【男女別】自転車通勤の服装は雨の時どうする?対策アイテムを紹介!

最近、自転車通勤をする人が増えています。

満員電車でストレスを溜めることもなく、
自分のペースで通勤できるのは
自転車通勤の大きなメリットですよね。

しかし、雨の日の自転車通勤は大変です。

道路が滑りやすく、走行に気を使います。

さらに、
なるべく濡れないようにしたいですよね。

では、雨の日の自転車通勤で
なるべく濡れないようにするには
どんな服装をしたらいいのでしょうか?

男女別に紹介します。

まず男性におすすめなのは、
・セパレート型ポンチョ
・レインキャップ
・替えの服
です。

女性におすすめなのは、
・フード付きロングポンチョ
・防水ソックス
・ハンドカバー
です。

 
スポンサーリンク

雨の自転車通勤に適した服装とは!?男女別に紹介!

まず前提として、
傘をさしながら自転車に乗るのは
やめましょう。

ときどきそうしている人を
見かけることもありますが、
自転車の傘さし運転は
すべての都道府県で禁止されています。

また、傘さし運転は視界も悪くなり、
周りの人に傘が当たる原因になるので
危険です。

 

男性におすすめの服装

セパレート型ポンチョ

男性は基本的にパンツスタイルの人が
ほとんどですね。

ポンチョも、上下に分かれたもの
おすすめします。

セパレート型ポンチョは
普通のポンチョと比べて、
雨水の侵入を防いでくれます。
 
普通のポンチョよりも隙間が
少ないためです。

 

レインキャップ

フード付きのポンチョもありますが、
セパレート型だと深めのフードが
無い場合もあります。

そんなときに、レインキャップを被ると
顔や髪に雨水が当たる量も減らせます。
 
 

替えの服

ポンチョでガードしても、
完全に雨水の侵入を止めることは
難しいです。

そこで、替えの服を持っていき
会社で着替えられるようにすると
いいですね。

靴下はもちろんですが、
特に強くおすすめしたいのは
ワイシャツです。

手首や首元から雨水が入ることが多いので、
ワイシャツの袖が濡れてしまうからです。

ささいなことかもしれませんが、
乾くまでの間はなんだか
気持ちが悪い状態が続いてしまいますよね。

よって、
靴下とワイシャツのセットは
持っていくことを推奨します。

 

女性におすすめの服装

フード付きロングポンチョ

女性の場合は、
仕事中にスカートを履く人もいますよね。

そんな場合は、ロングポンチョ
おすすめです。

最近は足首より少し上くらいの
長いものがあります。

また、前かごまですっぽりと覆えるくらい
長いポンチョも売っています。

鞄も一緒に雨対策できるので、
おすすめです。

フードは、透明バイザーの付いたものなら
顔の前面までかかっても
視界が悪くなりにくいです。

 

防水ソックス

男性のように、靴下の場合は
会社でサッと着替えられます。

しかし、ストッキングをはく場合、
すぐに着替えようとすると手間が
かかりますよね。

そのため、ストッキングの上から
防水ソックスを履いてしまうのが
おすすめです。

かなり濡れにくくなりますし、
会社に着いたら防水ソックスを
脱ぐだけなので楽ちんです。

 

ハンドカバー

雨水で手が濡れると、
手荒れの原因になることがあります。

ハンドカバーを付ければ、
手が濡れるのも防げます。

日よけのアームカバーと違い、
ハンドカバーなら指先までしっかりカバー
されますよ。

 

あると便利!雨の自転車通勤におすすめグッズ2選!

服装について述べたところで、
あると便利なグッズも紹介します。

どちらも服装に関係あるグッズなので、
ぜひ使用を検討してみてください。

 

防水スプレー

革のカバンや革靴にかけておくことで、
雨水を弾いて製品を長持ちさせてくれます。
 
防水スプレーは
革製品を使い始める前にかけておくのが
ポイントです。

もし使用済みの革製品でも
ある程度効果はありますよ。

 

ウェス

ウェスとは、機械類を拭くための
タオルです。

ネットでも買えますし、
自転車を販売しているお店でも
購入できます。

雨で濡れた自転車本体を
ウェスで拭いておくと錆の予防
なります。

また、自転車の思わぬ部分に
泥が付いていて帰り道でそれに気づかず
服に泥が付いてしまうのも防げます。

 

まとめ

雨の日の自転車通勤におすすめの服装や
グッズを紹介しました。

雨の日でも自転車を使うには、
十分な準備と気合が要りますね。

あまりに強い雨の日は、
これらの服装をしてもびしょ濡れになる
可能性が高いです。

また、道路で滑る危険も大きくなります。

あまりに強い雨の日は
別の通勤手段も検討してくださいね。

安全第一で雨の日の通勤を楽しみましょう!
タイトルとURLをコピーしました