サンシェードを車に置くメリットは?愛車を長持ちさせる効果もある⁈

あなたは、車のフロントガラスに取り付ける
サンシェード(日除け)を
ご存知でしょうか?

夏の駐車場を見ると、フロントガラスに
取り付けて使っている人をよく見かけます。

サンシェードを付けているだけで
何か効果があるの?
と疑問に思うかもしれません。

実は、サンシェードを使うと、
使わない時と比べていろいろなメリットが
あるのです。

・車内温度が上がるのを防ぐ
・ダッシュボードやハンドルを守る
・プライバシーを守る

主にこれら3つの大きなメリットが
あります。

 
スポンサーリンク

サンシェードを車に取り付ける3つのメリットをくわしく解説!

車を大切に長く使いたいなら、
サンシェードは使うべきと言えるでしょう。

というのも、サンシェードを使うことによる
メリットは、結果的に車の内装や部品を
長持ちさせることにつながるからです。

車を日常的に使う場合でも、たまにしか
乗らない場合でもサンシェードは
役に立ちます。

冒頭で述べた3つのメリットを
詳しく見ていきましょう。

 

車内温度が上がるのを防ぐ

夏、特に猛暑の日の日中は車を駐車して
すぐに社内温度が急上昇します。

ドアを開けた瞬間にムワッとした空気を
感じて不快な気分になったことが
あるかと思います。

フロントガラスにサンシェードを
取り付けると、その分だけ直射日光が
入らないので車内温度を10~20度近く
下げられます。

サンシェードを使っても車内は
とても暑くなりますが、ないときに比べると
かなりマシになります。

車内温度が上がりすぎるとエアコンが
効くまでの時間も長くなってしまいますが、
サンシェードで温度上昇を防げば
エアコンも短時間で効かせることが
できますね。
 
 

ダッシュボードやハンドルを守る

車内温度の上昇を防ぐだけが
サンシェードのメリットではありません。

炎天下にハンドルやダッシュボードが
さらされ続けると、熱で劣化してしまいます。

ハンドルが熱すぎて持てないくらいに
表面温度が上がると、
もちろんハンドルにも良くありません。

また、猛暑の中に駐車した後
ダッシュボードがベタついた経験は
ありませんか?

あれはダッシュボードが樹脂パーツを
使っているため、
直射日光で成分が溶け出すためです。

これは明らかにダッシュボードの寿命を
縮める行為だと分かります。

サンシェードを使うことで直射日光を
防げるので、これらの劣化を遅らせることが
可能になります。

また、紫外線は季節関係なく当たるので、
冬にサンシェードを使うのも間違いでは
ありません。

 

プライバシーを守る

これは夏の季節ではなく、
涼しい季節の話しです。

ドライブをしていて、車内でちょっと
休憩しようということはありますよね。

そのときにサンシェードを使うと、
車の前を通る人の視線
遮ることができます。

休憩中に人が通ると
けっこう気になりませんか?

あれが見えなくなるのは
安心感がありますよ。

また、駐車中にサンシェードをしておくと
車内が良く見えなくなるので、車上荒らし
狙われにくくなります。

 

車内放置は厳禁!サンシェードを使用するときの2つの注意点

サンシェードにはメリットがありますが、
注意することもあります。

まず、夏にサンシェードを使っても
車内を30℃以下の快適な温度に
保てるわけではありません。

よって、ペットや人を5分でも
車内に放置するのは絶対にダメです。

また、サンシェードにはいろいろなサイズが
売られているので自分の車の
フロントガラスに合ったもの
選びましょう。

大きすぎると設置が面倒になりますし、
小さすぎると日光が入って効果が
なくなります。

 

まとめ

サンシェードは安いものでは数百円、
高いものでも数千円程度で購入できます。

ホームセンターに行けば、豊富な種類の
サンシェードが置いています。

UVカット機能があるものや素敵な
デザインのサンシェードなど、
好きなものを選べます。

あなたの好きなものを
ぜひ選んでみてください。
タイトルとURLをコピーしました