うコツを見てみましょう。

 

家事分担を成功させる2つのコツ【忙しいなら時間に投資!】

家事分担を成功させるコツは2つあります。

1つ目は、
平日は最低限の家事のみにすることです。

家事はやり始めるとキリがないほど、
やるべきことが盛りだくさんの労働。

そのため、
毎日完璧にやらなきゃ!という思い込みがあると、
夫婦間でもギクシャクする原因に。

「この家事は数日に1回、これは週に1回・・」
と決めておくのも良いですね。

「お互いにこれだけやっていればOK」
という妥協点を話し合っておくと、
後々の生活がとってもラクになりますよ。

2つ目は、便利家電を上手に活用することです。

「高額で手が届きにくい・・」という方も多いですが、
便利家電を使うことで
家事に費やしていた時間を他の時間にあてることが出来ます。

まさに、時間をお金で買うということですね。

筆者自身も共働きの際には、
積極的に時短家電を使うようにしていました。

すると、
時間のゆとりが出来たこともあり、
気持ちも穏やかでいられて過ごしやすくなりましたよ。

また、
購入する時は少し高めの便利家電ですが、
毎日のように使用しているとあっという間に
元が取れてコスパも良いのでおすすめです。

 
以上のように、
ちょっとしたコツを知っているだけで
長距離通勤の夫婦でも
家事分担を円滑に行うことが出来ますよ。

 

まとめ

ただでさえ大変な長距離通勤。

さらに共働きとなると
家事全般を行うことはかなりの負担になります。

平日は家事の量を減らすように
お互いに話し合ったり、
時短家電を活用すると
お互いの家事負担が軽減されますよ。

ちょっとしたコツを使って、
長距離通勤の共働きでも
毎日楽しく過ごしていきたいですね。

 
タイトルとURLをコピーしました