ボディソープと石鹸はどっちがいい?必ず見つかるおススメの洗い方

あなたはお風呂で体を洗うとき、
何を使って洗っていますか?

おそらくボディソープか石鹸の
どちらかだと思います。

どちらも体についた汚れを落とすのに
効果があり、多くの人が使っています。

ただ、なんとなくいつもと同じものを
使ってはいませんか?

ボディソープと石鹸は似ていますが、
違いもあります。

どのような生活をしているか、
どんなこだわりがあるかによって
どっちが向いているのかも異なるのです。

ボディソープが向いている人は、
・汚れが多い
・泡立てが面倒
・好きな香りを使いたい

に当てはまる人ですね。

一方、石鹸が向いている人は
・肌が敏感
・スペースを取りたくない
・エコなものを使いたい

に当てはまる人です。

あなたはどちらが合っているでしょうか?

 
スポンサーリンク

あなたはどっち派?ボディソープと石鹼の違いをくわしく解説

冒頭でも簡単に述べましたが、
ボディソープと石鹼どちらを使うかは
その人の生活習慣や肌質、こだわりによって
変わってきます。

より理解を深めるために、
まずはボディソープと石鹸の違いについて
触れましょう。

ボディソープと石鹸には
大きく分けて2つの違いがあります。

1つ目は、汚れの落とし方です。

どちらも泡で汚れを落とすことには
変わりありませんが、
その仕組みは少し違います。

ボディソープには基本的に合成界面活性剤
という成分が入っており、この洗浄力で
汚れを落とします。

一方で石鹸は、弱アルカリ性の石鹸素地が
体の酸性の汚れと中和して、
汚れを落とします。

石鹸はある程度中和し終えると
洗浄力がなくなってくるので、
余計な脂を落とすことがありません。

ボディソープは洗浄力が衰えることが
ないので、長時間洗い続けると
脂を落としすぎてしまうことがあります。

また、石鹸は顔も洗うことができますが
ボディソープを洗顔用には
作られていないので別途石鹸を使うか
洗顔料を使わなければいけません。

 
2つ目の違いは形状です。

石鹸は固体なので、身体を洗うときは
必ず泡立てることが必要になります。

ボディソープは
液体または泡で出てくるタイプなので、
泡立てに時間がかかりません。

ボディソープと石鹸の違いを
述べたところで、それぞれに向いている人を
解説しましょう。

 

ボディソープが向いている人…

汚れが多い

外での仕事や運動をしている人で
汚れが多い場合は、ボディソープの洗浄力を
活用するのがおすすめです。

商品によっては
爽快感を売りにしているものもあるので、
そういったものを使うと
よりスッキリできますね。

 

泡立てが面倒

毎回しっかりと泡立てるのが面倒だと
思うなら、断然ボディソープがおすすめです。

泡で出てくるものなら、お風呂の時間を
かなり短縮できます。

 

好きな香りを使いたい

ボディソープは石鹸と比べて、香りの種類が
非常に多いです。

石鹸はどうしても基本の石鹸の香り+香料に
なるので、香りの種類に限界が
できてしまいます。

特にシトラス系やミント、ハーブ系の香りが
好きな人は固形石鹸よりも
ボディソープのほうが充実していますね。

 

石鹸が向いている人…

肌が敏感

余計な脂まで落とすことがないので、
肌の敏感さが気になる人には石鹸が
おすすめです。

最近では保湿力のあるボディソープも
見かけますが、石鹸なら安くても
ボディソープよりはそれなりの保湿が
期待できます。

 

スペースを取りたくない

石鹸で体と顔も洗うようにすると、
お風呂場のモノの量が減ります。
 
石鹸だけで済むのでスペースも取らず、
掃除も楽になりますよ。

 

エコなものを使いたい

ボディソープは容器や詰め替えの
パッケージでプラスチックを使います。

毎回となると、かなりの量ですね。

石鹸のパッケージはボディソープと比べて
プラスチックの使用量が少なく、プラ容器も
要りません。

エコの観点から見ると、
石鹸のほうがおすすめです。

 

本当に汚れがキレイに落ちてる⁈身体を洗うときの2つのコツ

ボディソープでも石鹸でも、
身体を洗うときはコツが要ります。

何となく洗っていると、
汚れが落とせていない部分が
出てきてしまいますよ。

基本的なコツは2つ、
1つ目は泡立てをしっかりすることです。

泡立てが足りないと
肌に刷り込むような形で洗うように
なるので、力が入ってしまいます。

 
2つ目は、汚れが溜まりやすい場所を
最後に洗うことです。

汚れや脂が溜まりやすい部位は、
手先や足先、脇、股の間、首の後ろです。

これらはくぼみがあったり狭い部位ですね。

これ以外の広い場所を先に洗い、
最後にしっかり汚れが溜まりやすい部位を
洗いましょう。

 

まとめ

ボディソープと石鹸、
どちらにするか迷うかもしれません。

そんなときは、液体せっけん
検討してみるのはいかがでしょうか。

液体せっけんは成分が石鹸に近く、
合成界面活性剤が無いものもあります。

泡立てやすさと負担の少なさを
両立したものと言えますね。

いろいろ試してみて、あなたに合ったものを
見つけてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました